アレルギー・花粉症の通販リスト

アレルギーや花粉症に使用するお薬は症状によって種類があり、またそれぞれ成分が異なっております。自分の症状にあったお薬を使用することがよいですが、ちょびひげ薬局ではさまざまなアレルギーや花粉症に使用するお薬を取り揃えております。

レスタシス点眼薬0.05%(RESTASIS)

RESTASIS005

目が乾くことによって引き起こされる充血や不快感を、優れた効果によって和らげる点眼薬が、レスタシス点眼薬です。
近年の研究により、ドライアイには目の炎症が関与していると認められました。
免疫抑制作用で目の炎症を鎮める、新しいタイプのドライアイ対策用点眼薬です。

定価:16,310円 →  特別価格:13,590円<在庫有り>

モメタゾン点鼻薬

NasonexAqueousNasalSpray50

モメタソンは、花粉症をはじめとする、アレルギー鼻炎の症状を緩和、改善してくれる点鼻薬です。
鼻噴霧用ステロイド薬で、重症のアレルギー性鼻炎にも効果を発揮します。
花粉症の予防と症状の緩和には、花粉の季節が到来する2~4週間前から使用すると、より効果的です。

定価:3,900円 →  特別価格:3,250円 <売り切れ>

メタコルチール 0.1%(METACORTILCREAM)

METACORTILCREAM01

メタコルチール(エロコンクリーム・ジェネリック)は、皮膚炎や虫刺され、円形脱毛症などを改善するクリーム状の外用薬です。
抗炎症作用があるため、痛みや痒みを改善する効果があります。
海外医薬品を扱う個人輸入代行店を利用すると、リーズナブルな価格で購入できます。

定価:2,580円 →  特別価格:2,150円<在庫有り>

ベトネベートクリーム0.1%(BETNESOL)

BETNESOL05

ベトネベートはグラクソ・スミスクラインが製造する化膿止めです。
皮膚の炎症やじゅくじゅくとした化膿を改善する外用薬となっています。
虫刺されやあせも、しもやけ等、様々な皮膚の炎症を抑えることができます。
患部を保護する油膜剤のため、じゅくじゅくの化膿におすすめです。

定価:3,420円 →  特別価格:2,850円<在庫有り>

フロリネフ0.1mg(FLORINEF)

FLORINEF01

フロリネフは、有効成分にフルドロコルチゾン0.1mgを配合した強力な副腎皮質ホルモンです。
慢性副腎不全(アジソン病)の治療に用いられている医薬品です。
フルドロコルチゾンは、体内の塩分濃度を上昇して、血圧を上げることができるため、慢性腎不全で体内の塩分が不足している際に活用されます。

定価:8,270円 →  特別価格:6,890円<在庫有り>

フルチベートスキンクリーム0.05%(FLUTIVATESkinOintment)

FLUTIVATESkinOintment

グラクソ・スミスクラインが製造するフルチベートスキンクリームは、アトピーの症状を緩和するステロイド剤です。
クリームタイプで塗りやすく、アトピー性湿疹やアレルギー性​​接触皮膚炎に伴う赤み、腫れ、ただれ、痒み等の辛い炎症を改善する効果があります。

定価:2,800円 →  特別価格:2,330円<在庫有り>

アレリド10mg(ALERID)

ALERID10X100

アレリド10mgは、通年性、季節性の鼻炎の症状を緩和するお薬です。ヒスタミンH1受容体に作用するので、くしゃみや鼻水、じんましんなどのつらい症状が和らぎます。効果が高いのに副作用が少ないのも特徴です。

定価:7,900円 →  特別価格:6,580円<在庫有り>

ジルテック10mg(ZRTEC)

ZRTEC10X10

ジルテック10mgは飲んでから効果がでるのが速く、副作用の少ないアレルギー性鼻炎のための抗ヒスタミン薬です。一日一回で鼻水や鼻づまりに効くので、長期にわたり治療が必要な患者さんにとって使いやすい薬です。

定価:3,360円 →  特別価格:2,800円 <売り切れ>

メタスプレー点鼻薬(Metaspray Nasal Spray)

MTSPNS50X1

メタスプレー点鼻薬はアレルギー性鼻炎のための噴射薬です。鼻噴霧用ステロイド薬の特徴として、主成分のモメタゾンフランカルボン酸エステルは効果が高いものです。全身の副作用が少ないのが特徴で、鼻水はなづまり、くしゃみなどの諸症状にすぐ効きます。

定価:4,180円 →  特別価格:3,480円<在庫有り>

ケトチフェン1mg(Ketotifen)

KTASMA1X10

ケトチフェン1mgは副作用が少なく、効果は高いという患者さんにメリットの大きい抗ヒスタミン剤です。花粉症やアレルギー性鼻炎などで使われます。シーズン中ずっと飲みますが、これなら安心できます。

定価:2,920円 →  特別価格:2,430円<在庫有り>

アレグラ180mg(ALLEGRA)

ALGR180X10

体内で分泌されるヒスタミンを抑制して、不快な花粉症の症状やアレルギー反応を防ぎます。アレグラは今まで眠くなることが多かったアレルギー薬の問題を解決し、眠くならない抗ヒスタミン剤として重宝されています。

定価:3,430円 →  特別価格:2,860円<在庫有り>

アレグラ120mg(allegra)

480107

アレグラはインドのSanofi-Aventisが製造販売をする花粉症,アレルギー性鼻炎,個人輸入,抗生物質向けの医薬品です。

定価:3,180円 →  特別価格:2,650円<在庫有り>

テルファスト180mg(telfast)

480084

テルファストはアレルギー性鼻炎、じんましん、花粉症などに有効な抗アレルギー薬です。

定価:4,790円 →  特別価格:3,990円 <売り切れ>

アレルギー・花粉症の薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

アレルギーや花粉症を改善させる治療薬はいろいろな作用により治療を行うのでそれぞれの特徴があります。抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを抑える治療薬です。第一世代と第二世代とに分かれており、第一世代では比較的早く効きますが、第二世代は第一世代での副作用である眠気や口渇などを抑えており即効性はないですが使用しやすい特徴があります。メディエータ遊離抑制薬はヒスタミンやメディエーターの発生を抑える薬となっております。副作用が少ないのが特徴で症状がでる前から服用することで症状が発現することを抑制します。ステロイド薬は炎症を抑えることができ症状が悪化しているときなどにも使用できます。これら3種類は経口薬だけでなく点鼻薬や点眼薬などもあります。鼻粘膜の腫れを起こすロイコトリエンを抑制させる抗ロイコトリエンは鼻づまりなどを改善させることができます。抗ヒスタミン薬と合わせて使用することができます。このように症状によってさまざまな種類のアレルギー薬などがあります。効果的に使用するためには目的に合わせて使用することがよいでしょう。ちょびひげ薬局ではそれぞれの治療薬を取り揃えておりますので色々と詳細ページでチェックしてみましょう。

アレルギー・花粉症の薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

アレルギーや花粉症のお薬を検索している方は色々な検索をおこなっております。アレルギーや花粉症のお薬には種類があるため『アレルギー薬 一覧』や『抗アレルギー薬 比較』『アレルギー薬 ランキング』などで目的の種類のお薬を検索しております。また成分が実際に使用できるかを『授乳中 アレルギー薬』『アレルギー薬 妊婦』『アレルギー薬 強さ』など自身の状態によって調べたりしております。第一世代の抗ヒスタミン薬などは眠気などの副作用があるため、『眠くならない アレルギー薬』などでも調べております。また『花粉症の時期』『花粉症 原因』など症状が起こる原因なども調べております。

アレルギー・花粉症の薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

一番治療に使われる抗ヒスタミン薬は20世紀半ばの発売されました。1983年を境に第一世代、第二世代と分かれて副作用や効果などが異なり、第一世代の弱点を改善したことで一般的には第二世代を使用することが多いです。免疫は通常、疫病から逃れる作用を行いますが、それとは逆に疫病が起こるため、アレルギー(allergy)とはギリシャ語のallos(変わった)、ergo(反応)とに由来し変わった反応という意味になります。

アレルギー・花粉症の薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

アレルギーや花粉症の治療薬はさまざまな成分を使用しており、種類も豊富です。そのため使用には注意が必要ですので医師に相談をしましょう。小児には服用しやすいドライシロップタイプなどもあります。使用できるものは一般的には服用量を少なくして使用し7歳以上であれば30mgなどで使用されることもあります。妊娠中や妊娠を考えている人は使用を控えるのが一般的です。特に安定期に入る前は使用禁忌でそれ以降も薬剤や種類を選びますので医師に相談するようにしましょう。

アレルギー・花粉症の薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

アレルギーの症状によって使用するお薬は異なりますが適応効果によって特徴はあります。抗ヒスタミン薬は1日1回~2回使用し服用後効果の発現は1~2時間後が多く、半日ほど持続します。長いものでは1日持続するものもありますのでそれぞれ使い分けましょう。花粉症の時期などは症状の期間服用することがよいでしょう。同じ抗ヒスタミン薬でもアレグラは一般的でジルテックは効果が強めなど強さや持続時間は異なります。症状に合わせて使い分けることが重要でしょう。炎症系などはステロイド系のものを使用して症状を緩和することが可能です。点鼻薬などは定期的に使用し炎症を抑制させましょう。

アレルギー・花粉症の薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

第二世代抗ヒスタミン薬であるアレグラの主成分はフェキソフェナジンを使用しております。副作用の少ない第二世代ですが注意事項に眠気を催すことの記載がないものは少なく、フェキソフェナジンはそのひとつです。使用しやすいため世界でも消費が多い成分です。ジルテックの主成分は同じく第二世代抗ヒスタミン薬であるセチリジンになります。眠気の副作用は若干残っておりますが、抗ヒスタミン作用が強いのでアレルギー性の症状が強い方に向いております。モメタソン点鼻薬に使用されている成分はフランカルボン酸モメタゾンとなりステロイド薬として外用タイプで使用されております。強めに作用し即効性があり炎症を鎮めます。

アレルギー・花粉症の薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。アレルギー・花粉症の薬の効果的な使用法、飲み方とは?

それぞれ薬剤の種類によって使用方法は異なります。抗ヒスタミン系やステロイド系のお薬などでは経口薬以外にも点鼻薬や点眼薬などがあります。抗ヒスタミン系は一般的に使用されるものとなり、まずはこの系統のお薬を使用しましょう。第二世代では副作用も少なくなっているので使用しやすいでしょう。症状が重いときにはステロイド系を使用しますが、ステロイド系の内服タイプは長期間使用することはできませんが、副作用の少ない局所的な点鼻薬や点眼薬を使用することも可能です。点鼻薬では血管を収縮させるお薬もあります。鼻の粘膜を抑えることができるので鼻づまりを抑制できますが、使用をしすぎると逆に鼻づまり感を感じることもあるので就寝前などに使用をしましょう。

アレルギー・花粉症の薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

第二世代抗ヒスタミン薬は第一世代に比べ副作用を抑えたものとなっておりますが、眠気や口渇などが残っておりますので機械運転などをされる方などは注意しましょう。妊婦の方は点鼻薬など副作用の起こりにくいものを使用したりもできますが一般的には使わないほうがよいため、どうしても使用を考えている方は医師に相談を行いましょう。ステロイド系の内服薬では多量の使用しすぎると高血糖や動脈硬化、脂質異常、筋力の低下など体全体に影響を与えてしまいます。点鼻薬や点眼薬などはこのような副作用は起こりにくいですが、使用が多いと刺激を感じたり鼻の入り口が荒れてしまったりなどが起こることもあります。

アレルギー・花粉症の薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

アレルギー薬を使用する症状は目や鼻などに症状を起こします。目では痒みや充血、涙が止まらないなどの症状を発症します。鼻ではくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を発症します。症状を発症することで物事に集中することができなくなってしまいます。どちらも強い痒みを伴ったりすることで、かいたりこすったりしたりしてしまいますが、し過ぎると目では角膜を傷つけてしまったり、鼻では粘膜を傷つけ鼻血が出るなどしますので早期に治療を行うことが良いでしょう。

アレルギー・花粉症の薬を服用、使用する方の主な病名とは?

アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜疾患など症状がでる場所によって異なります。アレルギー物質はダニや埃の他、花粉症などがあります。ダニや埃などがアレルゲンで引き起こす場合は通年性アレルギー性となり花粉がアレルゲンとなって発症する場合は季節性アレルギー性となります。小児喘息や気管支喘息などもアレルゲン物質によっても起こります。アトピー性皮膚炎とかもアレルゲンが原因で引き起こります。また、どれかの症状を発症すると他の症状も引き起こす可能性もあります。

アレルギー・花粉症の薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?アレルギー・花粉症の薬はどこで作られている?

アレルギーや花粉症に使用する抗ヒスタミン薬などは1980年代に第二世代が登場しいくつかの成分が新薬として登場しましたが2000年以降に登場した新薬は少ないため、現在特許が満了となった成分を各社ジェネリック医薬品として発売しております。アレルギー疾患の患者数は年々増加傾向であるため、今後も価格の安いジェネリック医薬品が登場してくる可能性が高いです。

アレルギー・花粉症の薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

アレルギー疾患でお薬を使用しているのでお薬が効かないや効果がない、弱いなどと感じる方もいると思います。そういったときは症状をもう一度確認し症状に合った治療薬を使用してみましょう。一般的には副作用も少ない抗ヒスタミン薬を使用することが多いですが、成分の種類によって効果の強弱があるので確かめてみましょう。また、花粉症などは季節性で発症しますので、花粉症の時期に入る少し前から事前に服用することも悪化して服用するよりも効果が高いです。花粉症はよく風邪と間違えたりもします。季節的に春前に多い花粉症のためまだ風邪に引きやすい時期です。風邪の場合はあまり効果を感じにくくなります。アレルギーは元となるアレルゲン物質が引き起こしますので、現在の環境を変えることで治まることもあるので生活習慣の改善はよりお薬の効果を高めることとなります。

アレルギー・花粉症の薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

花粉症に毎年悩まされて、2月に入る頃から症状が出始めてもう春なんて来なければいいのにと毎年思ってしまいます。病院ではアレグラを処方してもらっております。理由は眠気が起こりにくいことかな。花粉症の症状で仕事できないことも大変ですが、お薬を飲んで眠気で仕事ができなくても意味がないですしね。効果はマイルドでそれほど強いお薬ではないとのことですが、私には合っているみたいです。ただ、お薬をもらう時期は毎年病院の込み具合が大変なので最近ではネットで購入しています。含量の高いタイプみたいなので、ちょびひげ先生の解説どおりにピルカッターで割って使っています。割って使用することでお薬代もかなり助かりますよ。たまに検査に病院へ行くだけとなったので、仕事を早退や遅刻することも減って周りの目も気にすることも減ってよかったです。