利尿剤・高血圧・糖尿病の通販リスト

利尿剤や高血圧薬、糖尿病などの生活習慣病のお薬に関するページです。生活習慣病の最初の治療は主に食事療法と運動療法になり、普段の食生活や生活習慣の乱れが原因とされております。それでもダメな場合の治療薬がちょびひげ薬局にはあります。

激痩せダイエット医薬品セット

gekiyasediet_set

絶対に痩せたい!という方に最適なダイエットセットです。糖分を排出してくれるフォシーガ錠や気になるむくみを取りデトックス効果がある利尿剤のダイトールに食欲と脂肪吸収を抑えるアーユルスリムの3点セットで効果的で確実なダイエットを実現しましょう!

定価:15,840円 →  特別価格:13,200円<在庫有り>

トール10mg/20mg(tor)

tor

トール(tor)は現在販売停止になったラシックスの代わりに、むくみ取りが出来るとダイエット中の方に人気の利尿剤で、ラシックスよりも低価格で購入出来る事からも好評です。食事制限や運動でも効果が出にくい・むくみやすいという方はお試しください。

定価:3,300円 →  特別価格:2,750円<在庫有り>

アクアザイド25mg(aquazide)ヒドロクロロチアジド

aquazide

アクアザイド(aquazide)はヒドロクロロチアジドを配合したラシックスの代わりとして人気が高い利尿剤です。体内の余分な水とナトリウムイオンを排出するお薬で、代謝が悪くむくみやすい方のむくみ取りとしてダイエットの為に服用されています。

定価:7,450円 →  特別価格:6,210円<在庫有り>

ダイトール5mg/10mg(dytor)

dytor

ダイトール(dytor)はラシックスの代わりとしてもつかわれる事が多い利尿剤で、ダイエット時のむくみ取りに効果的なお薬です。デトックス効果で美肌・解毒作用もあり、ラシックスよりも利尿作用が5倍も高いことから痩せたい女性に人気があります。

定価:2,990円 →  特別価格:2,490円<在庫有り>

フォシーガ錠5mg/10mg(forxiga)

forxiga

フォシーガ(forxiga)は体内にある不必要なブドウ糖の再吸収を阻害し血糖値の上昇を防ぐ糖尿病治療薬です。余分な糖を尿と共に排出する際に尿量や回数が増え、体脂肪が減る・浮腫みが取れるという効果で痩せる糖尿病薬として人気があります。

定価:8,710円 →  特別価格:7,260円<在庫有り>

リピトールジェネリック20mg(Lipitor)

Lipitor20

リピトール・ジェネリック(atorlip)は生活習慣病である高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症、心筋梗塞予防、狭心症予防に使われるお薬です。コレステロールの値を下げる事で健康診断等でその効果が現れている事を実感する事が出来るでしょう。

定価:2,520円 →  特別価格:2,100円 <売り切れ>

ロバカード20mg(LOVACARD)

LOVACARD20

ロバカードは抗コレステロール薬のメバコールのジェネリック薬であり、有効成分としてロバスタンチンを含有します。
体内におけるコレステロールの合成を妨げ、コレステロールの血中濃度を低下することにより、脳卒中などの発病を予防します。
高用量では腎臓障害を発症する可能性もあるので注意が必要です。

定価:2,680円 →  特別価格:2,230円 <売り切れ>

ロスリップ40mg(ROSULIP)

ROSULIP40

ロスリップ40㎎とは高脂血症の際のコレステロールコントロールに使われるクレストールのジェネリック医薬品になります。
有効成分ロスバスタチンを40㎎含むスタチン系高脂血症治療薬で、インドのシプラ社から販売されています。
副作用や禁忌事項も多いので、使用には注意が必要となります。

定価:9,540円 →  特別価格:7,950円<在庫有り>

ベラパミルSR120mg(VERAP)

VERAP120X100

ベラパミルはワソランという不整脈薬のジェネリック医薬品で、血中のカルシウムをコントロールするカルシウム拮抗薬です。
狭心症や不整脈による頻脈に用いられ、小児心疾患でも使用される安全性の高い医薬品となっています。
ただし用法用量などは患者の状況によっても違うので、医師の指示に従って服用する必要があります。

定価:4,810円 →  特別価格:4,010円<在庫有り>

ヒドロクロロチアジドジェネリック12.5mg(HYDRAZIDE)

HYDRAZIDE125

シプラが製造するヒドロクロロチアジド・ジェネリック12.5mgは、体の余分な水分や塩分を尿として排出し、浮腫を解消する働きを持つ医薬品です。
浮腫の解消とともに血圧を下げる働きがあるため、高血圧症や悪性高血圧、月経前緊張症の治療や、脳卒中や心臓病等の予防にも利用されます。

定価:10,800円 →  特別価格:9,000円 <売り切れ>

ナトリリックスSR2.5mg(NATRILIX)

NATRILIX25

血圧を下げるお薬ナトリリックスをご紹介します。
尿量を増やして体内から余分な水分やナトリウムを排出させて血圧が下がる降圧剤です。
利尿作用によって脱水症状や電解質不足になる可能性があります。
また心疾患治療薬のジギタリス薬など、飲み合わせによっては副作用が強く出る場合がありますので充分注意が必要です。

定価:11,540円 →  特別価格:9,620円 <売り切れ>

トレンタール400mg(TRENTAL)

TRENTAL400

サノフィ・アベンティス社が製造するトレンタール(ペントキシフィリン)400mg150錠は、動脈硬化の改善を目指す医薬品です。
有効成分ペントキシフィリン400mgが、コレステロール等で狭まった血管を拡張し、血流量の増加とスムーズな流れをもたらします。

定価:14,590円 →  特別価格:12,160円 <売り切れ>

コディオジェネリック80mg(VALSAVA)

VALSAVA-H80

コディオ・ジェネリック80㎎はコディオのジェネリック薬品です。高血圧の治療に使われ、水分を出す事によってむくみを改善する効果、血圧を下げる効果があります。心臓や腎臓に負担がかかる事も少なくさせるので安全に服用出来ます。

定価:5,760円 →  特別価格:4,800円 <売り切れ>

クレサーH40mg/12.5mg(Cresar H)

Cresar-H

シプラが製造するクレサーH 40/12.5mgは、血圧を低くさせる医薬品です。
有効成分として血圧上昇の原因となる物質の生成を抑制するテルミサルタン40mgと、利尿作用によって血圧を下げる働きがあるヒドロクロロチアジド12.5mgを含みます。
服用の用量を守れば安心の医薬品です。

定価:9,420円 →  特別価格:7,850円 <売り切れ>

クレサーAM40mg/5mg(CRESAR AM)

CRESARAM

シプラが製造する、クレサーAM40mg/5mgは血圧を下げるための医薬品です。
有効成分の1つテルミサルタンは、体内で血圧を上げる原因物質の生成を抑制することで、血圧を下げてくれます。
もう1つの有効成分であるアムロジピンには、血圧を下げる働きと狭心症の発作を抑える働きがあります。

定価:10,420円 →  特別価格:8,680円 <売り切れ>

グルコバイ50mg(GLCBY)

GLCBY50X10

バイエルが製造するグルコバイ50mgは、糖尿病の改善薬で、1型・2型ともに使えますが、特に2型糖尿病に有効です。
服用することで、食事後に血糖値が急激に上昇しないようにする働きがあります。
食事療法と併用することで、血糖値をコントロールし、膵臓にかかる負担も軽減してくれます。

定価:2,680円 →  特別価格:2,230円<在庫有り>

インデラル80mg(Inderal)

Inderal80

インデラル80mgは、アストラゼネカで開発されたβブロッカーに分類されている降圧薬です。
プロプラノロール80mgを有効成分に含み、心臓にあるβ受容体を遮断する作用があるので、心臓を休ませることができ、狭心症、不整脈、あがり症の改善に使用されます。
また血圧降下作用があるため、高血圧症治療にも使われます。

定価:5,620円 →  特別価格:4,680円 <売り切れ>

ラシックス40mg(LASIX)

LASIX40X15

ラシックス(lasix)は利尿剤で、高血圧症の薬として使われています。その他はむくみ取りやダイエット効果も期待でき、血圧を下げる便利なお薬です。腎機能が低下している際にも有効な効果を発揮し、とても利尿効果が高い商品です。

定価:1,930円 →  特別価格:1,610円 <売り切れ>

ノルバスク10mg(norvasc)

480080

ノルバスク10mg(Norvasc)は高血圧や狭心症の治療薬に使用されるカルシウム拮抗剤で、血圧を下げ、狭心症の治療にも使われています。血圧を安定させ、心臓病、腎臓病、脳卒中を予防できます。ちょびひげ薬局では安価で通販での購入が可能です。

定価:4,930円 →  特別価格:4,110円<在庫有り>

アクトス15mg(actos)

480061

アクトス(actos) 15mgは糖尿病の治療に使われるお薬です。インスリンの働きを向上させ、高血糖を改善してくれます。基本的に2型の糖尿病の治療に使われており、体内の血糖を低下させる事で糖の放出を抑えるお薬です。

定価:14,860円 →  特別価格:12,380円<在庫有り>

アクトス30mg(actos)

480062

アクトス(actos) は糖尿病の治療に使われるお薬で、脂質代謝をも改善する事で有名です。食事療法や運動療法で効果が現れなかった方がリピートしている、病院に行かなくても血糖値を下げられるお薬として認知されています。

定価:30,770円 →  特別価格:25,640円<在庫有り>

ディオバン160mg(diovan)

480072

ディオバン(Diovan) は高血圧症の治療に用いられていて血圧を上げる物質を抑制する効果があります。継続して服用する事によって1日中安定した血圧をコントロールする事が出来るので高血圧症の方にリピートされている商品です。

定価:5,380円 →  特別価格:4,480円<在庫有り>

ディオバン80mg(diovan)

480073

ディオバン(Diovan) は高血圧症の治療に用いられるお薬で、高血圧症の血圧を自宅で簡単に下げられます。主成分はバルサルタンと言い、心臓や腎臓を保護する作用もあると言われている安全なお薬です。ちょびひげ薬局の通販で購入できます。

定価:6,380円 →  特別価格:5,320円<在庫有り>

リピトール10mg(lipitor)

480078

リピトール(Lipitor)は肝臓でのコレステロールの生成を抑える、高脂血症の方向けのお薬で脂質異常症の方が良く飲まれています。高コレステロール血症でお悩みの方は体脂肪率の減少も効果的に現れ、合併症のリスクも減らす事が出来ます。

定価:5,880円 →  特別価格:4,900円<在庫有り>

リピトール40mg(lipitor)

480079

リピトール(Lipitor)は肝臓でのコレステロールの生成を抑える、高脂血症の方向けのお薬です。肝臓内のコレステロールが増えるのを抑え、コレステロール値を下げてくれるので脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。お求めはちょびひげ薬局まで。

定価:14,200円 →  特別価格:11,830円<在庫有り>

アルダクトン25mg/50mg/100mg(Aldactone)

480001

アルダクトン(Aldactone)は水分を排出し、血圧を下げるお薬です。高血圧症、心不全、むくみの治療にも使われており、原発性のアルドステロン症の改善にも効果があります。ちょびひげ薬局では安心で安全な通販で購入できます。

定価:2,220円 →  特別価格:1,850円<在庫有り>

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

利尿剤・高血圧・糖尿病など生活習慣病に使用するお薬のページとなります。生活習慣病である高血圧や糖尿病は現代病とも言われ、高度成長期後に増加した病気となります。以前は成人病と呼ばれ加齢が主な原因とされておりましたが、現在では主な原因として加齢以外にも不規則な食事や運動不足、飲酒や喫煙、睡眠不足なども原因とされております。この生活習慣病を予防するには血管を若々しくいられるようにすることが大切です。血管が硬くなる動脈硬化がおこるとささまざまな生活習慣病などを併発してしまうこととなり、他の重篤な病気への影響も考えられます。そのため、高血圧を防ぐための降圧剤やコレステロール値を下げるお薬、糖尿病の治療薬があります。降圧剤の特徴として5種類のお薬に分けられます。血管を拡張することで血圧を下げたり、血管を収縮させる物質を阻害したり、利尿作用により血管の水分を減らしたりなどと特徴があります。糖尿病の治療薬では糖に関する分解酵素を阻害することで吸収を抑制させたりインスリンの作用効果を高めるものなどがあります。コレステロール値を下げるお薬もコレステロールの生成を抑制したり中性脂肪を下げるものなどそれぞれ特徴があります。どれも特徴ごとに系統が分類されており効果も違いますので症状に合わせて適切なお薬を使用するようにしましょう。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

生活習慣病に関するお薬を検索されている方はある程度病院へ受診し診断されている方が多いと思います。糖尿病薬では『糖尿病薬 作用機序』『糖尿病薬 併用』『糖尿病薬 ビグアナイド系』など専門的な知識を持ちながら検索をしており、『糖尿病薬 アクトス』など医薬品名でも検索をされております。高血圧薬でも『高血圧薬 一覧』『高血圧薬 比較』などと成分の強さや目的などを検索しております。『降圧剤 副作用』や『降圧剤 種類』などとも調べております。こちらも糖尿病薬と同様に『降圧剤 ナルバスク』『降圧剤 ディオバン』など医薬品名でも検索をされております。ちょびひげ薬局でも各種取り揃えておりますので『ちょびひげ薬局 高血圧』や『ちょびひげ薬局 利尿剤』などと検索をしてみてください。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

生活習慣病は近年増加傾向で経済の成長や欧米諸国などの影響による生活の変化が大きく関わりあっていると言われます。糖尿病の患者数は50年前では3万人ほどだったものが現在では900万人と言われ予備軍を入れるともっと多くなります。インスリン治療が開始されたのは1922年で1935年に国内初の製剤もできました。1955年にはチアゾリジン系が承認されております。主な降圧剤では1960年にトリクロメチアジド利尿薬が登場し1993年にアムロジピオンのCa拮抗薬が登場しております。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

糖尿病や高血圧は加齢によって発症が高くなり、生活習慣病のひとつとされております。1型糖尿病など25歳以下の若年層に多い症状でもありますが圧倒的に多いのが50代前後となります。近年では2型糖尿病でも若年層や未成年での発症が増加傾向となっております。使用する年齢や症状によって薬剤は増減することになります。特に高齢者や未成年の使用には十分に注意しましょう。糖尿病の治療薬では女性に浮腫みが起こりやすい種類もありますので医師の判断に従って使用しましょう。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

糖尿病のお薬の場合食事に合わせて服用することが多いです。アクトスなどは1日1回朝食前若しくは朝食後に服用します。効果時間が長いので1回の使用となります。グルコバイなどは毎食前に服用します。食後の過血糖を抑制するので毎食前に服用となります。血液中のコレステロールを減らすリピトールなどはスタチン系となりコレステロールの合成をおさえます。コレステロールの生合成は夜間にされやすいので夕食後に1回服用することがよいでしょう。アムロジピンを高血圧症に使用する場合は1日1回を使用します。アムロジピンは作用時間が長いので1日1回の服用となります。同Ca拮抗薬であるワソランは1日3回の服用となります。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

糖尿病治療薬であるグルコバイはaグルコシダーゼ阻害薬に分類されるアルカボースが主成分となります。食後の急激な血糖上昇を抑え炭水化物の消化吸収を遅らせることでインスリンの分泌の節約になります。コレステロールを減らすお薬であるリピトールの主成分はアトルバスタチンです。肝臓での悪玉コレステロールが減少し善玉コレステロールが上昇します。血中の脂質動態が改善されることで動脈硬化も抑制します。Ca拮抗薬であるアムロジピンは血管を収縮させるカルシウムを血管壁の細胞に流入するのを抑制させることで血管を拡張させ血圧を下げます。高血圧薬で良く使われる成分となります。利尿剤であるラシックスの主成分フロセミドはループ利尿薬に分類され腎臓の尿細管の塩分と水分の再吸収を阻害することで尿の量を増加させ血液の水分を減らし血管壁のナトリウムも減りそれにより血圧が下がります。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。利尿剤・高血圧・糖尿病の薬の効果的な使用法、飲み方とは?

糖尿病の薬であるグルコバイは食前に服用します。飲み忘れた場合は食事中でもよいのですぐに服用します。食後は時間経過後は意味がなく食事をしないときには服用しなくてもよいです。服用開始時は少量の50mgから開始し1日3回服用します。コレステロール値を下げるリピトールは10mgを1日1回服用します。重症の場合は20mgまで増量できますが、年齢や症状により増減していきます。夕食後に服用することが良いでしょう。高血圧症に使用するノルバスクなどは1日1回服用します。効果が現れないときは10mgまで増量できますが、6歳以上の小児などは5mgを超えないようにします。利尿剤のラシックスは朝1回の服用が通常ですが2回目をお昼に服用することもあります。夜に服用すると睡眠に支障をきたす可能性があるので注意しましょう。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

どのお薬も注意することが使用量と服用のタイミングを守ることです。また、併用すると危険なお薬が多いです。アルコールもあまり良くはありません。妊娠中もほとんどのお薬では使用禁忌となっております。使用に際しては医師の判断のもと使用をするようにしましょう。副作用はそれぞれ異なります。グルコバイなどは肝機能の異常、胃腸障害、腹痛などが一般的です。リピトールなどは肝機能値の異常や腹痛、頭痛、しびれなどがあり、重篤な症状では横紋筋融解症があります。ノルバスクではほてり、動悸、めまい、浮腫みなどがみられます。ラシックスでは吐き気、頭痛、低カリウム・ナトリウム症などの副作用がみられることもあります。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

生活習慣病の症状の原因は食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等が関与するものと厚生労働省でも定義されており、それにより高血圧や糖尿病、脂質以上や肥満、心臓病などの病気が関連しております。不規則な生活は疲労が蓄積され食生活の乱れは肥満の要因となり、血管年齢を高めることとなります。飲酒や喫煙も過剰に摂取することで生活習慣病のリスクが高くなります。運動不足も代謝が落ちてしまい、成長ホルモンの刺激もなくなり肥満の原因にもなります。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬を服用、使用する方の主な病名とは?

生活習慣病は普段の生活の乱れで起こることが多く、特に糖尿病や高血圧、高脂血症の症状を早めることになります。糖尿病では喉が渇き食欲があるのに体重が減少していきます。手足がしびれたりもします。高血圧では動悸息切れ、頭痛、耳鳴りなどが起こります。夜間多尿も増加します。脂質以上の場合は自覚症状はほとんどありませんが、血管が詰まりやすくなり動脈硬化が進行してしまいます。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?利尿剤・高血圧・糖尿病の薬はどこで作られている?

生活習慣病のお薬を製造する製薬会社はファイザー社やバイエル社など世界有数の製薬会社が製造する一方、特許満了などによりジェネリック医薬品も多数登場しております。利尿剤であるラシックスもフランスの大手製薬会社サノフィ社が製造を行っております。サノフィ社は2004年の設立となっているが、これはフランスのアベンティス社を吸収合併されたときとなっており、日本法人でも前身となった会社は1971年に設立されております。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

生活習慣病である糖尿病や高血圧などの治療薬が効かないや効果がないと感じる方は使用方法をもう一度確認をすることが良いでしょう。ほとんどのお薬が症状や年齢により増減を行うものとなりますので医師との相談のもと改善していくこともよいと思います。また、服用のタイミングも重要です。糖尿病のお薬に多いのが食前での服用で、食べ物の糖分の吸収を阻害するため食後の吸収後では効果が感じられないこともあります。コレステロールを抑えるお薬も夜間に生合成されやすいのがコレステロールのため、夕食後に服用することがより効果を高めることになるでしょう。高血圧薬なども数種類の系統に分かれており、症状に合わせて選択的に選んでいくことも必要となり症状が重い場合は複数を組み合わせることもあります。

利尿剤・高血圧・糖尿病の薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

中年メタボ化していることもあり、生活習慣病が気になりだしてきました。会社の健康診断でも高血圧や脂質以上の結果が思わしくなく、再検査などになっております。病院での再検査ではまずは運動と食事の改善を行い、ダイエットに励みましょうとのことでした。特にお薬の処方はなかったのですが、何かないかと調べていたらラシックという利尿剤が降圧剤としてだけでなくダイエットにもよいとの評判だったので通販で購入してみました。他にはお薬は飲んでいないので副作用だけを気にして服用を開始しましたが現状は特になく服用できております。連投はせず、最近では少し間隔を上げながら浮腫みを感じた時に服用するようにしております。使用の最初は驚くほどおしっこの頻度が上がりその分体重も減少しました。