認知症・アルツハイマー・パーキンソン病の通販リスト

認知症・アルツハイマー病・パーキンソン病などのお薬に関するページです。加齢によって引き起こされやすい認知症やアルツハイマー病は記憶障害などの病気となります。ボケ防止のためにも早めの知識の習得が必要で家族の支えも重要となってくる病気です。

ロパーク1mg(ROPARK)

ROPARK1

ロパークはパーキンソン病治療に有効なレキップ錠のジェネリック薬であり、ロピロール塩酸塩を有効成分として含みます、パーキンソン病の症状である手足の運動障害を改善してくれる治療薬です。
医師の指導のもと、一日3回に分けてロパーク錠剤を服用します。

定価:9,910円 →  特別価格:8,260円<在庫有り>

リオレサール10mg(LIOFEN)

LIOFEN10

サンファーマが製造するリオレサール10mg100錠は、麻痺を改善する医薬品です。
脳性まひや脊髄まひ、髄膜炎のほか、脳や神経に付随する病気やケガによるけいれん等の改善に用いられます。
禁忌の症例が多いため、服用前には必ず医師に相談してから利用しましょう。

定価:14,860円 →  特別価格:12,380円<在庫有り>

ラミトールOD200mg(LAMITOR OD)

LAMITOROD200

ラミトールOD200㎎はラモトリギンを主成分とするラミクタールのジェネリック医薬品で、神経伝達物質をコントロールしてけいれんを防止する、抗てんかん薬です。
1錠あたりに200㎎の有効成分が含まれていますが、服用開始時は少量から徐々に容量を増やしていく必要があり、副作用にも注意が必要です。

定価:30,770円 →  特別価格:25,640円<在庫有り>

ラミクタール100mg(LAMICTAL)

LAMICTAL100

ラミクタールは、有効成分にラモトリギン200mgが配合され、脳神経の興奮を抑えて、てんかんによる発作を予防することができる医薬品です。
その他、心のバランスを調整する作用によって、双極性障害の改善にも使われ、うつ病再発の予防としても用いられています。

定価:7,520円 →  特別価格:6,270円<在庫有り>

ラミトール25mg(LAMITOR)

LAMITORDT25

ラミトールは有効成分であるラモトリギンを含有するラミクタールのジェネリック薬であり、抗てんかん剤の一種です。
主に意識障害やけいれんを起こすてんかん発作の予防薬として用いられています。
維持量はラモトリギンとして1日100~200mgです。
皮膚症状の副作用に注意が必要となります。

定価:8,600円 →  特別価格:7,170円<在庫有り>

ミニリン点鼻スプレー10mcg

MINIRINNasalspray10

排尿回数が多くてお困りの方、加齢による記憶力の低下でお困りの方にはミニリン点鼻スプレーです。
大量に排尿してしまう夜尿症や糖尿病の治療、加齢による記憶障害や健忘症などの治療に鼻腔内から体内に成分を取り入れてその効果を発揮します。
重い副作用もありますので、使用上は充分ご注意ください。

定価:6,180円 →  特別価格:5,150円 <売り切れ>

トレンタール400mg(TRENTAL)

TRENTAL400

サノフィ・アベンティス社が製造するトレンタール(ペントキシフィリン)400mg150錠は、動脈硬化の改善を目指す医薬品です。
有効成分ペントキシフィリン400mgが、コレステロール等で狭まった血管を拡張し、血流量の増加とスムーズな流れをもたらします。

定価:14,590円 →  特別価格:12,160円 <売り切れ>

ドネセプト5mg(DNECPT)

DNECPT5X30

サン・ファーマが製造するドネセプト5mg30錠は、認知症治療薬アリセプトのジェネリック医薬品として、同一成分でありながら安価に購入可能です。
特に軽度から中度のアルツハイマー型認知症に効果的です。
服用により、認知能力を数ヶ月~1年ほど前の状態まで戻すことが期待できます。

定価:4,430円 →  特別価格:3,690円 <売り切れ>

ドスティネックス0.5mg(DOSTINEX)

DOSTINEX05

ドスティネックス(カベゴリン)05mgは、ドパミン受容体作動薬と呼ばれ、有効成分カベゴリンがドパミン系の神経を刺激します。
また、プロラクチンの分泌の抑制作用もあります。
主にパーキンソン病や高プロラクチン血性排卵障害などで使用されています。

定価:6,950円 →  特別価格:5,790円<在庫有り>

コムタン200mg(COMTAN)

COMTAN200

ノバルティスが製造するコムタン200mgは、パーキンソン病治療におけるレボドパ療法をサポートする医薬品です。
レボドパ薬の効き目が悪くなり、日内変動を起こす場合に同時併用することで、レボドパの作用を持続させ、日内変動を緩和する働きがあります。

定価:26,990円 →  特別価格:22,490円 <売り切れ>

コムタンジェネリック200mg(Adcapone)

Adcapone200

サン・ファーマが製造するコムタン・ジェネリックは、パーキンソン病治療薬コムタンのジェネリック医薬品です。
パーキンソン病における日内変動を改善し、症状の安定化に働きかけます。
ジェネリック医薬品のため、リーズナブルな価格で買い求めることができます。

定価:5,100円 →  特別価格:4,250円<在庫有り>

アリセプト10mg(aricept)

aricept10

エーザイから製造、販売されているアリセプト10mgは、アルツハイマー型認知症治療薬であり、国内で初めて認知症治療薬に認められた医薬品です。
ドネペジル10mgを有効成分に含み、認知症の原因となるアセチルコリンエステラーゼの働きを阻害することで、アセチルコリンを増加して神経伝達を促し、症状を改善します。

定価:21,980円 →  特別価格:18,320円<在庫有り>

認知症・アルツハイマーの薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

医療が発達することでより人間の寿命が延びることになりましたが、出生率は減少傾向であるため高齢化社会がより進行しております。高齢化の中での問題点として介護がありますが、介護にとって一番大変なことが認知症はアルツハイマーなどの症状ではないでしょうか。認知症の治療薬は症状の進行を遅らせることができます。しかし、記憶能力や精神機能を回復することはできません。そのため認知症の治療薬は症状の進行を遅らせることで認知症の方が本人らしく生活していく手助けを行うことを行います。現在日本で認可されている認知症に治療薬の成分は4種類となります。アルツハイマー性に効果がある特徴のものとレビー小体型に特徴があるものなどとなります。認知症にはアセチルコリン系のぁ働きが悪くなっていることが原因で物忘れや思考力の低下などが起こります。認可されている4種類のうち3種類はこのアセチルコリンを増加させる働きの特徴があります。もう1つの成分はグルタミン酸受容体であるNMDA受容体とグルタミンを結びつくことを抑制することで記憶を邪魔する神経障害を抑制させる特徴があります。高度のアルツハイマー型認知症に効果があると言われております。

認知症・アルツハイマーの薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

加齢によって起こりやすい脳神経系の障害が認知症やパーキンソン病となります。発症することで治療が困難とされており、進行を抑制させることや症状を知っていくことが重要となります。ネットでよく検索されているキーワードとしては『認知症 予防』『認知症 症状』『認知症 原因』『アルツハイマー病 症状』『アルツハイマー 予防』『パーキンソン病 症状』など上手に付き合っていくためにより症状を理解することで検索をよくされております。『ボケ防止 方法』『記憶障害 原因』などでも検索されております。また、『認知症 薬』『アルツハイマー病 新薬』など有効な薬のことも調べられております。ちょびひげ薬局でも認知症やパーキンソン病などの治療に有効な医薬品を取り扱っております。ぜひちょびひげ薬局サイト内でも検索をしてみてください。

認知症・アルツハイマーの薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

脳の仕組みは未だ未知なところが多く、現代の医療技術をもってしても全てを理解していない状態です。認知症の原因もなかなかわからなかったこともあり、1980年代に入って初めてアルツハイマー病の治療薬の研究が開発されました。タクリンという成分が1993年に初めての治療薬としてアメリカで登場し、このタクリンを基に他の4種類の認知症治療薬が開発されていきました。日本では認可が遅く世界では現在の4種類の治療薬の成分は2002年までに認可されておりましたが、日本では1999年にドネペジルを成分にするものが認可されただけで他の3種は2011年になって初めて認可されたものでした。

認知症・アルツハイマーの薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

認知症やパーキンソン病自体が加齢によって引き起こされやすい症状でありますので未成年などの若年層が使用するための治療薬ではありません。性別は特に関係なく使用することは可能です。しかし、全ての成人の方が使用できるのではなく、あくまで診断された方のみが使用するようにしましょう。使用量も医師に従って使用し、また薬剤の管理は家族が一緒になって管理していくようにしましょう。

認知症・アルツハイマーの薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

認知症・アルツハイマー病に関する症状の治療薬は日本では4種類の成分が認可されております。日本での認可が一番早かったドネペジルでは1日1回服用するようにします。パーキンソン病治療薬のロピニロールなどは普通錠としては1日に3回に分けて服用します。てんかん薬のラモトリギンは単剤で使用する場合は1日1回服用し、デパケンなどと併用する場合は最初の2週間は隔日で服用をしていきます。どれも症状によって適宜増減を行うのですが、使用していくことで徐々に量を増加していくことが一般的です。減薬が必要となる場合もあるのでそういった場合は時間をかけてゆっくりと減薬をしていくことになります。

認知症・アルツハイマーの薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

日本で認可されている認知症の治療薬は4種類あり、最初に認可されたドネペジル、その後認可されたガランタミン、リバスチグミン、メマチンとなっております。メマチン以外はアセチルコリンを増加させ神経活動を高める働きを行います。メマチンはグルタミン酸の過剰を抑え神経細胞の障害を抑制させます。パーキンソン病治療薬はドーパミン補充薬や酵素を阻害する治療薬などがあり、シネットなどの成分カルビドパはドーパミンと酵素を配合したドーパミン補充薬となります。ドーパミンの受容体を刺激しドーパミンの受け取りを促進させるのがレキップの成分のロピニロールとなります。てんかん薬のラモトリギンは脳神経の興奮を抑制してんかんの発作を予防する治療薬となります。

認知症・アルツハイマーの薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。認知症・アルツハイマーの薬の効果的な使用法、飲み方とは?

アルツハイマーなどの認知症やパーキンソン病、てんかんなどの治療薬は基本症状に合わせて徐々に量を増加させていくことが多い治療薬です。ドノペジルを主成分にするものは1日1回3mgから使用を開始し1週間から2週間後に5mgまで増量します。重症度合の高い方は5mgを4週間使用後10mgまで増加させます。パーキンソン病での主成分ロピニロールでは普通錠での使用では1回0.25mgを1日3回から使用を開始し1週毎に1日の量を0.75mgずつ増量し4週目には1日量3mgとしその後必要に応じて1週間以上の間隔で1.5mgずつ増量し最大15mgまでとし使用します。てんかん薬ラモトリギンは単剤で使用する場合は最初の2週間は1日25mgを1日1回服用そ次の2週間は50mg、5週目からは100mgを1日1回か2回に分割して服用します。

認知症・アルツハイマーの薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

認知症の治療薬成分ドネペジルの場合は食欲不振や吐き気、など消化器系の副作用があります。パーキンソン病での治療薬の成分ロピニロールは同じく消化器系の副作用のほか、眠気や興奮など意識障害などがあります。てんかん治療薬の成分ラモトリギンは発疹やただれなどの皮膚障害の他、眠気や消化不良などがあります。どの成分も副作用はそれだけではなく他にもあります。また併用禁忌薬もありますので他のお薬を使用している方や治療中の方などは医師に伝えるようにしましょう。また、高齢者が使用されやすい状態で、本人の自覚なしに副作用が発症していることもあります。一番注意が必要なのは家族がお薬の管理をしっかりと行い服用後の体調を見てあげることが重要となります。

認知症・アルツハイマーの薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

認知症の症状は中核症状と周辺症状とに分かれてます。直接の原因である中核症状は脳の細胞が壊れて起こる症状で、今までできていたことができなくなったり物事を忘れてしまう症状を指します。一方周辺症状はその人の性格が基となり発症し、落ち込み安い人などは不安などを起こし、自分を追い込む人は焦りや怒りがこみ上げてくる人もおられます。徘徊や妄想、幻覚などはそういった本人の性格に則した症状であるともいえます。そのため、本人の性格を理解し介護していくことがとても重要となります。

認知症・アルツハイマーの薬を服用、使用する方の主な病名とは?

認知症などの中核症状の中では記憶障害や判断力の障害、失語などがあります。昔の記憶が失われてしまい、人や物事を忘れてしまいます。判断力障害も最後まで行動の目的が実行できないことにより何をしているかさえも忘れてしまうこともあります。言葉の数も少なくなってしまう失語も物の名前が出て来なかったり読んだ内容が理解できないなどの症状を発症します。パーキンソン病の場合は手足の震えやこわばりなどの運動障害や自律神経の障害による多汗やよだれ、精神障害の睡眠障害や気持ちの落ち込みなどの非運動障害などに分かれます。

認知症・アルツハイマーの薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?認知症・アルツハイマーの薬はどこで作られている?

国内で初めて承認された認知症治療薬である成分ドネペジルは日本の製薬会社であるエーザイの杉本八郎らによって開発されました。エーザイは1941年に設立された老舗製薬会社で、2012年では医薬品売上高世界25位で日本国内では5位の大手製薬会社となっております。有名なものとしてチョコラシリーズなどのビタミン剤や胃腸薬のセルベールやサクロンなどがあります。ドネペジルを発見した杉本八郎はイギリス・ガリアン賞特別賞を受賞しております。

認知症・アルツハイマーの薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

認知症薬が効果がないや効かないと思う方はもう一度認知症の治療薬について確認してみる必要があります。認知症の治療薬は症状を完治させるお薬ではなく、あくまで進行を抑制するものとなります。そのため、服用することで根本的治療を行えるものではないことを理解することが必要です。また、効果の違いの判定は非常に難しいものであります。進行抑制の効果が薬の効果なのかそれとも単に症状の進行が遅いだけなのかがわかりにくいこともあります。パーキンソン病などの場合も症状が進行すると薬が効く時間が短くなり、次の服用前に症状が出てしまうことがあります。そういった場合は基本治療に加えCOMT阻害薬やMAO-B阻害薬などを併用して使用したりもします。

認知症・アルツハイマーの薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

60を過ぎたあたりから手足のふるえが止まらなくなり、体中がだるい感じが続きました。針やマッサージなどを行いましたが一向に良くならなかったので神経内科に受診したところパーキンソン病の初期症状ということがわかりました。医師に特に説明もなくお薬を貰い処方してもらっていたのですが、どんな薬なのか調べてみたらロピニロールという非麦角系選択的ドパミンD2受容体作動薬などと長い名前の種類のお薬だといおうことがわかりました。口コミや体験談などでは症状が進行すると効かなくなるということなので不安なところもありますが、現在は薬を飲むことで効果が良くあらわれておりふるえなどはなくなります。幻覚などの副作用もあるとのことなので量もそこまで増やさずに服用を続けております。