水虫の通販リスト

水虫薬に関するページです。ちょびひげ薬局では水虫に使用できる抗真菌薬の外用薬を最安値で販売中。ジェネリック医薬品など価格の安いものもあり、常備薬として常備しておけば水虫の予防にもなります。女性にはカンジタの治療にも使用できるものもあります。

ラミシールジェネリッククリーム(FUNGOTEKcream)

FUNGOTEKCream

FDCが製造するラミシールジェネリッククリームは、抗真菌薬ラシミールのジェネリック医薬品で、水虫やいんきんたむしなどの白癬菌やカンジダ改善に効果的です。
1日1回塗るだけでよく、ジェネリック医薬品のため、買い求めやすいリーズナブルな価格もメリットです。

定価:3,240円 →  特別価格:2,700円 <売り切れ>

クロトリマゾールクリーム30mg(ClotrimazoleCream)

ClotrimazoleCream30

グレンマークが製造するクロトリマゾールクリームは、クリーム状の抗真菌薬です。
白癬菌による水虫や、カンジダ症の改善や再発の予防に効果的です。
感染の原因となる菌を殺傷して、菌の増殖を抑えることで、症状の改善をもたらします。
クリームタイプで塗りやすく、べたつきもありません。

定価:4,500円 →  特別価格:3,750円<在庫有り>

カネステンクリーム1%(canestencream)

4801003

カネステンクリーム はカンジタ菌に効果のある抗真菌薬です。水虫やカンジダ菌の細胞を壊すことで殺菌的に作用します。

定価:2,680円 →  特別価格:2,230円<在庫有り>

ラミシールスプレー1%(lamisil)

480074

ラミシールスプレー30ml(Lamisil)はアリルアミン系殺真菌成分「テルビナフィン塩酸塩」を含んだ、水虫などの菌に効果を発揮するスプレー薬です。

定価:3,300円 →  特別価格:2,750円 <売り切れ>

水虫薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

皮膚感染症のひとつである水虫は老若男女問わず誰もが感染する可能性があります。イメージ的には中年男性と思いがちですがそうではないのです。水虫は高温多湿を好むため、革靴やブーツを長く同じものを履き続けることで増殖し感染しやすくなります。また、水虫に感染している方が使用したスリッパやお風呂場のマットなどは水虫をもらう原因にもなります。水虫を治療するには抗真菌薬を使用することとなります。抗真菌薬とは水虫である白癬菌などの真菌の生育を阻害する医薬品です。お薬は系統ごとに特徴があり症状に合わせて外用薬や内服薬を使い分けて使用します。外用タイプにもクリームタイプと液体タイプなどがあります。患部の乾燥の度合いにより浸透しやすいものを選びましょう。クリームタイプは幅広く使用しやすい特徴があります。一番よく使われる系統はイミダゾール系のもが多く、脂溶性で水に溶けにくい特徴があるため、外用薬として使用されやすいです。また、外用薬で使用する場合は副作用も少ないです。水虫には趾間型や水疱、角質化、爪白癬など種類が異なります。治療期間も2か月~6か月と水虫の治療薬を使用しても短期間で完治するものではないので、根気よく治療することが重要となります。

水虫薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

水虫についてパソコンやスマホなどを使いインターネットで検索している方はとても多くおられます。水虫は誰もがなりたくないものですが、水虫になってしまったときに本当に水虫かどうか確認をするために『水虫 画像』『水虫 臭い』『水虫 原因』などで検索をしております。水虫だった場合、水虫の治すことをしなければいけないですが、『水虫 治療薬』の検索以外にも『水虫 木酢酸』『水虫 酢』など民間の治療方法も検索されております。水虫は短期間に治らないものですので、使用している間に不安にもなります。『水虫薬 おすすめ』『水虫薬 ランキング』『水虫薬 口コミ』など周囲の人の意見を参考にしております。また、『水虫 再発』『水虫 予防』などもう二度と水虫にはなりたくない意思も検索でわかります。

水虫薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

水虫の原因が白癬菌だとわかったのは今から100年以上も前のことです。しかし、水虫がなぜ起きるのかは定かではなく、一説によると田んぼ仕事をする人が足に水ぶくれや痒みが起きることで田んぼに生息する虫に刺されたのではないかということで水虫と呼ばれ始めたと言われております。クロトリマゾールを主成分にするエンペシド水虫やカンジタなどの抗真菌薬で人気のものですが、エンペシドの名前の由来は「Emperor(皇帝)」と「Cidal(殺菌的)」を合わせた造語となっており、多数のジェネリックも登場しております。

水虫薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

水虫は中年の男性だけが発症するものではなく、女性や子供にも感染するものです。特に家族の中で感染した人がいる場合は家族間でピンポン感染する可能性もあります。水虫の治療には一般的には外用薬が多く、直接患部に塗布するタイプが多いです。外用薬の場合は副作用も少ないため子供でも使用することは可能ですが、過敏に反応してしまうことを恐れ、初めは少量で使用し成分に対する反応を確認してみましょう。爪白癬などは治りも悪く大人では内服薬を使用することもありますが、子供での使用は控えましょう。

水虫薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

水虫は爪の内部に感染するような爪白癬のようなタイプ以外は皮膚表面に症状がみられるので、外用薬を使用することが一般的です。患部の症状に合わせて1日1回~3回ほど塗布します。清潔な状態で塗布したほうがよいでしょう。早い人であれば1か月くらいで患部が改善され始めて2か月ほどで完治をするでしょう。しかし、家族間で水虫を持っている方が他にいた場合は再発をしてしまう可能性があったり、治療が長引くことにもなりますので、原因となることにも解決を図るようにしましょう。継続的にお薬を塗布することと患部をできるだけきれいに保つことが早期治療になり、また爪白癬など治療に時間が掛かる症状になりにくいことにも繋がります。

水虫薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

水虫の治療に使用されるお薬は抗真菌薬となり抗真菌薬にはいくつかの系統があります。テルビナフィンはアリルアミン系の抗真菌薬でラミシールという商品名で1993年に日本で承認されました。内服薬としてもありますが外用薬でよく利用されます。強い抗真菌活性を持つことが特徴です。また、エンペシドで有名の成分クロトリマゾールはアゾール系の抗真菌薬でWHO必須モデルリストに収監されております。口腔内感染にはトローチが用いられますが、基本的には外用薬での使用となります。アゾール系は効果が良く副作用が少ないことから水虫以外にも体部白癬やカンジダ症など幅広く使用されております。

水虫薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。水虫薬の効果的な使用法、飲み方とは?

アゾール系のクロトリマゾールは外用薬として使用することになります。清潔な患部に1日2回~3回ほど塗布します。お風呂から上がった後の夜と朝などに使用することがよいでしょう。テルビナフィンを主成分にする外用薬も清潔な患部に1日1回塗布します。どちらも角質化している場合などは薬剤が浸透しやすい皮膚が柔らかいお風呂上りなどに使用することがよいでしょう。内服薬の場合はテルビナフィンとイトラコナゾールなどの成分が使用されますが、成人に使用するものとなり爪白癬など外用薬が浸透しにくい場合に使用します。1日1回服用し、年齢や症状によって含量を調整し服用します。

水虫薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

水虫の外用薬での使用は副作用は少ないですが、かゆみや沁みを感じたり過敏症の方はかぶれたりする可能性はあります。内服薬での使用の場合は胃の不快感や吐き気、腹痛など消火器系に影響を与えまた、めまいや頭痛、肝機能値の異常などがあります。重症化することはまれですが、服用後に体調不良などを感じた場合には医師に相談をするようにしましょう。また併用禁忌薬もあり、胃薬のタガメットに使用されるシメチジンや別の抗真菌薬、三環系のうつ薬などは特によくありません。何かしら他の病気で治療中やお薬を処方されている方も使用前に医師に相談をするようにしましょう。高齢者や妊婦なども相談をしたほうがよいでしょう。

水虫薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

水虫は白癬菌が原因で起こる皮膚の病気です。白癬菌が付着したからといってすぐに発症せず、付着した患部が高温多湿が継続的に続く場所だった場合は急激に増加し発症します。第一段階では痒みが起こります。白癬菌が角質へと侵入しケラチンを溶かし表皮からより深く進入します。血管や神経が刺激されることでかゆみが起こります。その後かゆみが進むと水ぶくれができたりもします。かゆみが起き炎症が繰り返されるとさらにかゆみが起きかきむしることで皮がむけて皮膚がボロボロとなります。

水虫薬を服用、使用する方の主な病名とは?

水虫は5人に1人が悩んでいると言われるほど身近な症状です。足の水虫は4種類に分かれており、趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪白癬があります。趾間型は指の間のできポピュラーの水虫で皮がむける乾燥型とじゅくじゅくの湿潤型にわかれます。小水疱型は足全体に起きやすく水ぶくれができます。土踏まずに多くできやすいです。角質増殖型は足の裏がかさかさになり冬場にはひび割れを起こすこともあります。水虫とわかりにくい症状のため感染拡大しやすいです。爪が白くなる爪白癬は薬剤が浸透しにくいため治療が長引く水虫です。

水虫薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?水虫薬はどこで作られている?

ラミシールの成分テルビナフィンを主成分としているラミシールが日本で承認され2004年に第一三共ヘルスケアが販売をスタートさせました。2007年からはノバルティスファーマが販売をしております。ノバルティスファーマはスイスの大手製薬会社で日本法人もあります。クロトリマゾールを主成分にするエンペシドは日本では佐藤製薬などが製造しておりますが、ジェネリック医薬品を製造する製薬会社が各社製造も行っております。

水虫薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

水虫の薬が効かないやなかなか水虫が治らないなどと感じた場合は水虫の治療方法や生活環境を考える必要があります。まず水虫は地ようやくを使用しても直ぐには完治しません。1か月くらい継続して使用を続けていくことで徐々に改善されます。治療には2か月くらいが目安となるでしょう。爪白癬の場合は薬剤が浸透しにくいこともあり治療は長引きます。また、足の爪が生え変わる期間も長いことから6か月くらいの治療期間が必要でしょう。また、治りにくい場合は生活環境も原因にあります。毎日通気性の悪い同じ靴などを履き続けている方は、白癬菌が靴に付着し増殖しやすい環境ですので治療期間は靴下の取り換えや毎日違う靴を履くなどし白癬菌が繁殖しにくい環境を作りましょう。また、家族にも感染が拡大している場合も共有に使用するものはできるだけ使用を控えるなども必要となるでしょう。

水虫薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

水虫に感染したかも!って思ったのは春でした。最初はかるいかゆみが足の指の付け根に感じるようになったことで少し掻くくらいでした。しかし、日に日に痒みがましてきて、もしかして水虫かもと思い始めました。当時は冬だったのでまさか冬に水虫なんてって思ってたのですが、今思うと、同じブーツを履き続け、家ではコタツに入って動かない生活は足の湿度が高くなる環境だったなと思い、確かに菌が繁殖しやすいなと思いました。このままいくと夏になったら余計に治りにくくなるかもしれないと思い、とりあえずネットで口コミや評判を調べてちょびひげさんでクロトリマゾールクリームを購入しました。まぁ普通の塗り薬なので特に意識せず、朝・晩を中心に塗り込みました。ブーツも捨て、こたつは春なのでしまってしまい治りやすい環境に心がけました。現在使用して1か月ほどですが、かゆみはだいぶ落ち着いてきた感じです。このままいけば梅雨前には治りそうですがあせらず完治を目指したいと思います。