抗血小板薬の通販リスト

抗血小板薬についてのページです。動脈硬化が起こると動脈が詰まりやすくなり脳卒中や心筋梗塞を引き起こす要因となってしまうため、血液をさらさらにする抗血小板薬を使用することがあります。特に脂質異常症などの方も使用されることが多いお薬です。

プラビックス75mg(PLAVIX)

PLAVIX75

プラビックスは、硫酸クロピドグレルを主成分として含み、血小板の働きを抑制して血液を固まりにくくすることで血行を促し、体全体の血液循環をよくすることができる医薬品です。
1日に1回の服用で効果が現れます。
主に狭心症や心臓麻痺などの心疾患の治療に用いられています。

定価:6,320円 →  特別価格:5,270円<在庫有り>

クロピバスA(Clopivas)

Clopivas AP

シプラが製造するクロピバスA(プラビックス+アスピリン)は、脳卒中の再発防止効果がある医薬品です。
有効成分には血液を固まりにくくして血栓を防ぐ働きがあります。
従来のアスピリンのみの療法より、2つの成分を用いることで、再発リスクをさらに減少できるといわれています。

定価:5,140円 →  特別価格:4,280円 <売り切れ>

抗血小板薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

抗血小板薬とは血小板の凝集を阻害することで血栓を作らないようにする作用を持つ薬剤となります。作用によりいくつかに分類されており、それぞれの特徴があります。アスピリンに代表されるCOX-1阻害薬は鎮痛剤としても用いられております。脳梗塞や虚血性心疾患の処方が認められております。プロスタグランジン製剤は経口薬以外にも静脈注射などもあります。この2種類の薬剤はトロンボキサンやプロスタグランジンに関係する薬剤となります。また、cAMPやカルシウムイオン濃度に関係する薬剤ではチエノピリジン誘導体やPDE3阻害薬などがあります。チエノピリジン誘導体ではアデニル酸シクラーゼ活性化の抑制をすることで血小板凝集を妨げることとなります。その中でも副作用の少ないクロピドグレルなどがあり2006年に国内でも販売されております。PDE3阻害薬はPDE3を阻害することで感情アデノシン-リン酸濃度が上昇することで血小板が凝集しなくなります。抗血小板薬はこのような特徴を持つことで血栓をできにくくなり血液がサラサラになります。動脈硬化が進むことで血管が傷つき血栓ができやすく血管が詰まりやすくなります。脳の血管が詰まると脳卒中である脳梗塞に冠動脈が詰まると心筋梗塞になります。脂質異常者がこの抗血小板薬を服用することが多いのは動脈硬化が進行しやすい症状であるために服用していることとなります。

抗血小板薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

抗血小板薬をスマホやパソコンを使用して検索されている方もおられます。検索するキーワードとしては『抗血小板薬 ガイドライン』『抗血小板薬 作用機序』『抗血小板薬 使い分け』など抗血小板薬とは何かを検索しております。抗血小板薬は胃腸薬や風邪薬などと違い聞きなれない治療薬となります。そのため世間的に認識されていないこともありどんなお薬なのかを調べている方が多いです。薬剤の種類も多いため、『抗血小板薬 一覧』や同じような作用の『抗血小板薬 抗凝固薬』などでも検索されております。抗凝固薬は血小板血栓を作らせない抗血小板薬とは違いフィブリン血栓とを抑制するものとなります。フィブリン血栓と血小板血栓では静脈と動脈など血栓が生成されやすい部位が違うので症状により使い分けて使用します。

抗血小板薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

抗血小板の始まりはアスピリンからとなるでしょう。アスピリンはドイツのバイエル社が1897年に合成されたもので鎮痛剤として使用されていたものです。抗血小板薬としての作用機序がわかったのはそれから74年も後の1971年でした。イギリスのべイン博士が報告を行ったことでベイン博士はその後ノーベル賞を受賞しました。1985年にはアメリカFDAが心筋梗塞の治療薬として認可し脳梗塞と心筋梗塞の標準的塗料薬として使用されるようになったことで日本でも2000年に抗血小板薬として承認を行いました。

抗血小板薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

血小板とは傷口をふさぎ止血する作用を持つものとなります。しかし、動脈硬化が起こることで血管内が傷つきやすくなり、血管内が傷つくことで血小板が治療を始めその時に血栓ができてしまいます。つまり、抗血小板薬を使用することで血液がさらさらになり血栓ができにくい状態を作り出すことが可能ですが、外部からの刺激にも作用するので、血管外から傷の止血などもしにくく傷が治りにくくなります。こういったことを念頭に入れて使用することとなります。一般的には加齢により動脈硬化は進行しやすいこともあり50代以降の方が主に使用されることとなります。性別には関係なく使用することは可能ですが、未成年などの使用は医師に判断で使用するようにしましょう。

抗血小板薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

“クロピドグレルを成分にするものとしては1日1回75mgを目安に使用します。虚血性脳血管障害の再発抑制に使用する場合は50mgとして使用することもあります。また、経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患の場合では服用開始日に300mgを1回使用しその後維持量として75mgを使用することもあります。ただしアスピリンとの併用などが必要となったりします。末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制では通常使用の75mgとして1日1回使用します。 手術などを行う場合は2週間ほど前から服用を中止することもあります。 ”

抗血小板薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

クロピグレルを主成分にするものはチエノピリジン系の抗血小板薬の1つになります。閉塞性動脈硬化症や脳卒中などの脳血管障害、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患などの血栓の生成抑制に使用をします。ADP受容体サブタイプP2Y12を選択的に非可逆的に阻害することで血栓症の活性化を抑制します。同様に抗血小板薬として使用されるアスピリンと併用して使用されることも多いです。そのためアスピリンとクロピグレルを合わせた合剤なども登場しております。ちょびひげ薬局でも取扱いのあるクロピバスAはまさしく二つを合わせた合剤となります。

抗血小板薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。抗血小板薬の効果的な使用法、飲み方とは?

クロピグレルを主成分にするプラビックスは一般的には1日75mgを1回服用を行います。主治医の指示により増減や使用方法が異なる場合もありますので指示に従って服用してください。服用期間中は定期的に血液検査を受けて各器官の症状などを確認しましょう。とくに服用開始2ヶ月間は2週間ごとに行うようにしましょう。飲み忘れに注意しましょう。飲み忘れた場合は気づいたときにすぐ服用し、次の服用が近い場合は1回分を飛ばして服用しましょう。飲み忘れたからといって2回分を1度に服用しないようにしましょう。タバコは血栓症の発症を高めるため禁煙に努めアルコールも副作用を強める可能性が高いのでほどほどに控えましょう。運動や危険な作業では怪我をした場合に止血に時間がかかります。お薬の性能を十分と理解することも必要です。

抗血小板薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

一番の注意点は止血が遅くなりことです。大規模な手術はもちろんのこと、抜歯や怪我なども止血に時間が掛かります。出血をともなう病気の方も使用には適しません。高血圧や高齢者なども注意が必要となります。食欲不振や腹痛など消化管に副作用を起こすこともあります。重大な副作用として脳出血や肝臓障害などがあります。使用に際しては医師の指導の下、適切な服用方法を守って使用をしていきましょう。アスピリンもまた副作用があり特に胃障害が起こりやすいです。吐き気や下痢などがあり、その他喘息の発作を起こすこともあります。タバコやアルコールなども飲み合わせは良くありませんので注意し禁煙、節酒しましょう。

抗血小板薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

動脈が硬くなってしまうと血液が体の隅々まで送ることが難しくなるためその分心臓に負担が掛かってしまいます。また硬くなることで血管の内側がもろくなって傷つきやすくなります。血管が傷つくことでその傷口を治そうと血小板が集まり血栓ができやすくなります。また、コレステロールの塊が血管内に漂ってしまうと、できた血栓にぶつかり血管を詰まらせてしまいます。細い血管になればなるほど詰まりやすいですが、太い脳血管が心血管が詰まってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまいます。抗血小板薬を使用することで血液をさらさらにし血栓の生成や血管の詰まりを抑制する働きを行います。

抗血小板薬を服用、使用する方の主な病名とは?

動脈硬化が起こることでさまざまな病気を併発してしまいます。心臓に負担が掛かり血液を体全体に送りこもうとしたり血管が詰まり細くなることで高血圧となります。血管内にコレステロールがたまりやすくなり脂質異常なども引き起こします。動脈効果を放置していることでその後太い血管にも影響を与え、脳卒中や心筋梗塞、狭心症などが起こり、突然の心臓麻痺とかが起こるようになってしまいます。

抗血小板薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?抗血小板薬はどこで作られている?

抗血小板薬であるプラビックスはサノフィ社が製造販売を行っております。フランスのパリに本社を構えるサノフィ社は世界有数の製薬会社であります。先進各国に株式を上場しておりユーロネクスト・パリではCAC40の採用銘柄ともなっております。日本法人もあり東京の新宿に構えております。プラビックス以外にもマイスリーやアレグラ、ラシックスなどが有名は製品としてあります。

抗血小板薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

血管内に血栓ができる症状には2種類あり、動脈硬化などが原因の白色血栓が起きやすい症状と不整脈や心房細動、心不全が原因で静脈などで血液の流れが悪くなるとできやすくなり赤色血栓では使用する医薬品がことなります。一般的には動脈硬化などの白色血栓などを抑制するために抗血小板薬を使用し治療を行っていきますが、不整脈など赤色血栓などの場合は抗凝固薬を使用します。そのため、症状によって使い分けることが必要となります。両方の治療薬を使用することもあり医師に指示に従って服用を続けることになりますが、こういった違いがあることは理解しておくことにしましょう。

抗血小板薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

食べることが大好きで体重も3ケタ、特に油っぽいものが大好きです。年をとっても変わらず大好きでしたが、とうとう10年ほど前に健康診断で引っかかってしまいました。しかし、それでも変わらず食べ続け、また、お酒やダバコも止められずにいたら、とうとうばたんと倒れてしまいました。軽い心筋梗塞だったようです。その後は体重の減少と定期的な運動を行うことの指導が入りました。また複数のお薬を飲むようになりました。その中に抗血症薬であるプラビックスがありました。お医者さんからは血液をさらさらにするお薬だから運動をするときには注意してほどほどにしてくださいと言われました。その後毎月2回ほどの検診を続け現在では服用をしておらず、運動療法中心になっております。体重も2ケタとなり順調ですが、予備として通販でこのプラビックスを購入しお守りとしております。早く美味しいものをお腹いっぱいに食べたいなぁ。