低用量ピルの通販リスト

低用量ピルは使用方法をきちんと守って服用することで100%に近い避妊効果を発揮する避妊薬となります。また、生理痛や更年期など女性が悩む症状の改善にも期待ができます。そんな女性がうれしい低用量ピルをちょびひげ薬局では多数取り揃えております。

セラゼッテ(Cerazette)

Cerazette

セラゼッテはミニピルと呼ばれる経口避妊薬で、成分はデソゲストレルが 0.075mgの錠剤です。多くのピルの入っているエストロゲンは含まずにプロジェスティンだけですので、何らかの事情でエストロゲンを摂れない人に最適な薬です。

定価:5,380円 →  特別価格:4,480円<在庫有り>

トリキュラー(triquilar)

Triquilar

トリキュラーは「第2世代3相性」の低用量ピルで、世界中の多くの女性が数あるピルの中から選んで飲まれている薬です。従来ののピルは副作用がおおきかったのですが、トリキュラーは避妊効果が高く副作用が少ない女性にとって使いやすいピルだからです。

定価:2,580円 →  特別価格:2,150円<在庫有り>

ノベロン(novelon)

NOVELON

ノベロンはオレガノンが開発したミセッテジェネリックの低用量ピルです。ホルモンの量が少なめなので日本人女性にあっていて副作用が少ないピルです。また、生理不順や生理痛の薬としてや卵巣がんの予防としても飲まれています。

定価:3,730円 →  特別価格:3,110円<在庫有り>

フェミロン(femilon)

Femilon

フェミロンは今までの低用量ピルよりも副作用が少ないのに避妊率は高いという、とっても女性に優しい避妊薬です。卵子の放出を抑制するタイプの避妊方法なのでその確率は99.9%と高くて信頼できるものがあります。

定価:4,310円 →  特別価格:3,590円<在庫有り>

ジネット35(ginette)

ginette35

ジネット35は小柄なアジア人向けに開発された、ダイアン35のジェネリック薬品で、低用量の避妊用ピルです。

定価:4,270円 →  特別価格:3,560円<在庫有り>

オブラルL(ovralL)

ovral-l003

オブラル-L(OVRAL-L)はエチニルエストラジオールとレボノルゲストレル2つの有効成分が合わさった経口の避妊薬です。

定価:3,940円 →  特別価格:3,280円<在庫有り>

ヤーズ(yaz)

480089

ヤーズは体重増加という副作用を出来るだけ取り除くことを目的に開発された避妊薬です。俗に言うピルと呼ばれている医薬品です。

定価:5,750円 →  特別価格:4,790円<在庫有り>

ヤスミン(yasmin)

480088

ヤスミンは、体重増加、ニキビ、むくみなどの副作用を軽減している第四世代の低容量ピルです。他の低容量ピルと飲み方は同じです。

定価:4,500円 →  特別価格:3,750円<在庫有り>

ダイアン35(diane)

diane35

ダイアン35は小柄な日本人やアジア人向けに開発された低用量ピルです。有効成分「酢酸シプロテロン」2mgと「エチニルエストラジオール」0.035mgが配合された避妊薬です。

定価:3,470円 →  特別価格:2,890円<在庫有り>

低用量ピルというカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

低用量ピルは副作用を抑えた女性ホルモンを配合したお薬で避妊効果だけではない効果もあります。低用量ピルの特徴とは毎日服用することが必要となることがあります。また、服用を忘れると避妊効果が落ちてしまうのでこの毎日の服用はとても重要です。21日服用して7日休薬期間があるタイプと28日間服用するタイプに分かれます。28日タイプの最期の7日分は偽薬となり成分は入っておりません。低用量ピルの種類は発売した時期や成分により第一世代~第四世代までに分かれておりそれぞれ特徴があります。第一世代では黄体ホルモンの含量が高いですが男性化作用が弱いためアメリカなどでは主流となっております。第二世代では日本でも人気の世代です。ここから低用量が本格的となり、新たに薬剤によって含量の違う2相性や3相性などの低用量ピルが登場しました。第三世代では過去年代の弱点を補ったもので世界的に人気の世代です。第四世代はまだ新しく販売実績が低いですが、さらに副作用を低くし超低用量となっております。このように世代によって特徴があり、新しい世代になるほど副作用の軽減を考えた成分となっておりませすが、合う合わないなど個人ごとに異なるため、未だ第二世代の人気も高くなっております。

低用量ピルを探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

低用量ピルを検索されている方は低用量ピルという言葉以外にもそれぞれ目的の言葉を組み合わせて使用しております。『低用量ピル 飲み始め』『低用量ピル 飲み方』など使用方法の確認を検索しており、『低用量ピル 効果』『低用量ピル 種類』など目的のピルがどれがいいかなどを検索しおります。また、購入するところをどこにするのか迷っている方は『低用量ピル 価格』『低用量ピル 値段』などとも調べております。低用量ピルは避妊効果以外にも効果があるので『低用量ピル 子宮筋腫』『低用量ピル 子宮内膜症』『低用量ピル バストアップ』などとも検索しております。低用量ピルは種類も豊富でちょびひげ薬局でも多数の低用量ピルを取り扱っております。

低用量ピルの呼び名や由来、歴史などを調査しました。

もともと経口避妊薬は1950年代に研究が盛んになった医薬品です。避妊としての効果は道徳的な観点からなかなか日本でも認可されませんでしたが、女性疾病として月経困難症などの治療ではすでに使用されておりました。日本で低用量ピルが認可となったのは1999年で国連加盟国で一番遅い認可となり、その後2008年に月経困難症でも認可され、第四世代まである歴史の深い治療薬となっております。

低用量ピルを使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

低用量ピルは毎日少しずつ女性ホルモンを体内に取り入れることでホルモンバランスを変化させ避妊の効果を発揮します。そのため男性には使用できない医薬品となります。使用できる女性は初潮をむかえていれば使用することは可能となりますが、生理が安定していない15歳以下などはまだ使用を控えたほうがよいかもしれません。また未成年が産婦人科などで処方する場合は親の承諾が必要となるでしょう。閉経をむかえるまで使用することができますが、年齢が高くなると副作用を起こしやすくなるので注意しましょう。

低用量ピルの効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

低用量ピルを服用するにはできるだけ同じ時間に毎日服用することがよいでしょう。ピルの成分の持続時間はおよそ24時間のため忘れずに服用することが必要です。基本28日を1サイクルとしており、21日服用し7日休薬期間のものと28日全て服用するタイプに分かれます。飲み始めは妊娠の準備を始めていない生理初日に合わせて服用するようにしましょう。生理初日に服用することができればその日から避妊効果を得られます。生理2日目から7日目ほどから開始した場合は服用後2週間後くらいから避妊効果を得られます。8日目以降ではこの生理周期の避妊効果は期待できないので、次回の生理初日に合わせて服用しましょう。

低用量ピルに含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

主要成分は主に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの成分を配合しておりますが、世代ごとに配合量は成分が異なります。第一世代では含量が多めのタイプでノルエチステロンという黄体ホルモンを主成分にしております。卵胞ホルモンが含まれていないため、喫煙者や授乳中の方なども服用しやすい成分となります。第二世代以降から低用量化が図られ、エチニルエストラジオールが卵胞ホルモンとして使用されていきます。黄体ホルモンが世代ごとに変化していき、第二世代がレボノルゲストレル、第三世代がデソゲストレルやゲストデン、第四世代がドロスピレノンなどを使用しております。世代が進むごとに含量が少なくなってきており、一般的な副作用を抑制したつくりとなっております。ただ、世代が古いからといって全く合わないということはなく、人によって感じ方が異なるので古い世代でも人気の商品も多いです。

低用量ピルの使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。低用量ピルの効果的な使用法、飲み方とは?

低用量ピルはアフターピルとは違い、毎日継続して服用することが重要です。また、飲み忘れ防止なども考慮し出来るだけ同じ時間に服用することを心がけましょう。毎日の服用は21日服用し7日休薬期間のタイプと28日服用するタイプとに分かれます。28日タイプも最後の7日分は偽薬となり成分は含まれておりません。この7日で生理がくるようになっており、28日を1サイクルとして、終了したらまた新しくスタートさせます。2相性や3相性など含まれている成分の含量が違うタイプのものは、飲む順番も決まっているので、シートに書かれているとおりに服用するようにしましょう。

低用量ピルを服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

低用量ピルでの副作用は不正出血、吐き気、体重増加、胸の張り、頭痛などがありますが、服用を続けていくことで症状は和らいできます。重篤の副作用としては血栓症があります。特に40歳以上の方や肥満傾向の方、高血圧や肝機能障害、片頭痛、喫煙者などは注意が必要です。血栓症の症状として激しい腹痛や胸の痛み、激しい頭痛、意識障害、ふくらはぎの浮腫みや痛みなどを感じた場合は医師に相談をしましょう。体に合わないなと感じた場合は別の低用量ピルに切り替えることも考えましょう。子宮内膜が剥がれ落ちることで生理が起こりますが、低用量ピルを服用することで早めに剥がれてしまうことが消退出血の原因となります。また、休薬期間や偽薬期間に生理が訪れるようになりますが、生理が重い方などは生理時の出血が少なくなる可能性もあります。

低用量ピルを服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

低用量ピルを服用することで避妊目的以外にもさまざまな症状を緩和させることができます。生理痛が酷い、生理周期が乱れるなどを改善させることにも期待できます。生理痛が酷い原因のひとつとして子宮内膜を剥がすため子宮を収縮させる成分が過剰に反応したことで痛みを伴うことがあります。また子宮内膜が厚くなることも全て剥がすために収縮を行うので痛みが長くなったり出血が多くなったりもします。低用量ピルではホルモンバランスを整えることで子宮内膜の厚みを抑制することにもなりますので生理痛の緩和などにも使用することが可能です。

低用量ピルを服用、使用する方の主な病名とは?

避妊目的以外にも低用量ピルは症状を改善させることができます。月経困難症や貧血の改善、月経不順、子宮内膜症の予防などにも大きな改善の期待できます。低用量ピルを服用することでホルモンのバランスを整うことを行います。そのため子宮内膜が厚くなる前に月経が起こるので、出血の量が減り子宮内膜を剥がす収縮活動も抑制されます。ホルモンの変動によるニキビや多毛なども改善され、更年期症状などの予防にもなります。このように、低用量ピルを服用することで女性の悩みである女性疾病の改善にも期待ができることで現在避妊目的以外にも使用されている方がとても多くおられます。

低用量ピルを製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?低用量ピルはどこで作られている?

低用量ピルは第一世代から第四世代と歴史が長いお薬のひとつであると言えます。そのため低用量ピルを製造する製薬会社も世界各国の製薬会社が製造しており、ジェネリックも多数出ております。人気の第三世代のダイアンはドイツのバイエル薬品社が製造しており、その他トリキュラー、ヤーズも製造しております。バイエル薬品社は日本でも認知度の高い世界的な製薬会社で、ED治療薬のレビトラや消炎鎮痛剤のアスピリン有名な製薬会社です。

低用量ピルが効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

低用量ピルが効かない、効果を感じないという方は使用方法の確認を行うことが必要です。低用量ピルは毎日、若しくは21日間服用することが必要です。24時間以上飲み忘れてしまうと避妊効果が得られなくなる可能性がありますので毎日継続して服用しましよう。また、生理初日に服用しないと、すでに次に妊娠準備に入っている2日目以降の服用時ではすぐに避妊効果は得られず2週間ほど服用しないと避妊効果は得られません。また、生理周期変更を行う場合に低用量ピルを使用することもありますが、1相性のピルであれば低用量ピルのみで生理日を変更することができますが、3相性のピルなどは中用量ピルを併用することで生理周期を変更させることができます。

低用量ピルを服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

彼と同棲を始めることになったことで、夜の生活も欲望のままに求め合うことになりました。もちろん避妊はしていましたけど、一度コンドームが抜けてしまったことがあったのでその後ピルを処方してもらいに病院で貰うことにしました。思っていた以上に簡単にピルを貰うことができたのでちょっと拍子抜けした記憶があります。病院で貰った冊子で飲み方を確認し、スマホでネット検索をしたりと情報を得て服用したこともあり、ピルを服用するに至っては特に不安はありませんでした。服用を続けていくことで生理痛も改善された気がして毎月病院で処方してもらっていたのですが、毎月病気でもないのに病院へ行くことの抵抗を感じ、また病院でも貰うだけでほとんど診察もなかったのでこれだったら通販で買っても同じだし通販のほうが安いし楽だしということで評判のよい口コミの多いサイトで購入しました。現在でも通販を利用し、たまに婦人科検診で病院へ行くだけになったので時間の融通がきくようになりました。