その他女性用薬の通販リスト

その他女性用の医薬品やサプリメントのページです。女性らしい身体を維持するには女性ホルモンは欠かせません。子宮がんや乳がんなどにも関係する女性ホルモンはバストアップや更年期障害などの予防にも効果があり改善させるホルモン療法などがあります。

シェンミンアドバンスフォーミュラー女性用(shen-min)

shenmin_women

シェンミンアドバンスフォーミュラー女性用は通販で人気の高いFAGA治療薬です。年齢と共に変化していく女性の毛髪の悩みである白髪や抜け毛防止に効果的です。育毛剤では改善が難しい根本から改善する内服サプリとして口コミでも評判となっています。

定価:7,920円 →  特別価格:6,600円<在庫有り>

ハーソリューションピルズ(HersolutionPills)

HersolutionPills

ハーソリューションピルズ(HersolutionPills)は100%天然成分の女性ホルモン増加・血行促進・膣分泌液増加作用のあるサプリメントです。更年期障害・生活習慣の乱れで精力減退し、性生活に消極的・不感症気味な女性に効果があります。

定価:7,630円 →  特別価格:6,360円<在庫有り>

リノラル0.05mg(LYNORAL)

LYNORAL005

リノラルはプロセキソール錠剤のジェネリック薬で、エチニルエストラジオールを有効成分として含んでいます。
前立腺がんや乳がんの治療薬として用いられる合成エストロゲン薬です。
1回1~2錠を1日3回服用します。
副作用として血栓症を発症する場合があるので注意が必要です。

定価:2,540円 →  特別価格:2,120円 <売り切れ>

ラリスタ60mg(RALISTA)

RALISTA60

ラリスタは、有効成分のラロキシフェンを含有するエビスタ錠のジェネリック薬品で、骨粗鬆症の治療薬です。
この薬は、骨の主成分であるカルシウムが血液に吸収されるのを抑制することで、骨密度を高めます。
使用方法は一回一錠60mgを一日一回服用します。

定価:3,050円 →  特別価格:2,540円 <売り切れ>

モデュス10mg(MODUS)

MODUS10

モデュスは、黄体ホルモンに似せた合成ホルモンを有効成分とするお薬です。
黄体ホルモンが不足することによって起こる不妊症や生理不順、更年期障害などの治療薬として、幅広く利用されています。
身体に負荷をかけずに、自然な感覚でホルモンの補給を行えます。

定価:7,380円 →  特別価格:6,150円 <売り切れ>

ミアカルシン鼻孔スプレー

MIACALCICNASALSPRAY

ノバルティスが製造するミアカルシン鼻孔スプレーは、骨粗しょう症の治療に用いられる医薬品です。
鼻孔にスプレーするだけの簡単な方法で骨代謝をアップさせ、骨がもろくなったり、圧迫骨折のリスクを防ぎます。
閉経後の女性に多い骨粗しょう症の治療に有効です。

定価:16,200円 →  特別価格:13,500円 <売り切れ>

プロギノバ1mg(PRGNVA)

PRGNVA1X28

ザイダス(バイエル)が製造するプロギノバ1mg28錠は、有効成分として吉草酸エストラジオールを配合した女性ホルモン補充薬です。
更年期障害の辛い症状の緩和や、卵巣欠落症状に伴う諸症状の改善、閉経後の女性に多くなる骨粗しょう症の予防に効果的です。

定価:4,320円 →  特別価格:3,600円<在庫有り>

プレミアコンティニュアス(PREMIACONTINUOUS)

PREMIACONTINUOUS

ワイスが製造しているプレミアコンティニュアスは、2つの有効成分を含む女性ホルモン補充薬です。
閉経後の辛い更年期障害の改善や、中高年女性に起こりやすい骨粗しょう症の予防にも効果的です。
2つの有効成分が合理的に作用し、長期使用しても比較的安心です。

定価:11,930円 →  特別価格:9,940円 <売り切れ>

プレマリンクリーム0.625mg(PREMARINCream)

PREMARINCream0625

ワイスが製造するプレマリンクリームは、天然のエストロゲンを有効成分に含む女性ホルモン補充薬です。
クリームを塗布することで、更年期障害改善ができます。
エストロゲンの減少によって乾燥した膣に潤いを取り戻し、性交痛の緩和や快感を得られやすい状態に導いてくれます。

定価:5,440円 →  特別価格:4,530円<在庫有り>

プレマリン1.25mg(PREMARIN)

PREMARIN125

ファイザーが製造するプレマリン1.25mgは、エストロゲンを配合した女性ホルモン補充薬です。
更年期障害の緩和や、加齢によって老化した体を女性らしい体への回復させることができます。
膣の潤い不足を解消して性交痛の緩和やセックスの快感を高める働きもあります。

定価:11,800円 →  特別価格:9,830円 <売り切れ>

フェマーラジェネリック2.5mg(FEMPRO)

FEMPRO25

乳がんの再発を防ぐために開発された、フェマーラのジェネリック版が、フェマーラ・ジェネリックです。
乳がんを発生させる要因となる、エストロゲンの分泌を抑制する働きのあるこの医薬品は、乳がんの再発を19%程度減少させます。
ただし、めまいや眠気などの副作用には注意が必要です。

定価:11,800円 →  特別価格:9,830円<在庫有り>

フェマーラ2.5mg(FEMARA)

FEMARA25

フェマーラ2.5mg30錠は、閉経をした後の人の乳がん治療に用いられるアロマターゼ阻害薬になります。
レトロゾール2.5mgを有効成分として、これがアロマターゼの活性を阻み、エストロゲンを作る働きを抑制します。
術後における再発予防を目的として、補助療法として使用されることもあります。

定価:15,680円 →  特別価格:13,070円<在庫有り>

アロマシン25mg(AROMASIN)

AROMASIN

アロマシンは、抗エストロゲン剤に耐性ができてしまう閉経後乳がんなどの治療に使われている医薬品です。
有効成分エキセメスタン25mgは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンを作り出すのに必要なアロマターゼの働きを阻害し、エストロゲンの濃度を抑えることで乳がんなどのがんの進行を抑制します。

定価:28,670円 →  特別価格:23,890円 <売り切れ>

その他女性用の薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

女性がその他の悩みを解決するために使用する医薬品やサプリメントのページとなります。女性は男性よりも加齢に伴って減少するホルモンの量が急激に下がりやすいです。男性ホルモンと女性ホルモンはどちらの性別にも存在しますが、男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンが優位にはたらくことでより男らしく、より女らしくする特徴があります。そのため女性の悩みのひとつである美についても女性ホルモンを体内で活性化させたり増加させることでより女性らしい体つきに変化したりもします。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは妊娠に携わる働きをするだけでなく自律神経の働きを調整したりバストアップに働きかけたりシミや肌のたるみなどの予防にも欠かせないホルモンです。しかし、加齢に伴って減少していくことでホルモンバランスが崩れることでこのエストロゲンの働きが行われないようになってしまいます。更年期障害も自律神経の乱れによるホットフラッシュや不眠などが起き、見た目も若々しく維持できなくなってしまいます。若い頃は体内で生成されることもできますが、加齢によって生成量が減少してしまうので外部から補うことが必要となります。ちょびひげ薬局では各種女性ホルモンの活性を手助けする特徴のある製品を取り揃えております。

その他女性用の薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

女性ホルモンなどを外部から取り入れるような医薬品やサプリメントは多数あります。そのためどれが良いのか、またどういった効果があるのかスマホやパソコンを駆使して検索を行っております。『女性ホルモン 食べ物』『女性ホルモン 食事』『女性ホルモン 豆乳』など普段から食事によって摂取することで補うことを目的に検索をされております。『女性ホルモン ツボ』『女性ホルモン アロマ』『女性ホルモン サプリメント』など普段の生活にプラスして行う方法などでも検索を行っております。『女性ホルモン 薬』『プレマリン 不妊治療』『プレマリン 効果』などホルモン補充を行う方法としてどういった効果があるのかも検索されております。

その他女性用の薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

ホルモンを補充するホルモン療法は癌や内分泌疾患、更年期障害などの治療に大きな役割を果たします。その中でもプレマリンは歴史的にも古くからあるエストロゲン薬の中でも代表的なものになります。結合型エストロゲンで、主に更年期障害に使用されるものです。1924年にワイス社が製造・販売を開始し1960年ごろからホルモン補充療法として盛んに使用されるようになりました。プレマリンの名前の由来は妊馬尿(Pregnant mare urine)からで

その他女性用の薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

ホルモン療法は男性も女性も行われるものとなりますが、それぞれの性に関する男性であれば男性ホルモン、女性では女性ホルモンを補充することが多いですが、ガンの治療などでは男性の前立腺癌に女性ホルモンを使用することもあります。また性同一性障害の方にも異性ホルモンを使用することもあります。性同一性障害以外でのホルモン療法を行う場合は未成年から行うのではなく成人から行うほうが良いでしょう。外部からホルモンを受けとることを行うと、体内での生成量が減ってしまいますので若いうちの生成量が高いときにはできるだけ控えることがよいでしょう。

その他女性用の薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

更年期障害などの治療にはプレマリンなどを使用するホルモン療法などが行われます。更年期の症状は急激に減少する女性ホルモンによってホルモンバランスが崩れることで起こります。そのためホルモンを補充することで減少していくペースを和らげることで更年期の症状を抑えることを行います。治療期間は人によって異なりますが、3年~5年ほどはプレンリンなどの服用を行っていきます。途中で中断した場合は更年期の症状が再発することもありますが再び行うことで抑制させることが可能です。1日の使用量は0.625mg~1.25mgを目安に服用していきます。外用薬などのクリームの場合も気になる箇所に適宜使用を行っていきましょう。

その他女性用の薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

プレマリンの成分は結合型エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン薬となります。女性の閉経前後に少量を使用することで更年期の症状を和らぐことを行うことができます。古くから使用されてきたエストロゲン薬であり、骨量増加と骨折の予防効果も認められております。外用薬では胸に塗り込むことでバストアップにも期待を持てることができます。合わせて黄体ホルモンを使用した治療薬と併用することもあります。プレミアコンティニュアスなどは卵胞ホルモンである結合型エストロゲンと黄体ホルモンであるメドロキシプロゲステロンを配合したホルモン剤で骨粗しょう症や更年期の症状の緩和に使用する治療薬となります。

その他女性用の薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。その他女性用の薬の効果的な使用法、飲み方とは?

プレマリンは1日0.625mg~1.25mgを水などで服用を行います。食生活でも血栓症のリスクを軽減させるために水分を多めに摂り、体を動かすことを意識しましょう。子宮がんや乳がんなどの検診のために数年間の治療の間に定期的に検査を行うようにしましょう。黄体ホルモンも含んだプレミアコンティニュアスの場合は使用目的に応じて使用方法などが異なります。医師に指示に従って服用するようにしましょう。特に妊娠に関係ある場合はどちらの医薬品も注意が必要です。プレマリンクリームの場合は気になる箇所に直接塗布します。1回の使用量を2g以内とします。顔などの外部に目立つ位置に塗布する場合は一度パッチテストなどを行いましょう。

その他女性用の薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

女性ホルモンの減少によって起こる更年期障害はホルモンのバランスが崩れることで様々な不調を引き起こします。それを抑制するためにホルモン補充療法を行うのですが副作用も起こります。結合型エストロゲンであるプレマリンで多いものが乳房の張りや痛み、不正出血、吐き気などです。継続して服用していくことで徐々に副作用も落ち着いてきます。念のため注意が必要な副作用が血栓症です。激しい動悸や頭痛、視力低下など症状が出た場合は医師に相談をしましょう。長期間使用するリスクとして乳がんに発現リスクが高まる可能性があります。妊娠中には使用できません。また、他のお薬を使用中の方は医師に相談をしてから使用しましょう。

その他女性用の薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

女性ホルモンには妊娠に伴うはたらき以外にも女性らしい体つきなどにも影響をあたえるものです。女性の魅力のひとつであるバストのふくらみもホルモンの影響で大きさが変わったりもします。出産直後にバストが大きくなる要因は女性ホルモンが多量に分泌されることが関係しており、この女性ホルモンが乳腺を発達させる可能性が高いからです。つまりバストアップには女性ホルモンの働きが必要となり、加齢によって胸の大きさが縮まってしまうことを抑制するには女性ホルモンを摂取することが必要となるでしょう。

その他女性用の薬を服用、使用する方の主な病名とは?

女性ホルモンの減少は女性にとってさまざまな症状を引き起こしてしまいます。更年期障害はその代表的な症状で男性よりも女性のほうがなりやすいといえます。また、骨粗しょう症や乳がん、子宮がんなども女性ホルモンが関係しております。女性らしい体つきとして肌の張りやバストアップにも女性ホルモンが関係しております。女性ホルモンを維持するためには生活環境の改善や冷え性、姿勢の改善なども行うことが重要となります。

その他女性用の薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?その他女性用の薬はどこで作られている?

プレマリンはワイス社が製造している医薬品となります。内服するものと外用薬とがあり、使用用途に合わせて選びます。ワイス社はアメリカの大手製薬会社でアメリカのニュージャージー州に本社を置いておりました。現在は世界的な大手製薬会社である同じアメリカのファイザー社が2009年に買収されたことでファイザー社となっております。日本法人も2010年に合併によりファイザー社となっております。

その他女性用の薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

女性用のホルモン薬などが効かないや効果がないなどはどういったときがあるのでしょうか。まずホルモン療法を行う前には血液検査の結果が重要となります。血液検査の結果によりホルモンの低下が原因でおこったものではない場合はホルモン療法を行っても効果をあまり発揮しないことがあります。また、ホルモンの減少を抑制するような生活習慣も重要となります。規則正しい生活を行い、バランスのよい食事、睡眠不足の解消、冷え性の改善、適度な運動など体にストレスを溜めない生活がよりホルモンの減少を抑制させ女性らしい生活を送ることになり、ホルモン剤などの効果を上げることとなります。

その他女性用の薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

二人目の育児も終わったあたりから、急に胸が小さくなってしまって貧乳になってしまったアラフォーです。もともとそこまでは大きな胸ではありませんでしたが妊娠によりとても大きな胸へと変化、しかし育児後にいっきにしぼんでしまい妊娠前の胸よりも小さくなってしまいました。一人目の時は育児が終わった頃にまた妊娠したため特に影響はなかったのに、今はほんと胸の上の脂肪が削げ落ち、下にわずかに残っている感じなので垂れているようにも見えます。年齢的にもホルモンの影響かな?と思い今後の更年期の心配もありネットで口コミを調べて評価のよいものを調べブレストサクセスを購入してみました。まだ本格的な医薬品などは抵抗があったので、これはサプリメントで副作用も少ないということなのでまず始めるきっかけにはちょうど良いかも。まだ飲み始めて1ヶ月ほどなので見た目の変化はまだないですが、生理痛が軽くなった気がするのでその分ではまずはいいかな。これから胸のハリが出てくればいいなと思い、毎日のストレッチと合わせて使用しています♪