アフターピルの通販リスト

アフターピルは性行為後の翌朝に服用する事でモーニングアフターピルとも呼ばれる避妊薬。男性はコンドームという避妊方法があり、女性の場合アフターピルや低用量ピルなどが一般的です。産婦人科での処方は金額も高い為、安い通販で購入する方が増加中です。

アフターピルセット

afterpill_set

妊娠を阻止する効果の高いアイピルとポスティノール2がお得に買えるアフターピル(緊急避妊薬)セットです!婦人科で処方されるお薬なので安心して服用可能です。単品よりもずっとお安く買えるセットで避妊失敗時にも対応できるよう備えておきましょう!

定価:4,800円 →  特別価格:4,000円<在庫有り>

エラ30mg(ella)

ella

エラ(ella)はエラワンのジェネリックで、避妊出来なかった・失敗した・避妊してもらえなかった際に妊娠を回避させるアフターピルです。従来のアフターピルは72時間以内の服用が必要でしたが、120時間以内であれば有効な事が特徴の緊急避妊薬です。

定価:10,790円 →  特別価格:8,990円<在庫有り>

ポスティノール2(POSTINOR2)

POSTINOR2

ポスティノール2は、性交後に避妊処置ができるアフターピルです。
精子が子宮内に侵入することを防ぐほか、受精しても着床することを阻害します。
性交後、出来るだけ早く服用することで、より効果が高くなります。
1錠目を服用してから12時間後にもう1錠を服用してください。

定価:3,300円 →  特別価格:2,750円<在庫有り>

アイピル(ipill)

i-pill

モーニングアフターピルの「アイピル」です。世界でもっともポピュラーなモーニングアフタータイプの避妊薬です。性行為後72時間以内に1錠服用してください。

定価:2,460円 →  特別価格:2,050円<在庫有り>

アフターピルというカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

アフターピルは望まない妊娠の可能性のある性行為後に服用する緊急避妊薬のことを指します。避妊薬はこの緊急避妊薬以外に低用量ピルと別れどちらも経口避妊薬となります。女性ホルモンである成分を外部から体内へ服用することで体内の女性ホルモンの活動を変化させて避妊効果を発揮させます。特徴としては性行為後72時間以内に服用することがあります。これは排卵の抑制と受精卵の着床障害が主な効果となります。精子は射精後膣内での受精活動は72時間ほどとなります。そのため72時間以内に服用することで卵子の排卵を抑制し受精を阻害します。72時間以降に服用するということは既に受精卵として変化した状態を想定することになりますので、受精卵が着床しにくい状態のみの作用となるため、妊娠を回避する確率は下がってしまいます。日本では現在、2種類の方法で主にアフターピルを行っております。従来から使用されているヤッペ法と、新しく認可されたノルレボの使用です。ヤッペ法では1度服用した後に12時間後にもう一度服用する方法で若干副作用が強い特徴があります。新しいノルレボでの方法は1度の服用で終わりで副作用も少ないですが産婦人科で処方される場合は高額な金額となっており経済的負担が大きいです。しかし、通販で購入する場合は病院での処方と比較して半額以下となっており、事前に購入し準備しておく方が多くなっております。

アフターピルを探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

アフターピルを検索されている方はアフターピルに合わせる言葉をキーワードとして検索をしている方が多いです。『アフターピル 値段』『アフターピル費用』『アフターピル 市販』などの価格を中心のキーワードから『アフターピル 処方』『アフターピル 種類』など商品についても検索されております。また、信用性のところから『アフターピル 失敗』『アフターピル 2回目』『アフターピル 生理』など注意点の検索もされております。『緊急避妊薬』でも同様に検索をされております。アフターピル自体は低用量ピルと比較すると種類も少ないですが、ちょびひげ薬局ではジェネリック医薬品も紹介しておりますのでぜひ『アフターピル ちょびひげ薬局』でも検索してみてください。

アフターピルの呼び名や由来、歴史などを調査しました。

もともと従来からのアフターピルは中用量ピルであるプラノバール配合錠を使用したヤッペ法が主流でした。しかし、副作用や使用方法などを改善したノルレボが世界的に登場したことで現在は主流となりつつあり、日本でも2011年に認可されることとなりました。ヤッペ法もノルレボも性行為後72時間以内に服用することとなるためアフターピルは性行為後の翌朝服用するモーニングアフターピルとも呼ばれております。緊急避妊薬という言葉でも使用されており、基本産婦人科でも保険適用外になることがほとんどですので治療費がとても高額となります。現在ではそういったリスクに備えるために事前に価格の安い通販で購入されている方が多くなっております。

アフターピルを使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

アフターピルを使用する方は望まない妊娠を回避するための緊急避妊薬ですので男性が使用することはありません。女性ホルモンである成分を配合することで排卵の抑制や阻害を行い、受精卵の着床障害を起こす作用となります。そのため女性でも初潮をむかえていない方などは使用できなく、閉経をむかえた女性も使用することは控えることとなります。未成年の場合は産婦人科で親の承諾などが必要になることもあります。

アフターピルの効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

アフターピルは性行為後72時間以内に服用することで避妊効果を高めることが可能となります。ヤッペ法とノルレボとは服用する間隔が異なりますがどちらも72時間以内に服用することが避妊効果を高めることには変わりはありません。72時間以降も避妊効果はありますので服用するメリットはありますが、避妊効果は72時間以前より下がってしまいます。ヤッペ法は72時間以内に1度服用後、12時間後にもう一度服用します。一方ノルレボは72時間以内に1回服用します。次回に生理予定まではこれで服用は終わりとなります。もし生理が来なかったら妊娠の可能性がありますので医師の診察を受けてください。通常はアフターピルを服用することで生理が通常よりも早まることが多いです。

アフターピルに含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

アフターピルの方法であるヤッペ法の場合は中用量ピルのプラノバール錠を使用して避妊効果を発揮します。一般的な使用方法は月経異常や子宮内膜症の治療に使用されるものですが、応用方法として緊急避妊薬として使用します。新しいアフターピルであるノルレボの場合はレボノルゲストレルという女性ホルモンである黄体ホルモンのみが含まれております。服用することで排卵を抑制し受精を起こしにくくさせます。また、受精卵の着床障害にも繋がるのでこの2つの作用が避妊効果として発揮します。どちらも連続服用するものではなく、特にヤッペ法では嘔吐などの副作用が強くあらわれる可能性もあるので服用には十分注意しましょう。

アフターピルの使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。アフターピルの効果的な使用法、飲み方とは?

アフターピルの使用方法は72時間以内の服用が一番重要となります。また性行為後の服用が早ければ早いほどより効果を高めることが可能となります。ヤッペ法の場合は1回服用しその後12時間後にもう一度服用します。ノルレボの場合は1回の服用となります。どちらも口から内服する経口避妊薬となります。副作用が出て嘔吐などした場合は成分が体内で吸収しきれていない状態の可能性が高いためもう一度服用することとなります。この72時間は精子が卵子と受精するために必要な受精能力の限界値とされているので、この精子の受精能力があるときにアフターピルを服用することで排卵を抑制し受精を阻害させます。また、72時間後の効果は受精卵の着床障害となります。

アフターピルを服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

アフターピルの副作用は頭痛や腹痛、嘔吐、吐き気、胸の張りなどが一般的となります。服用後24時間以内に発症することが多いので服用後すぐは気にしておくことがよいでしょう。安易に使用することは控えできるだけ低用量ピルやコンドームなどを使用し、万一次として使用するようにしましょう。中絶手術よりは体にかかる負担は少ないですが用量の高いホルモンを摂取することになるのでホルモンバランスを崩し体に負担はかかります。そのため一度服用をしたら次の生理までは性行為を行うことは止めておきましょう。予定生理の期間を過ぎても生理が来なかった場合は一度医師に相談を行いましょう。

アフターピルを服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

アフターピルを使用する方の症状は、望まない妊娠の可能性が高い性行為後に服用するものとなります。妊娠の起こりやすい時期は排卵日となる前後1週間程度となります。30代までの健康な女性の場合、この期間に妊娠する確率はおよそ25%前後となっております。このときに受精の確率は80%ほどと高い可能性で受精をしますがその後着床する確率は低く、年齢が上がるにつれて妊娠の確率は低下します。アフターピルを72時間以内に服用することで、この高い受精確率を抑制することで妊娠の確率を下げる避妊薬となります。

アフターピルを服用、使用する方の主な病名とは?

妊娠をする確率を下げることで望まない妊娠を回避するためのアフターピルは正しく使用することで避妊の確率95%以上となります。危険日と言われる排卵前後1週間ほどでの妊娠の確率は25%前後ですので、1年間に換算するとおよそ80%の確率で妊娠をすることになります。望まない妊娠の理由は経済的なことやパートナーとの関係だけでなく、女性が望まない性行為自体も考えられます。女性が行える避妊効果としては効果が高いのですが、産婦人科での処方は金額がとても高いです。そのため通販などで事前に購入しておき、いざというときに使用できるようにしましょう。

アフターピルを製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?アフターピルはどこで作られている?

アフターピルを製造するメーカーは低用量ピルを製造するメーカーに比べ少ないですが、ジェネリック医薬品も登場しております。ノルレボは新薬として登場したものですが、日本ではあすか製薬会社が製造を行っており1929年に設立された東京に本社を置く製薬会社です。ジェネリック医薬品ではハンガリーの老舗製薬会社のリヒターギデオン社やインドのジェネリック製薬会社のシプラ社などが製造を行っております。

アフターピルが効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

アフターピルが効かないや妊娠してしまったなどの方は少なからずおられます。これはアフターピルが100%のものではないことも言えますが、正しい使用方法で使用したかも避妊する確率が変わる要因にもなります。アフターピルの行為は性行為後に早く服用すればするほど避妊効果は高くなります。ひとつの目安としては72時間以内となっており、72時間以降の場合は妊娠する確率が高くなっていきます。また、副作用が強くでることもあるアフターピルは嘔吐し薬剤を吐いてしまうこともあります。吐いてしまうと薬剤の成分は体内に浸透しておりませんので避妊の効果はなくなってしまうので、吐いてしまった場合はもう一度服用することが必要です。

アフターピルを服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

アフターピルの購入はこれで2回目です。今回のものはまだ使用はしていません。初めて購入したのは産婦人科でした。大好きな彼とのエッチだったのですが、コンドームが外れてしまい中だし状態に。大慌てで近くの産婦人科を探し受診して購入しました。少し高齢の先生からは激しい質問攻めでほんと嫌でした。ピル代も1万5千円ほどしたし、それに初診料もかかり2万円くらいかかりました。副作用は家に着いてからでよかったのですが、激しい吐き気がほんと辛かった記憶があります。そのとき大好きだった彼氏は何もしてくれず、一気に冷めたことを良く覚えています。無事に妊娠を回避したのですが、産婦人科での思い出と金額の高さなどから、今後のためにも事前に準備をしておこうと決意し今回ちょびひげさんで購入しました。金額も産婦人科の半額以下で済んだのでストックしておくにはちょうど良いと思います。