鎮痛剤・痛み止めの通販リスト

鎮痛薬・痛み止めのお薬は痛みの種類によって適切な種類成分を使用することで痛みのもとを抑えます。鎮痛作用以外にも抗炎症作用や解熱作用などがあり生理痛や頭痛、歯痛などの痛みも抑えます。ちょびひげ薬局では各種痛みの種類に合わせて取り扱い中です。

リザクト10mg(Rizact)

Rizact10

リザクトは、片頭痛の痛みを緩和するお薬です。
痛みが起こる前に飲む予防薬ではありません。
痛みが起こってからなるべく早く服用することで、重症化する前に痛みを和らげることができます。
即効性に優れていますので、服用して15分ほどで効き目が現れてくるでしょう。

定価:3,050円 →  特別価格:2,540円<在庫有り>

メフタル250mg(MEFTAL)

MEFTAL250

メフタルは非ステロイド系の抗炎症剤であるポンステルのジェネリック薬です。
有効成分のメフェナム酸の抗炎症作用によって、腫れや発赤、痛みを緩和します。
また、特に高い解熱作用があります。
用法は一回500mg、一日最大2回まで服用できます。
重症化する副作用はまれですが、胃痛などの症状が現れることがあります。

定価:4,870円 →  特別価格:4,060円 <売り切れ>

ボベランSR ボルタレン100mg(VVSR)

VVSR100X15

ボべランSRは、非ステロイド性の抗炎症薬なので捻挫や骨折、月経困難症など幅広い痛みや炎症、腫れを抑えてくれ、解熱剤としても使用します。
ボルタレンのジェネリックであるボべランSRは、強力で速効性のある薬なので使用すると身体がとても楽になります。

定価:3,240円 →  特別価格:2,700円<在庫有り>

ボベラン ボルタレン50mg(VVER)

VVER050X15

ボベラン(ボルタレン)50mgは非ステロイド系抗炎症剤で、ジクロフェナクナトリウムを有効成分として含有する解熱鎮痛消炎剤です。
炎症によって引き起こされる痛みや発赤、発熱などの症状を取り除きます。
用法は、痛みや熱などの発症時に一回一錠を頓用します。

定価:2,620円 →  特別価格:2,180円<在庫有り>

ボベラン エミュールジェル50g(VOVERANEMULGEL)

VOVERANEMULGEL1

ノバルティスが製造するボベランエミュールジェル50gmは、炎症を鎮めるジェルタイプの医薬品です。
患部に塗るだけで、炎症を鎮め、腫れや発赤、痛みなどを緩和してくれます。
筋肉痛や関節炎、腰痛、肩関節周囲炎、腱鞘炎による痛みの改善のほか、関節リウマチや変形性関節症、手術後の関節の痛みなど効果的です。

定価:3,110円 →  特別価格:2,590円<在庫有り>

ピロックスジェル5mg(PIROXgel)

PIROXGel05

ピロックスジェルはフィルデンジェルのジェネリック医薬品で、腱鞘炎や関節炎、筋肉痛などの痛みを緩和してくれる非ステロイド系抗炎症薬です。
一本当たり350円という低価格で購入でき、副作用も少ないことから、誰でも手軽に利用できる医薬品といえるでしょう。

定価:2,100円 →  特別価格:1,750円<在庫有り>

ナプロシン500mg(Naproxen)

Naproxen500

ナプロシン500mg90錠は、ナプロキセン500mgを有効成分として配合して炎症を鎮める非ステロイド系の鎮痛剤、抗炎症薬です。
ナプロキセンは、非ステロイド抗炎症薬とも呼ばれ、炎症や発熱の原因になるプロスタグランジンの産出を抑え、この物質の合成酵素を阻害することで炎症を鎮めることが可能です。

定価:3,980円 →  特別価格:3,320円<在庫有り>

イミトレックス50mg(SUMATRIPTAN)

SUMATRIPTAN

イミトレックス(スマトリプタン)50mgは、製薬会社アルムス製造の偏頭痛を和らげる作用がある医薬品として親しまれています。
有効成分にスマトリプタン50mgを含み、大動脈に取り込まれてセロトニン受容体をブロックし、脳の興奮を抑え、血管拡大を抑制することにより、偏頭痛を緩和できるのです。

定価:4,120円 →  特別価格:3,430円 <売り切れ>

セレブレックス100mg(celebrex)

480063

セレブレックス100mg(CELEBREX)はリウマチや関節炎、筋肉の炎症を緩和するお薬です。

定価:16,430円 →  特別価格:13,690円<在庫有り>

トラマドールジェネリック50mg(tramadol)

480069

トラマドールは即効性が高い痛み止め薬です。また強い痛みに効力が高い鎮痛剤です。

定価:7,200円 →  特別価格:6,000円 <売り切れ>

鎮痛剤・痛み止めの薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

痛みにはさまざまな種類や特徴があります。その痛みをより除くことができるのが鎮痛剤や痛みどめとなります。一般的に良く使用されるものがボルタレンです。ボルタレンの特徴は非ステロイド抗炎症薬で幅広い痛みに作用します。関節の痛みや筋肉の痛みなどから解熱作用や鎮痛作用もあり内服薬以外にも外用薬などもあります。鎮痛剤としては一般的に用いられる系統でアスピリンやバファリンのアセチルサリチル酸やエスタックイブなどのイブプロフェン、ロキソニンなどもこの系統のものになります。片頭痛によく用いられるものはトリプタン系のものが良く使われます。トリプタン系は脳内の神経伝達物質であるセロトニンに作用し血管の炎症などを抑え片頭痛を抑制させます。また主な鎮痛剤の種類としてはCOX-2抑制剤は非ステロイド抗炎症剤から考えらえた種類で、COX-2のみを選択的に作用するものとなり、炎症作用を抑制させます。また胃痛などが起きにくいことが特徴となります。オピオイド系はモルヒネが代表的なものの系統で鎮痛作用を引き起こします。適切に用いることで有効に働きますが、依存や耐性などがあるためしっかりと管理して服用することが必要です。

鎮痛剤・痛み止めの薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

痛みは体の一か所だけでなく、頭痛や腹痛、怪我の痛み喉の痛みなどあちこちに起こります。炎症や解熱もそのひとつとなります。そのため、どの痛み止めや鎮痛剤が効果があるのか検索されております。痛みの種類では『痛風 痛み止め』『腰痛 痛み止め』『虫歯 痛み止め』『鎮痛剤 妊婦』『生理痛 鎮痛剤』などが代表的に調べられております。また使用方法や注意点などでも『痛み止め 副作用』『鎮痛剤 飲み過ぎ』『鎮痛剤 アルコール』など検索されております。痛みにも強さがあり、使用しているものがあまり効果がなかったために『痛み止め 強さ』『鎮痛剤 強さ 比較』などで検索しております。ちょびひげ薬局ではさまざまな系統を取り扱っておりますのでいろいろと検討してみてください。

鎮痛剤・痛み止めの薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

人は昔から鎮痛作用のあるものを使用し痛みを和らげておりました。すでに紀元前から草木の樹脂などを使用し治療していたと言われております。非ステロイド抗炎症薬はアスピリンが1899年にドイツのバイエル社が発表し、その後1961年にエスタックの主成分であるイブプロフェン、1963年にインドメタシンなどその後沢山の系統が登場し1973年にボルタレンの主成分であるジクロフェナクが登場しました。

鎮痛剤・痛み止めの薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

鎮痛剤にはさまざまな系統があり、人によって効果が違ったり炎症を抑制させるものなどもあります。しかし、服用することで胃腸障害に陥りやすいので注意が必要です。性別による差はありませんが、妊婦の方の使用は注意しましょう。また、未成年での使用には注意が必要です。基本的には15歳未満には使用することができる成分は少ないです。また、15歳以上でも未成年の方の場合は使用量を注意するなど心がけましょう。未成年や妊婦にはアセトアミノフェンを成分にするものが比較的服用しやすいので医師に判断のもと使用するようにしましょう。

鎮痛剤・痛み止めの薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

鎮痛剤には種類が多いのでそれぞれ使用方法にあった服用間隔を行うことが大事です。OTC医薬品などで使用される成分では最低でも4時間以上の間隔を空けることが良いでしょう。人によってや種類によって効果時間などは異なりますが、15分~1時間ほどで効果を発揮し始め、6時間前後作用するでしょう。片頭痛薬であるトリプタン系統の場合は1日の使用量を増減に同じ成分であれば2時間ほどの間隔を空けることで追加服用できるものもありますが、違う成分のトリプタン系を追加する場合は24時間以上間隔を空けることが必要です。片頭痛の使用のタイミングは痛みが最大になったときに使用すると効かないこともあるので、頭痛を感じた時に服用することで効果が高まることとなります。

鎮痛剤・痛み止めの薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

鎮痛剤に使用される成分はとてもたくさんあります。そのため、作用毎に系統に分かれており、副作用や効果は人によって感じ方がことなることもあります。一般的には非ステロイド性抗炎症薬は鎮痛作用としては軽度のものに使用されるため、多くがOTC医薬品としても販売されております。炎症や鎮痛、解熱などに作用します。ボルタレンの成分であるジクロフェナクは外用薬ではOTC医薬品としてジェルやテープなどで販売されておりますが、内服薬では販売されておりません。オピライド系のトラマドールは劇薬として指定される成分ですが耐性や依存性が少ないとされております。頭痛薬であるトリプタン系は他の部位の炎症や痛み止めには効きませんが片頭痛に対する効果はとても高い成分です。5種類の成分がありセロトニンに作用し脳は三叉神経の痙攣や炎症を抑制させ頭痛を緩和させます。

鎮痛剤・痛み止めの薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。鎮痛剤・痛み止めの薬の効果的な使用法、飲み方とは?

内服薬の鎮痛剤や痛み止めは痛みに耐えられなくなってから服用するのではなく、痛みを感じた初期症状時に服用することが大切です。痛みが最大値に服用しても薬の成分が効かないことがあります。1日の使用量や1回の使用量は種類によって異なりますが、それぞれの使用量を守って服用するようにしましょう。お薬の成分の違うもの同士を併用することは副作用などが起こる可能性もあるので止めることが良いです。非ステロイド性抗炎症薬などOTC医薬品でも胃の不快感などがある可能性があります。少し多めの水で服用することで胃の負担が軽減されるので気にして服用しましょう。

鎮痛剤・痛み止めの薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

非ステロイド性抗炎症薬系で一番多い副作用が胃部の不快感です。重篤の場合は胃腸炎や腫瘍などを起こることがあります。オピライド系の副作用として便秘や悪寒、頭痛、眠気などがあります。未成年や妊婦の方の使用も注意しましょう。また、アルコールやカフェインなども使用には注意が必要です。頭痛薬であるトリプタン系の場合は使用をし過ぎることで頭痛が起こることがありますが、正常に使用をすればほとんど副作用はありません。SSRIやSNRIなどの抗うつ薬と併用することは禁忌となっております。その他、鎮痛薬や痛み止めを使用する場合は他の医薬品との併用は避け、併用を行う場合は可能かどうか医師に相談をするようにしましょう。

鎮痛剤・痛み止めの薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

痛みにはさまざまな症状があり、また原因もそれぞれ異なります。痛みが起こる事で人は身体の異常や異変を感知することが可能となり生命の危険を察知したり回避することが可能となります。しかし、痛みが継続することは苦痛であり、痛みの原因となる症状を緩和させなければなりません。炎症や刺激によるものなのか、神経が障害で起こっているのか、精神的な要因で起こっているのか、全てが関与しているのかを判断して適切なお薬を使用することが必要です。

鎮痛剤・痛み止めの薬を服用、使用する方の主な病名とは?

炎症や刺激に対する痛みは外部からの刺激により急激に発症することが多いです。骨折や歯痛、傷などはそれで、慢性的な刺激により腱鞘炎や気管支炎、頭痛などもおこります。神経が障害を起こすことでも頭痛や脊髄損傷などの痛みが起こります。生理痛などは子宮内膜を剥がれ落とすための子宮の収縮が過剰になることで起こり、特に生理がまもない未成年に起こりやすいです。未成年に鎮痛剤を使用する場合は十分に注意し使用しましょう。

鎮痛剤・痛み止めの薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?鎮痛剤・痛み止めの薬はどこで作られている?

鎮痛薬を製造している製薬会社はとても多く存在しております。OTC医薬品として販売していることもあり、CMでよく見られる製薬会社などが製造を行っております。ジェネリック医薬品も多数登場しておりより安くお求め安くなっております。ちょびひげ薬局ではOTC医薬品のほか、処方箋医薬品なども取り扱っております。海外からの個人輸入することで日本では入手しにくい安くて安心できる医薬品も多数あります。

鎮痛剤・痛み止めの薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

痛み止めが効かないや効果がないまだ痛いなどと感じる場合は使用方法を変更したり、成分の変更などいろいろと使用環境を変えてみることが良いでしょう。鎮痛剤を使用する場合、痛みが最大値の場合は効かない場合もあります。より安心に効果を高めるためには痛みが始まった時に使用するようにしましょう。まずはOTC医薬品など副作用が少ないものを選んで開始しましょう。それでも効果がない場合は成分の種類を変更しより鎮痛作用の高いものを選びましょう。オピオイド系や頭痛ではトリプタン系などは効果が高い成分となります。ステロイド系や局所麻酔薬も痛み止めや炎症抑制などにも使用されるので、一度医師に相談をし適切な医薬品を選び使用していきましょう。

鎮痛剤・痛み止めの薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

昔から片頭痛もちでとても辛かったです。最初は市販のお薬を使用していたのですが、なかなか良くならなかったので病院で診察してもらったところ片頭痛だということがわかりました。片頭痛には頭痛が起こる前兆があるタイプとないタイプにわかれるみたいですが、私は前兆なしに頭痛が起こるタイプでこめかみあたりがズキズキと痛み出します。その後痛みが強くなると吐き気を感じてしまいます。先生からは痛みを我慢せずに早めに服用するよう言われトリプタン系?のものを処方してもらいました。早めに服用するとほんと良く効くので私に合っていたみたいです。ジェネリックもあり、応急用として通販で同じ成分のジェネリックも購入し対策をしています。