胃腸薬の通販リスト

胃腸薬についてのページです。胃腸薬は薬局の市販薬として購入することも簡単なお薬ですが、症状が悪化するとなかなか治らないこともあります。逆流性食道炎の場合は再発もしやすいのでプロトンポンプ阻害薬などで治療を行うことも頭に入れておきましょう。

ラベプラゾール20mg(RABESEC)

RABESEC20

ラベプラゾールは、有効成分であるラベプラゾールを20mg配合したお薬です。
主に胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に使用されます。
胃酸の分泌を抑え、胃壁や他の消化器系への影響を減らすことで環境を良くし、潰瘍の治癒を促します。
効果の強いお薬ですから、投与期間を守って服用するようにして下さい。

定価:6,410円 →  特別価格:5,340円<在庫有り>

パリエットジェネリック10mg(RABICIP)

RABICIP10

胃潰瘍やピロリ菌の除菌にラビシップをお使いください。
胃酸は胃腸に侵入する菌を殺菌しますが、胃壁が弱まると胃粘膜を傷つけたりします。
この胃酸を抑えて症状を改善するパリエットの後発品のお薬です。
服用方法は、1日1回飲みます。
服用期間が決められていること、また副作用も考えられますので、予めご注意ください。

定価:5,380円 →  特別価格:4,480円 <売り切れ>

タケプロンジェネリック15mg(LAN)

LAN015X100

インタスファーマが製造するタケプロン・ジェネリック15mgは、胃酸の分泌量をコントロールするプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。
逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療のほか、胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌のサポートや、非びらん性胃食道逆流症の治療にも有効です。

定価:5,140円 →  特別価格:4,280円<在庫有り>

胃腸薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

暴飲暴食、緊張などにより胃が負担となり胃痛や胃もたれなどが起こってしまいます。そんな時に服用するのが胃腸薬となります。胃腸薬は成分によって特徴があり、胃酸の分泌を抑えるものや胃酸を中和させるもの胃の粘膜を守るもの、胃の痙攣を抑制するもの、消化酵素を含むもの、バランス良く配合した総合タイプなどがあります。胃酸を分泌を抑えるものの市販薬ではガスター10などが有名なのではないでしょうか。また、胃酸を中和するものではサクロンやパンシロン、胃の粘膜を守るスクラート、総合薬のキャベジンなどがあります。もちろん市販薬として名前も有名で購入しやすいということは副作用も少なく服用できる点で安心します。しかし、症状が強いと効果が効かないなどもあるので多用しやすいので、多用しすぎは副作用が起こりやすくなるのと長期間の治療になることもあるので注意しましょう。市販薬ではあまり効果を感じない場合は効果の高いものを選択することがよいでしょう。その中ではプロトンポンプ阻害薬があります。プロトンポンプ阻害薬はガスター10などと同じ胃酸の分泌を抑制するものですが、より効果の高いものとなります。成分の種類もいくつかありますが外国では市販でも販売されていたりもします。

胃腸薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

胃腸の苦しみは慢性になりやすいこともありインターネットでもよく検索されている言葉となります。キーワードとしてはいくつもあり『胃腸薬 おすすめ』『胃腸薬 ランキング』『胃腸薬 選び方』などが主なキーワードとなります。また、市販薬としても数が多い胃腸薬ですので『大正漢方胃腸薬』『タナベ胃腸薬』『第一三共胃腸薬』など胃腸薬を製薬されているメーカーもキーワードとなっております。その他、胃腸薬の種類でも検索されており、『H2ブロッカー』『プロトンポンプ阻害薬』『ランソプラゾール』などとも検索されております。ちょびひげ薬局では主にH2ブロッカーよりも強力な胃酸の分泌を抑制されるプロトンポンプ阻害薬を中心に取り扱っておりますので、是非胃腸薬と合わせてちょびひげ薬局で検索を行ってみてください。

胃腸薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

胃腸薬は胃痛の症状を緩和させるためにさまざまな方法で効果のある処置を行うお薬です。昔から漢方などでも胃の負担を和らげる効果のあるものは使用されている現在でも有効に働いております。医薬品としては1974年にシメチジンという物質が発明されたことでH2ブロッカーという分類が登場し大きく胃腸薬の流れも変わりました。また、それよりも強力なプロトンポンプ阻害薬が登場したことでより胃痛に苦しむ人の救いとなる胃腸薬が登場してまいりました。

胃腸薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

胃腸薬は薬局などで販売しているOTC医薬品として多く販売している医薬品となります。そのため副作用なども少ないですが、しかし、全ての人が使用できるものではありません。胃腸薬の成分によって異なりますが、15歳以上のかたが一般的に使用できるようになります。それ以下の小児の場合は用量を半量にしたりして服用できる年齢もありますが、小学生などの年齢の場合、使用できないこともあります。プロトンポンプ阻害薬はOTC医薬品としては販売されておらず、成人が使用することとなっており、小児には適しません。また、高齢者の方も腎臓などの排泄が遅いことで薬剤の成分が残ってしまうこともあるので用量を調整して使用するようにしましょう。

胃腸薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

OTC医薬品などスクラートや大正漢方胃腸薬などは1日に3回ほど服用することになります。食後直ぐよりも食間や就寝前など空腹に近い状態で胃腸に浸透させるほうが効果が高いようです。あまり長期的な連続投与は進められておらず、2週間等連続投与をする場合は医師に相談し別のお薬などの処置をされたほうがよいでしょう。プロトンポンプ阻害薬の場合も症状により4週間~8週間までの服用となっております。OTC医薬品よりも長く使用できるように感じますが、1日の使用量は1回となりますので使用間隔を間違えないようにしましょう。また、胃部の不快感や胃痛よりも激しい逆流性食道炎や胃潰瘍の改善にも効果がある成分となります。

胃腸薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

胃腸薬は胃痛を抑制する効果によってさまざまな成分が使用されております。胃酸を中和する制酸薬では酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム、無水リン酸水素カルシウムなどを使用しております。胃粘膜を保護するセルベールなどはテプレノン等が使用されており、H2ブロッカーであるガスター10などはファモチジン等を使用しております。プロトンポンプ阻害薬はH2ブロッカーよりも強力な胃酸分泌抑制作用があり、代表的な成分としてランソプラゾールなどがあります。胃潰瘍や逆流性食道炎の第一選択薬として使用されることも多い成分です。プロトンポンプ阻害薬は他にもオメプラゾール、ラベプラゾールナトリウム、エソメプラゾールなどがあり同様の効果があります。

胃腸薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。胃腸薬の効果的な使用法、飲み方とは?

プロトンポンプ阻害薬であるラベプラゾールナトリウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎には1回10mgを1日1回服用します。胃潰瘍や逆流性食道炎では8週間、十二指腸潰瘍では6週間が限度となります。症状により1回20mgを1日1回服用することもできます。ランソプラゾールの場合は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の場合は1回30mgを1日1回服用します。胃潰瘍や逆流性食道炎の場合は8週間、十二指腸潰瘍の場合は6週間までとします。再発を繰り返す逆流性食道炎の場合は1回15mgを1日1回服用し最大30mgまで増加し1日1回服用することができます。

胃腸薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

プロトンポンプ阻害薬は日本では処方箋医薬品の分類とされておりますが海外では一般医薬品として販売されていることもあり、副作用は少ないものとなります。一般的な副作用として頭痛や腹痛、肝機能の異常がでることがあります。重篤なものとしてショック症状や腎臓障害などがあります。ラベプラゾールナトリウムの場合は低ナトリウム血症などがみられることもあります。肝臓の働きが悪い高齢者などは副作用が起きやすい可能性があります。胃酸の減少によりほかのお薬の働きが変わってしまうことがあります。他のお薬を使用している方や高齢者の方、妊娠中の方は医師に相談をしてから使用するようにしましょう。

胃腸薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

胃痛の症状は原因によってさまざまありますが、一般的なものとして暴飲暴食により胃が膨らみ圧迫感や胃が突っ張るような症状からアルコールなどで胃粘膜が荒らされる急性胃炎の痛みはみぞおち部分にも痛みを感じることが多いです。ストレスによる胃痛は胸やけや胃もたれ、食欲不振なども起こったりします。アルコールだけでなくカフェインや香辛料、タバコなどの刺激物は胃の負担になるので注意が必要となります。自律神経の乱れは遺産の分泌が過多になりやすく胃粘膜を傷つけてしまう可能性が高く、いが痙攣するなども起こってしまします。

胃腸薬を服用、使用する方の主な病名とは?

胃の病気のひとつである胃潰瘍は胃の壁が傷ついてしまい胃の粘膜が破壊された状態のことを指します。みぞおち近辺に痛みを感じ食事を摂取した1時間後くらいの胃の内容物が排出される頃に痛みを感じやすくなります。吐き気や吐血、黒色便などを起こしやすくなります。原因としてはピロリ菌の感染やストレス、食生活の乱れなどがあり40代以降に起こりやすいですが若い方もなることがあります。逆流性食道炎の場合は酸性度の強い胃酸が食堂へ逆流することで炎症する症状です。胃酸の分泌を抑制することで逆流を防ぐことを行いますのでH2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬などを使用し治療を行います。

胃腸薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?胃腸薬はどこで作られている?

プロトンポンプ阻害薬は多数の製薬会社が製造を行っており、現在ではジェネリック医薬品も多数登場しております。日本での先発薬としてランソプラゾールを成分にタケプロン、ラベプラゾールナトリウムではパリエットがあります。タケプロンは武田薬品工業が製造を行っており1925年に設立された老舗製薬会社で日本の製薬会社では売上高1位となっております。パリエットを製薬するのがEAファーマです。1919年に設立された日本薬品洋行を前身としており、製薬会社のエーザイと食品会社の味の素が出資する消化器官疾患に特化した製薬会社となっております。

胃腸薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

胃腸胃腸薬が効かないや効果がないずっと使用している方などは使用方法の変更を行ったほうが良いかもしれません。症状が良くわからない状態で使用する場合、薬局で購入できるという点で胃腸薬を購入しやすいです。症状が弱い場合では快方に向かいことがありますが、症状が悪い場合は効果がないなどとなったりします。特に胃潰瘍や逆流性食道炎の場合は市販のお薬ではなかなか効かないなんてこともあるので、市販薬ではH2ブロッカー、どれでもダメならプロトンポンプ阻害薬を服用するようにしましょう。逆流性食道炎の場合は再発を起こしやすい症状ですので、途中で服用を止めてしまうとまた再発をし効果がないと思ってしまう可能性があるので医師の指示に従い治療期間と方法を守って服用を行っていきましょう。

胃腸薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

仕事の付き合いで飲みに歩き回ることが多いためか、年齢による影響なのかわかりませんが、最近は翌朝の体調が思わしくないことが多くなってきました。胃もたれが続き、胃の上部が痛みを感じ、のどの違和感などが続いたことで薬局で胃腸薬を買って飲むことが続きました。何日か服用したのですが一向に良くならないため一度病院へ行ったところ逆流性食道炎の診断う受けてPPIを処方されました。PPIはプロトンポンプに結合することで胃酸の分泌を抑制するということで服用を続けていたことで症状が緩和し落ち着くことができました。ネットで逆流性食道炎の場合は再発しやすいということが口コミで見られていたので通販でもPPIのお薬を購入し常備薬として家に置いておくことにしました。たまに症状がでるときは病院へ行かずにこの通販で購入したものを飲んで落ち着いております。通販で購入できるのは病院へ行く手間が省けるのでほんと助かりますね。