ピル・避妊薬の通販リスト

ピル・避妊薬には目的によって2種類に分かれ服用方法も異なります。緊急避妊薬は1回か2回の服用のみとなりますが、低用量ピルの場合は毎日継続して服用します。また、低用量ピルには生理痛の緩和やニキビの軽減、月経困難症の治療にも役立ちます。

アフターピルセット

afterpill_set

妊娠を阻止する効果の高いアイピルとポスティノール2がお得に買えるアフターピル(緊急避妊薬)セットです!婦人科で処方されるお薬なので安心して服用可能です。単品よりもずっとお安く買えるセットで避妊失敗時にも対応できるよう備えておきましょう!

定価:4,800円 →  特別価格:4,000円<在庫有り>

エラ30mg(ella)

ella

エラ(ella)はエラワンのジェネリックで、避妊出来なかった・失敗した・避妊してもらえなかった際に妊娠を回避させるアフターピルです。従来のアフターピルは72時間以内の服用が必要でしたが、120時間以内であれば有効な事が特徴の緊急避妊薬です。

定価:10,790円 →  特別価格:8,990円<在庫有り>

ポスティノール2(POSTINOR2)

POSTINOR2

ポスティノール2は、性交後に避妊処置ができるアフターピルです。
精子が子宮内に侵入することを防ぐほか、受精しても着床することを阻害します。
性交後、出来るだけ早く服用することで、より効果が高くなります。
1錠目を服用してから12時間後にもう1錠を服用してください。

定価:3,300円 →  特別価格:2,750円<在庫有り>

ヌヴァリング(NUVARING)

NUVARING

シェリング・プラウが製造するヌヴァリングは、膣に装着するタイプの避妊薬です。
低用量ピルと同じ有効成分を含み、効果も低用量ピルと同様、避妊効果は99%期待できます。
柔らかなリングで装着しやすく、装着により2種の女性ホルモンが血中から脳に働きかけ、排卵を抑制します。

定価:7,010円 →  特別価格:5,840円 <売り切れ>

デポプロベラ注入タイプ150mg(DEPOPROVERA)

DEPOPROVERA150

ファイザーが製造するデポプロベラ注入タイプ150mg/1mlは、筋肉注射タイプの黄体ホルモンの補充薬です。
不足している黄体ホルモン補うことで、女性ホルモンのバランスを調整する働きにより、生理不順や無月経の改善や不妊症の改善、流産の防止のほか、乳房発育作用も望めます。

定価:3,980円 →  特別価格:3,320円<在庫有り>

セラゼッテ(Cerazette)

Cerazette

セラゼッテはミニピルと呼ばれる経口避妊薬で、成分はデソゲストレルが 0.075mgの錠剤です。多くのピルの入っているエストロゲンは含まずにプロジェスティンだけですので、何らかの事情でエストロゲンを摂れない人に最適な薬です。

定価:5,380円 →  特別価格:4,480円<在庫有り>

トリキュラー(triquilar)

Triquilar

トリキュラーは「第2世代3相性」の低用量ピルで、世界中の多くの女性が数あるピルの中から選んで飲まれている薬です。従来ののピルは副作用がおおきかったのですが、トリキュラーは避妊効果が高く副作用が少ない女性にとって使いやすいピルだからです。

定価:2,580円 →  特別価格:2,150円<在庫有り>

ノベロン(novelon)

NOVELON

ノベロンはオレガノンが開発したミセッテジェネリックの低用量ピルです。ホルモンの量が少なめなので日本人女性にあっていて副作用が少ないピルです。また、生理不順や生理痛の薬としてや卵巣がんの予防としても飲まれています。

定価:3,730円 →  特別価格:3,110円<在庫有り>

フェミロン(femilon)

Femilon

フェミロンは今までの低用量ピルよりも副作用が少ないのに避妊率は高いという、とっても女性に優しい避妊薬です。卵子の放出を抑制するタイプの避妊方法なのでその確率は99.9%と高くて信頼できるものがあります。

定価:4,310円 →  特別価格:3,590円<在庫有り>

ジネット35(ginette)

ginette35

ジネット35は小柄なアジア人向けに開発された、ダイアン35のジェネリック薬品で、低用量の避妊用ピルです。

定価:4,270円 →  特別価格:3,560円<在庫有り>

オブラルL(ovralL)

ovral-l003

オブラル-L(OVRAL-L)はエチニルエストラジオールとレボノルゲストレル2つの有効成分が合わさった経口の避妊薬です。

定価:3,940円 →  特別価格:3,280円<在庫有り>

ダイアン35(diane)

diane35

ダイアン35は小柄な日本人やアジア人向けに開発された低用量ピルです。有効成分「酢酸シプロテロン」2mgと「エチニルエストラジオール」0.035mgが配合された避妊薬です。

定価:3,470円 →  特別価格:2,890円<在庫有り>

ヤーズ(yaz)

480089

ヤーズは体重増加という副作用を出来るだけ取り除くことを目的に開発された避妊薬です。俗に言うピルと呼ばれている医薬品です。

定価:5,750円 →  特別価格:4,790円<在庫有り>

ヤスミン(yasmin)

480088

ヤスミンは、体重増加、ニキビ、むくみなどの副作用を軽減している第四世代の低容量ピルです。他の低容量ピルと飲み方は同じです。

定価:4,500円 →  特別価格:3,750円<在庫有り>

アイピル(ipill)

i-pill

モーニングアフターピルの「アイピル」です。世界でもっともポピュラーなモーニングアフタータイプの避妊薬です。性行為後72時間以内に1錠服用してください。

定価:2,460円 →  特別価格:2,050円<在庫有り>

ピル・避妊薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

ピル・避妊薬とは女性ホルモンを配合することで望まない妊娠を回避することができる医薬品です。特徴として、避妊効果だけでなく月経困難症や生理痛、子宮内膜症などの予防にも期待することができます。一般的には産婦人科で処方される場合、自由診療となることが多い医薬品ですが、月経困難症などの治療目的の場合、保険適用されるお薬もあります。毎日継続的に規則的に服用することで疑似妊娠状態を作り出す低用量ピルと、避妊を失敗した後に服用し排卵の抑制や受精卵の着床障害を起こすアフターピルなどと別れます。低用量ピルの特徴として、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを少量ずる配合することで副作用を少なくしたピルです。第1世代~第4世代までありそれぞれの第で特徴が異なっており、人によって合う世代が異なります。第2世代のものが販売実績などもあり人気のなっておりますが、服用する錠剤の成分が日によって違う2相性、3相性と呼ばれるものがあるので服用には注意が必要です。アフターピルも新しいものが出たことで避妊効果が高く服用しやすいものも出てきたこともあり、事前に予備として通販で購入する方も増えてきております。ちょびひげ薬局でも低用量ピル、アフターピルとも取り扱っております。

ピル・避妊薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

ピル・避妊薬を検索している方はとても多く、通販でも人気の医薬品のひとつとなっております。そのため『ピル 値段』『ピル 種類』『ピル 個人輸入』などと購入するための産婦人科や通販サイトを探しております。また、使用方法についても『ピル 副作用』『ピル 飲み忘れ』『ピル 生理』など服用するタイミングや効果なども知らべております。また、ピル以外にも避妊薬という言葉でも同様に検索しております。低用量ピルでの検索は『低用量ピル 子宮筋腫』など避妊効果以外のことに対しても検索しており、アフターピルでは『アフターピル 失敗』『アフターピル 2回目』など服用した後の経過についても調べております。

ピル・避妊薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

日本では道徳的な問題もありなかなか認可されなかったピル・避妊薬ですが、現在の低用量とかではなく、生理困難症の治療薬としては1960年前後から高用量ピルなどとして使用されておりました。世界的に経口避妊薬が登場し研究され始めていたのが1950年代からで、その後1973年から低用量ピルの開発がスタートし、現在では第4世代まで登場しております。日本では国連加盟国では一番遅い1999年に承認されその後、低用量ピルが月経困難症の治療薬として2008年に認可もされております。また、1970年代に発表された緊急避妊薬の方法であるヤッペ法を日本は長年使用しておりましたが、2011年にノルレボが登場したことにより産婦人科での使用比率も変わってきております。

ピル・避妊薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

ピル・避妊薬は女性のための望まない妊娠を回避するための医薬品となりますので男性の方の使用はできません。卵胞ホルモン、黄体ホルモンなどの女性ホルモンの成分を配合することで子宮の働きを変化させることで避妊効果や生理痛の緩和、子宮内膜症などの効果を発揮します。産婦人科で処方される場合、未成年の場合は親の承諾などが必要となることが多いですが、初潮をむかえている方から閉経をむかえるまで使用することが可能となります。

ピル・避妊薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

ピル・避妊薬は緊急避妊薬と低用量ピルとで効果が変わるため持続効果も変わってきます。低用量ピルは毎日継続して服用することで効果を発揮します。21日間女性ホルモンを配合した錠剤を服用しその後休薬期間か偽薬を7日服用する28日サイクルとなっております。24時間~2日以上服用することを忘れると効果を発揮されない可能性が高くなります。緊急避妊薬も避妊に失敗した性行為後72時間以内に服用することで避妊効果が高まります。性行為後に早く服用するほど避妊効果は高くなります。ノルレボでは72時間以内に1回服用するものとなりますが、従来からのヤッペ法では中用量ピルを1回服用しその後12時間後にもう一度服用することになります。

ピル・避妊薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

ピル・避妊薬の有効成分は女性ホルモンの成分を配合したものとなります。低用量ピルと緊急避妊薬では異なり、また低用量ピルでも世代によって成分や配合なども異なっております。低用量ピルの場合はエチニルエストラジオールという卵胞ホルモンを第2世代から使用し、第1世代ではノルエチステロン、第2世代ではノボノルゲストレル、第3世代ではデソゲストレルやゲストデン、第4世代ではドロスピレノンなどの黄体ホルモンをそれぞれ使用しております。副作用を抑えるために配合量が少量になりつつありますが、人によって副作用の感じ方は違うため、一番新しい第4世代が一番安全というわけではありません。緊急避妊薬であるノルレボの場合はレボノルゲストレルという黄体ホルモンを使用することで、精子の着床をしにくくし排卵を抑える効果を発揮します。

ピル・避妊薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。ピル・避妊薬の効果的な使用法、飲み方とは?

ピル・避妊薬は緊急避妊薬と低用量ピルとでは服用方法が異なり、また低用量も商品によって服用の仕方が異なるものもあります。緊急避妊薬ノルレボの場合は、避妊を失敗した性行為後72時間以内に1回服用します。ヤッペ法などは72時間以内に1錠服用後12時間後にもう一度服用します。生理が来るまでは性行為は行わないようにしましょう。低用量ピルの場合は生理初日に合わせて服用をスタートさせます。毎日1回1錠21日間服用します。21日後は商品によって異なりますが、偽薬期間、休薬期間が7日となります。2相性や3相性など成分量が異なる21日間の服用の順番が決まっているものもあります。そういった商品は必ず順番どおりに服用します。24時間以内に服用し忘れた場合はその時にすぐ服用し、また次の1回を遅らせず決まった時間に服用します。24時間以上忘れた場合も2錠服用することで避妊効果を続けることも可能ですが、2日ほど経過した場合は避妊効果が得られない可能性が高まりますので1度リセットしたほうがよいでしょう。

ピル・避妊薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

ピル・避妊薬の副作用は吐き気やおう吐、頭痛などがあります。これは体内のホルモンバランスの調整を行うことで起きる副作用となります。特に緊急避妊薬では服用後24時間以内に副作用が起こりやすく、嘔吐してしまった場合はもう一度服用することになります。低用量ピルではこういった副作用を抑制するために含量を少なくしておりますのであまり起こりませんが、その他重篤な副作用として血栓症などがあります。注意点として、35歳以上の方や喫煙をされている方の場合は使用を注意しましょう。また、すでに妊娠している、妊娠している可能性のある方も使用禁忌となっております。

ピル・避妊薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

ピル・避妊薬を使用する方は望まない妊娠を回避するために使用します。経済的な理由やパートナーとの相性など理由は様々です。人にとって性行為は妊娠出産を行うものだけではなく、愛を育むためにも必要なものとなりますのでそういったときにピル・妊娠薬は役に立つことでしょう。また、生理は毎月起こるものではありますが、人によってはその苦しみもまた変わっております。子宮内膜が厚くなりやすい方などは出血が多くなったり痛みが強くなったりもします。低用量ピルでは生理周期の改善を行い激しい生理痛も緩和することが可能となります。

ピル・避妊薬を服用、使用する方の主な病名とは?

ピル・避妊薬を使用する方は避妊を行う方が使用を行います。避妊を行う方法として一般的なものがコンドームですが、避妊効果は100%ではなく、また、男性側の避妊方法となり女性側での避妊方法ではないため、女性側の避妊方法として有効なものがこのピル・避妊薬となります。また、低用量ピルでは産婦人科で処方される中では月経困難症で保険適用されるものもあります。その他、子宮内膜症や更年期予防などにも効果の期待がもてるお薬ともなります。

ピル・避妊薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?ピル・避妊薬はどこで作られている?

ピル・避妊薬を製造する製薬会社は世界各国の製薬会社が製造を行っております。女性ホルモンを配合する成分は歴史も古いこともあり昔から各種存在しており、新薬以外にもジェネリック医薬品も存在しております。第2世代の人気の低用量ピルであるトリキュラーはドイツのバイエル薬品社の商品となっております。バイエル薬品社はアスピリンやED治療薬レビトラなど世界有数の製薬会社です。また、新しい緊急避妊薬であるノルレボは日本でも認可されあすか製薬などが製造を行っておりますが、ジェネリック医薬品も登場しております。

ピル・避妊薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

ピル・避妊薬を服用しても効かない、妊娠してしまったなどは使用方法をもう一度確認することが必要です。緊急避妊薬の場合は72時間以内に服用することで避妊効果の期待が持てますが、100%ではありません。しかし、早期服用では効果は非常に高いです。効果が落ちてしまう可能性は72時間以降の使用、服用後生理が来るまで再度性行為を行ってしまった、副作用により嘔吐してしまったなどが考えられます。低用量ピルの場合は、生理初日に合わせて服用しなかったや24時間以上の間隔を空けてしまって忘れた分を服用しなかったなどが考えられます。低用量ピルは使用方法を守れば高い確率で避妊をすることができるのでしっかりと服用方法を守ることを行いましょう。

ピル・避妊薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

低用量ピルを使おうと思ったのは、まだ恋愛を楽しみたいという気持ちからスタートしました。避妊としてコンドームも使っているけで、男性が行う避妊方法なので私からも避妊をすることを行えばより避妊効果が高いと思ったからです。ネットでいろいろと検索してみると低用量ピルは100%に近いということだったので近くの産婦人科で処方してもらいました。しかし、毎月3,000円+診察代は以外に負担にも感じ、仕事も診察に合わせて早退や休まなければいけないので気が引けるものです。なのでネットで検索してみると通販で購入できることと、ジェネリックという安いものがあることを知り購入することにしました。特に大きな副作用もなく使用することもでき、また、生理痛や出血も軽くなったので現在も通販で購入しております。たまに産婦人科にいって診察ももちろん受けていますよ。