禁煙治療薬の通販リスト

禁煙治療薬のページです。禁煙治療にはニコチンガムやパッチなどニコチンを使用するニコチン置換方法とニコチン以外を使用するチャンピックスなどがあります。ちょびひげ薬局では禁煙を成功させる人気の禁煙治療薬を各種取り揃えております。

ニコテックス2mg(NicoTex)

NICOTX2X30

禁煙補助薬品ニコチンガム、日本ではニコレットとして販売しております。

定価:4,120円 →  特別価格:3,430円 <売り切れ>

ブプロンSR150mg(BUPRON)

BPRN15X100

ブプロンSR は禁煙補助医薬品ザイパンのジェネリック医薬品です。

定価:9,470円 →  特別価格:7,890円<在庫有り>

チャンピックス スターターパック(champixstarterpack)

CMPXSP1X25

製造元ファイザーの報告では、約3ヵ月のチャンピックスを約3ヵ月使用した、44%の人が禁煙に成功したと報告しています。

定価:6,680円 →  特別価格:5,570円<在庫有り>

チャンピックス 2週間パック(champix2week)

CMPXMP1X28

チャンビックス2週間パックは禁煙補助医薬品です。

定価:8,290円 →  特別価格:6,910円<在庫有り>

禁煙治療薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

禁煙を取り巻く環境は日に日に強くなっており、喫煙者の方は肩身の狭い環境になっております。そのため禁煙を志す方は増えているのではないでしょうか。このページでは苦しい禁煙生活の手助けとなる禁煙治療薬について紹介しております。禁煙治療薬には方法がいくつかあり、それぞれ特徴が異なっております。一般的に日本で知られているのはニコチン置換方式と呼ばれる煙草以外からニコチンを摂取することで禁煙を目指すというものです。煙草が止められない原因はニコチン依存症によるニコチンを依存することで起こります。そのため、代わりにガムなどでニコチンを補充することで喫煙からのニコチン補充を抑制し禁煙を目指すという特徴になります。しかし、禁煙治療薬はそれだけではなく、ニコチン以外の成分を使用するものも増えております。ファイザー社が発売するチャンピックスではニコチン受容体に作用するバレニクリンという成分でドーパミンを刺激し煙草の欲求を減少させます。それにより煙草で得られる満足感を抑制し再び吸いたいと思わないようにさせ禁煙を行っていきます。また、抗うつ薬でニコチン拮抗薬であるブプロピオンを成分に持つものはニコチンの離脱症状の緩和を行い禁煙成功率を高めます。ニコチンガムなどと併用できるのも特徴でより禁煙率を高めることができます。

禁煙治療薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

禁煙薬を探している方はパソコンやスマートフォンなどを使用しインターネットで検索をされております。『禁煙薬 外来』など禁煙外来を検索もされておりますが、『禁煙薬 通販』などでも調べており商品名と合わせて『チャンピックス 通販』『禁煙薬 チャンピックス 通販』などと病院で禁煙薬を求めるというよりも手軽でまずは行ってみようとい思う方が多いため通販で購入しようとしている方が多くみられるようです。禁煙を行おうとしている需要は多いようで『バレニクリン』『チャンピックス 副作用』『ファイザー 禁煙薬』など商品名や製薬会社、主要成分をすでに理解しており、詳細を調べることも行っているため、今後益々インターネットでの検索は増えていくのではないでしょうか。

禁煙治療薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

禁煙の歴史は古く16世紀には始まっていたと言われております。その後、現代では先進国を始め喫煙の空間的禁止が拡がりつつあります。1990年後半から禁煙外来などの病院が増加しました。その頃に抗うつ剤であるザイバンなどが使用され精神面での治療を行っておりました。2006年には保険適用されるものも登場しました。ファイザー社が販売するチャンピックスは2006年に登場しアメリカでもチャンティックスとして販売されております。

禁煙治療薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

日本での喫煙は二十歳以上の方となっておりますのでそれに伴う禁煙薬も未成年に使用することはできません。成分的にも脳に働きかけるものとなるため、成分面でも未成年の使用は禁忌となっております。禁煙薬は煙草以外からニコチンを摂取することで禁煙を行うニコチン置換法式とニコチン以外の成分のチャンピックスやザイバンなどがあります。どれも短期的に禁煙を目指すものではなく、3か月をひとつの目安としてそれぞれの特徴に合わせて使用し禁煙を目指していきます。

禁煙治療薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

ニコチン置換方法であるニコチンガムの場合、タバコの代わりにガムを噛むことになります。1日最大24個として吸っていた量に合わせて調整して使用します。始めの1~2週間は離脱症状を抑えるために多めに噛んでも問題ありません。その後1週間ごとに1~2個ずつ噛む個数を減らしていきましょう。チャンピックスの場合は服用期間により服用間隔や含量が増加していきます。始めの3日は0.5mgを1日1回食後に服用します。4~7日目は1日2回朝夕食後、8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に服用します。禁煙開始は8日目からで12週間となります。ブプロピオンを使用するときも始めの6日は1日1錠でその後1日2回1錠ずつを7週間1回の服用間隔を8時間以上として使用します。

禁煙治療薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

ニコチンガムなどのニコチン置換方法ではニコチンを主成分として煙草の代わりにニコチンを取り入れます。チャンピックスの場合はバレニクリンというニコチン受容体が主成分となります。バレニクリンがニコチン受容体刺激することでドーパミンを放出させることで煙草の欲求を軽減させます。また、ニコチンとニコチン受容体への結合を妨げることで喫煙による満足感を得られにくくします。ザイバンの成分であるブプロピオンはドーパミンとノルアドレナリンを増加しニコチン受容体を遮断させます。ブプロピオンは日本でも認可を目指しておりますが、現在は認可されておりません。

禁煙治療薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。禁煙治療薬の効果的な使用法、飲み方とは?

ニコチンガムは煙草の代わりに噛むことで、ニコチンの離脱症状を抑制させ禁煙を目指します。1日最大24個とし1週間ごとに噛む個数を少しずつ減らしていきます。残り1個などになったら噛むことを止めガム自体も終了させます。チャンピックスの場合は服用1週間は含量の少ないものを1日1回、4日目からは1日2回食後に服用します。この間は禁煙はせず、タバコと併用し服用します。タバコを併用することで煙草で得られる満足感をなくすことが目的となりますのでここで無理に禁煙を行うことはしなくても大丈夫でし。8日目からは含量の高いものを1日2回食後に服用します。合計で12週間となります。ブプロピオンを主成分にするザイバンなども始め3日間は1錠、4日目からは2回1錠ずつ服用します。7週間が目安となります。ニコチンガムと併用することもできますので併用することで禁煙効果を上げることができます。

禁煙治療薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

ニコチンガムでは大きな副作用の報告はありませんが、最後の1個をなかなか止められない方が多いようです。普通のガムに変えるなど最後の1個を止めることを行いましょう。チャンピックスの場合は吐き気や頭痛、消化不良などの副作用が一般的です。他のニコチン置換方法などと併用はできません。ブプロピオンを主成分とするものは過剰摂取は頻脈や高血圧、発作に注意が必要となります。特にニコチン置換方法と併用する場合は血圧に注意してください。どれもほかの医薬品を使用している方や持病のある方、妊娠中の方などは使用に際し一度医師の相談を受けるようにし体調不良を感じた時も医師に相談するようにしましょう。

禁煙治療薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

煙草の含まれる煙はさまざまな有害物質が含まれておりそれにより体に悪影響を与える症状を引き起こします。煙草には400以上の化学物質が含まれており、その中で特に有害とされるタール、ニコチン、一酸化炭素はみさなんもよくご存じだと思われます。煙草の煙は咳や痰を増加させたり味覚においに鈍感になります。肌の血流も悪くなるので老化が進みシワなども増えます。また、ニコチンには中毒性があるためなかなか止められず離脱症状を引き起こしてしまいます。

禁煙治療薬を服用、使用する方の主な病名とは?

煙草の害はみなさんもご存じに通りだと思います。血管が縮小し血圧が上昇、悪玉コレステロールが増加し動脈硬化にも繋がります。気管支炎や気管支喘息を誘発する原因にもなり、ガンや脳卒中の原因にも関係していきます。こういった症状は禁煙をすることで抑制することができ、加齢による健康被害を減少させます。生活習慣の改善にも繋がるので他の病気を誘発することにも抑制することができます。

禁煙治療薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?禁煙治療薬はどこで作られている?

チャンピックスを製造する会社はアメリカのファイザー社です。2013年の医薬品売上高は世界第一位です。ニューヨークに本社を構え、1849年に設立されました。1998年に開発されたバイアグラはファイザー社の主力商品となっております。日本法人は1953年に設立され東京渋谷に本社を構えております。日本でも60年を超える老舗製薬会社であり、人用の医薬品だけでなく、動物や農薬などの製造も行っております。

禁煙治療薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

喫煙治療薬が効かないや効果がないなど禁煙に成功できなかった声は良く効かれます。実際に禁煙率は100%でなくそこまで高いものでもありません。これはニコチンの中毒性がヘロインやコカインと同様に高い依存性があるためで、依存性が高い分離脱症状などを引き起こし禁煙できない要因となります。チャンピックスを使用し病院で治療を行ったとしても9か月後の禁煙率は5割ほどとなっております。チャンピックスの場合、初めの1週間は薬と煙草の併用を行うのですが、この併用を行うことで煙草に対する嫌悪感を作ることがより禁煙を成功させる秘訣となります。また、今までと同じ生活環境の場合、タバコに触れる確率が高くなるので、生活習慣も改善させることがより禁煙を成功させることになります。

禁煙治療薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

会社のビルが全面禁煙になったことで、禁煙を行おうと決断しました。一昔前まではデスクで吸うことも平気だったのに、それが家だけでなく会社でも吸える環境が減っていき、唯一の楽しみであった休憩室での喫煙もできなくなったことはほんと喫煙者の肩身が狭い気持ちになってしまいます。病院の禁煙外来があることは知っていましたが、何度も通うこともめんどくさいと思いネットの評判や口コミから通販で購入できることを知り、まずはチャンピックスのスターターパックを購入してみました。最初の1週間は煙草を吸っても良いとのことだったので吸っていたのですが、だんだんと煙草がまずく感じるようになりました。毎日の本数も減り1週間後に禁煙スタート時は特に問題なくスタートできました。現在1か月経過しましたが今のところ強い禁断症状もなく過ごせています。