睡眠導入剤の通販リスト

睡眠導入剤のページです。睡眠薬は不眠症の症状によって使い分けることが睡眠を改善することに大きく繋がります。ちょびひげ薬局ではデパス(エチラーム)の代替品となるバスパージェネリックやサプリメントなど睡眠導入剤をお安く取り扱っております。

【デパス代替薬】精神安定剤セット

depasunokawari_set

エチラームやデパスの代わりになる人気の精神安定剤セットです!今だけの限定おまけ付きでバスパージェネリックが付きます!不眠症・不安障害・うつ病・不眠症に効果的で、デパスと同じ効果で依存しにくいと評判になっている人気の精神安定剤セットです!

定価:11,040円 →  特別価格:9,200円<在庫有り>

バスパージェネリック5mg(BUSPON)

buspon

バスパージェネリック5mg 50錠はデパスの代替薬として人気の催眠効果を持つ抗うつ剤です。デパスとよく似た効果があり、今ではデパスの代わりになる薬として多くの方に使用されており、デパスが通販で購入出来なくなってからとても人気になった薬です。

定価:4,000円 →  特別価格:3,330円<在庫有り>

バスピン5mg/10mg(buspin)

buspin

バスピン5mg/10mgはデパスの代わりになる薬としてデパスが通販で購入出来なくなってから人気が出た催眠効果がある抗不安薬です。デパスとよく似た効果あり、デパスの代替薬として多くの方に使用されるようになった、今最も売れ筋の睡眠薬です。

定価:5,000円 →  特別価格:4,170円<在庫有り>

ハイプロン10mg(hyplon)

hyplon

ハイプロンは不眠症や睡眠障害に効果のあるソナタのジェネリック医薬品で、超短時間で効果のある睡眠薬です。依存性や耐性も少ないので、寝つきが悪い方や睡眠の質を高めたい方は安心して服用できます。健康的な生活習慣を取り戻したい方にはおすすめです。

定価:5,560円 →  特別価格:4,630円<在庫有り>

ゾピコン7.5mg(zopicon)

zopicon7_5

ゾピコン(アモバン・ジェネリック)は不眠症、睡眠不足などの症状を改善する睡眠薬です。ハルシオン以上の速い効き目があると言われ、有効成分ゾピクロンが脳や神経をリラックスさせて、スムーズに睡眠へと導いてくれる超短時間型睡眠導入剤がゾピコンです。デパス錠&ゾピコンは2016年9月末で個人輸入禁止となります。

定価:2,140円 →  特別価格:1,780円 <売り切れ>

メラトニン3mg(Melatonin)

MELOSET3

寝つきの良くない方や不眠でお困りの方にサプリメントのメラトニンをご紹介します。
メラトニンは、脳内から分泌されるホルモンで自然な睡眠を生み出しますが、年齢とともに分泌量が減少していくため服用して補うことで身体のバランスを整えます。
服用後は車等の運転は控え、併用不可の薬があるため確認が必要です。

定価:5,260円 →  特別価格:4,380円<在庫有り>

エチラーム1mg(etlaam)デパスジェネリック

ETLAAM1X10

エチラームはデパスのジェネリック薬品です。デパス錠&ゾピコンは2016年9月末で個人輸入禁止となります。

定価:23,630円 →  特別価格:17,500円 <売り切れ>

エチラーム0.5mg(etlaam)デパスジェネリック

ETZLM05X10

エチラーム (デパス・ジェネリック)は代表的なマイナートランキライザー・抗不安薬(精神安定剤)です。デパス錠&ゾピコンは2016年9月末で個人輸入禁止となります。

定価:2,170円 →  特別価格:1,810円 <売り切れ>

睡眠導入剤というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

睡眠導入剤は不安や緊張など精神状態が安定しないなどのときに使用することで不眠症を改善させることができます。不眠症には種類があります。なかなか寝付けないなどの入眠障害、途中で起きてしまう中途覚醒、朝早く起きてしまう早朝覚醒、寝ているのに眠れた感じがしない熟眠障害などがあります。入眠障害や中途覚醒などは時間的な不眠症となるので、成分の特徴に合わせた睡眠薬を選ぶことが良い眠りに誘うことができます。作用時間は4時間ほどで服用後1時間ほどで効果のある超短時間は入眠障害に使用することがよいでしょう。中途覚醒には服用後3時間ほどで作用し10時間ほどの効果のある短時間型などと特徴によって使い分けることでより睡眠改善を行うことができます。現在の睡眠薬ではベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系が主流となっておりますが、ほとんどの成分は向精神薬として指定されているため個人輸入することができません。以前は抗不安薬、催眠作用などで人気のデパスや非ベンゾジアゼピン系の超短時間型のアモバンなどは個人輸入で購入することも可能でしたが、2016年10月より向精神薬として指定されたことで個人輸入が禁止されることになりました。そのため、現在は依存性の少ないバスパーが代替品として人気になっております。

睡眠導入剤を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

睡眠導入剤を検索している方は『睡眠薬 市販』『睡眠薬 ドリエル』など薬局で購入できるものも検索しております。ドリエルは風邪薬などの眠気のもととなる抗ヒスタミン薬の成分を使用しているものとなります。その他、『睡眠薬 強さ』『睡眠薬 種類』『睡眠薬 副作用』と効果の違いを確認するたもにも検索し調べております。また、『睡眠薬 個人輸入』『睡眠薬 通販』などでも検索されており、購入方法を調べていたりもしております。ちょびひげ薬局では睡眠導入剤として睡眠改善効果のある睡眠薬やサプリメントなどを取り扱っており、『ちょびひげ薬局 睡眠』などで検索することで一番上位に検索されます。

睡眠導入剤の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

睡眠改善に効果のある睡眠薬は1950年ごろに使用され始めたことで、抗うつ剤とほぼ同時期となります。バルビツール系は睡眠効果も高く麻酔としても使われたりもしましたが副作用が強いことで販売終了の商品が多くなっております。主流のベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系は依存性が高いことで向精神薬として指定されており個人輸入できないため、通販での主流は現在は依存性の少ないブスピロンを成分にするタイプとなっております。

睡眠導入剤を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

睡眠導入剤を使用するには性別は特に関係はありませんが、女性の場合は妊娠中や授乳中は胎児に影響を与える可能性があるので止めておきましょう。年齢的には未成年の使用はできるだけ控えることが重要でしょう。催眠作用のある医薬品は多く、市販の風邪薬なども催眠作用がありますが、15歳以下には使用できないなどとなっております。サプリメントであるメラトニンも未成年の時では安定した睡眠作用はなく外部からの摂取は体内の分泌にも影響を与える可能性もあるため未成年での摂取は控えるようにしましょう。

睡眠導入剤の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

睡眠薬は作用する時間によって種類が分けられております。超短時間型と呼ばれるものは1時間ほどで効果を発揮し4時間ほど持続します。ハルシオンやアモバンなどが有名です。短時間型は2時間前後で作用し始め8時間前後作用作用します。デパスやレンドルミンが有名です。中時間作用型は2時間前後で作用し始め1日近く作用し長時間型は効果を始める時間は3時間ほど経ってからと遅いですが24時間以上睡眠することができるものとなっております。一般的には超短時間型もしくは短時間型を使用することが多く、眠れないときに使用し多用しないようにします。また、症状に合わせたタイプの睡眠薬を選ぶことが重要にもなります。

睡眠導入剤に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

睡眠薬の種類として有名なものがベンゾジアゼビン系と非ベンゾジアゼビン系に分かれます。どちらも大きな副作用がないものとなっておりますが、依存性が高いため向精神薬に指定されていることが多いです。現在通販で使用されている主成分はブスピロンと呼ばれる成分で 5-HT1A-受容体作動薬の系統になります。抗不安薬に分類されますが催眠作用があるためデパスの代替品として現在使用されております。その他、サプリメントとしてメラトニンがあります。メラトニンはホルモンの一種でセロトニンを経て体内で合成される物質です。脈拍や血圧、体温などを低下させ睡眠の準備を行います。日中、強い光を浴びることで減少するため、それにより自然と起床しやすくなります。年を重ねるごとに分泌量は減少し眠る時間が短くなるので補充することで催眠作用が増加することとなります。

睡眠導入剤の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。睡眠導入剤の効果的な使用法、飲み方とは?

入眠障害には超短時間型、中途覚醒などは短時間型、通販で購入する場合はバスパー系やまずはサプリメントからなどと自身の症状から種類を選ぶことを始めます。バスパー系のものは1回の最大量を60mgまでとし、少量から服用の開始をしましょう。そのため不眠症に使用する場合は就寝前に1回1錠から開始して睡眠改善できるか服用しましょう。サプリメントでのメラトニンは自身の睡眠リズムに合わせて服用をします。就寝前30分ほど前に服用します。サプリメントの1日の使用量に合わせて少量から開始しましょう。どちらも睡眠を促すものとなります。その後眠れないからといって機械運転などをすることのないよう注意しましょう。

睡眠導入剤を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

通販で人気の催眠作用のあるバスパー系やメラトニンですが、副作用もあります。バスパーの副作用はめまいや立ちくらみ、頭痛などを感じることがあります。他の抗不安薬や睡眠薬に比べ離脱症状は少ないですが出ないわけではありませんので減薬や断薬には注意しましょう。併用禁忌薬もあります。風邪薬にも使用される抗ヒスタミン系とは相性が悪いので併用しないようにしましょう。アルコールとの併用も止めましょう。メラトニンでの副作用は腹痛や生殖機能の衰え低血圧などがあります。昼間に服用するなどすると睡眠障害を起こす可能性もあります。併用を注意するものとしてカフェインなどがありますので服用時には注意しましょう。

睡眠導入剤を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

寝つきが悪いや途中で起きてしまう、眠った感じがしないなどの症状が起きてしまうと日常的な生活にも大きく影響を与えてしまうことにもなります。原因はさまざまあり、海外旅行や夜更かしを行ったことで体内時計が狂ってしまったり、枕や騒音など環境的要因で起きることがあり、また年齢や病気や怪我など身体的要因でもおこります。生活習慣では運動不足やアルコールやカフェインの摂取などでも起こり、悩みや緊張などの精神的ストレスなどの心が要因となる場合は長期になったりもします。

睡眠導入剤を服用、使用する方の主な病名とは?

眠れないことの不眠症にはタイプによって分かれており、寝つきが悪いなどの入眠障害や睡眠の途中に何度も起きてしまうなどの中途覚醒、朝早く起きてしまう早朝覚醒や眠った感じがしない熟眠障害などがあります。こういった不眠症に悩む人は日本人の5人に1人と言われており、未成年時にはあまり起こりませんが、成人になり加齢が進むにつれて増加していきます。性別では男性よりも女性に多いとも言われております。

睡眠導入剤を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?睡眠導入剤はどこで作られている?

現在ちょびひげ薬局で取り扱っている睡眠導入剤はバスパー系の抗不安薬の催眠作用のあるものとメラトニンなどのサプリメントとなります。2016年10月以前ではデパスジェネリックなどの取扱いがありましたが個人輸入禁止となりました。デパスジェネリックを製造をしていたのがインタスファーマ社ですが、バスパー系ジェネリックも製造しており、バスピンをちょびひげ薬局でも取り扱っております。インタスファーマ社は抗不安薬の他、男性型脱毛症や心臓病など各種ジェネリック医薬品等の製造販売を行っており、世界10か国の工場も所有しております。

睡眠導入剤が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

睡眠導入剤が効かないや効果を感じない方は症状に合わせて適切な睡眠導入剤を使用しているかの確認が必要です。睡眠薬には作用時間に合わせて分かれており、中途覚醒の方が超短期間型のハルシオンなどを使用しても効果はなく途中で起きてしまうことになります。また、入眠障害の方がサイレースなどの中時間型を使用しても効果が発揮する時間が遅いので効かないなどと感じてしまうことがあるでしょう。また、睡眠薬の多く、特にベンゾジアゼピン系は耐性が起きやすく徐々に効かないなどを感じることもあります。普段の生活も睡眠を妨げることがありますので、定期的な運動や外出し日光を浴びる、就寝前のカフェインを摂らないようにすることなども睡眠改善の効果を発揮します。

睡眠導入剤を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

ブスピロンが入ってるのがよかったのでバスピン10ミリ100錠を買ってみたらやっぱりブスピロンはすごく効く。バスピンお勧め。デパスの代わりになるのってブスピロンが一番いいと思うけど他ある?てかあるなら教えてほしい。正直ブスピロンしか今のところ信用できてないのでもしブスピロンが手に入らなくなったらかなり困るので代替品をいくつか覚えておきたい。 それにしてもデパス輸入禁止がやっぱり痛すぎるよなぁ。まぁでもバスパーのジェネリックもここあるしとりあえずは安心かぁ。他の成分系のものあんまり試したことないから誰か詳しい人いたら教えてもらえたらありがたい。とりあえずバスピンはいいのでまだデパスの代わりみつかってないなら。