気管支炎・喘息薬・吸入器の通販リスト

気管支喘息などに関するページです。気管支喘息などは近年増加傾向であり、特に子供の発症率が高くなっております。治療には吸入器や内服薬などを使用しますが、吸入器も使用方法や薬剤の成分が種類により異なり、目的に合わせて使用することが重要です。

セロフロインヘラー吸入器250mcg(Seroflo Inhaler)

SRFIH250X1

セロフロ吸入器250mcgは気管支喘息や慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)に効果があります。気道を広げるセルメトールと、気道の炎症を抑えるフルチカゾンが症状を改善し、喘息発作を予防します。

定価:4,810円 →  特別価格:4,010円<在庫有り>

アスタリンHFA吸入器100mcg(Asthalin HFA Inhaler)

ASTHI100X1

アスタリンHFA吸入器(サルブタモール)100mcgは、呼吸器の気道閉塞性障害による症状を和らげるための気管支拡張剤です。
主に気管支喘息や慢性気管支炎などに使用されています。
吸入薬のため、正しく吸入しないと効果が見られませんので注意が必要です。

定価:2,680円 →  特別価格:2,230円<在庫有り>

気管支炎・ぜんそくの薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

気管支炎やぜんそく、COPDは長期的な治療が必要でぜんそくは症状が治まっても完治は難しい病気といえます。しかし、放っておくことは症状を悪化させることになりますので、症状を悪化させないようにするためには治療を行うことが必要でその治療の代表的なものが吸入器となります。吸入器はさまざまな種類が登場しており、人それぞれにあった特徴のものを選ぶことが必要です。おもな吸入器の特徴はエアゾールタイプ、エアゾールタイプにスペーサー付属のタイプ、ドライパウダータイプ、ネブライザータイプなどがあります。エアゾールタイプは小型で軽量のため持ち運びやすく、吸入が弱い方でも使用しやすいのが特徴です。しかし、噴射のタイミングに合わせて使用しなければなりません。小児や高齢者も使用しやすいですが、スペーサーを取り付けるほうがよいでしょう。スペーサーは手入れを行い水滴や静電気に注意が必要です。ドライパウダータイプは自分のタイミングで吸入することができます。しかし、吸入が弱い方にはあまり向きません。専用の器具を取り付けたネブライザーは自然な呼吸で吸入できることが特徴です。しかし、吸入に時間が掛かることと電力が必要となるため器具が大きくなり使用環境を選びます。

気管支炎・ぜんそくの薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

気管支炎やぜんそくで悩んでいる方は沢山おられます。そのため検索方法も多岐に渡っております。『小児ぜんそく』『気管支喘息』『大人ぜんそく』など喘息の種類についてどういったものなのか検索しております。また、『風邪 喘息』『花粉症 喘息』『咳 ぜんそく』など、ぜんそくと似た症状と関連があるのかも調べております。喘息などの呼吸器疾患などは吸入器を使用しますが、『吸入器 喘息』『吸入器 種類』『吸入器 携帯』など使用するに当たって調べております。吸入器には特徴により種類が異なりますので『吸入器 価格』『吸入器 通販』などでも検索されております。ちょびひげ薬局でも吸入器を取り扱っておりますので、ご自身に症状に合わせて使用できるものか『吸入器 ちょびひげ薬局』で検索してみてください。

気管支炎・ぜんそくの薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

喘息喘息やCOPDなどに使用する吸入器には種類がありますが、使用する薬剤の成分にも種類があります。もともと喘息の治療にはβ刺激薬や抗コリン薬などの気管支拡張薬などを中心に使用しておりましたが、1978年に吸入ステロイドが登場したことで治療も大きく変わることとなりました。その後2007年には日本でも吸入ステロイドとβ刺激薬の合剤アドエアが登場し、パウダータイプだけではなく、エアゾールタイプも登場していきました。現在ではジェネリック医薬品も多数登場しております。

気管支炎・ぜんそくの薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

喘息で有名なものが小児喘息だと思います。大人へと成長することで小児喘息は治まっていきますが、治療までの期間はとても長いことでしょう。また、大人での喘息は完治することが難しく、こちらも生活の一部として吸入器などを使用していくことになります。お薬の成分は成人や小児どちらでも使用できるものが多いですが、使用量などは異なり、吸入する呼吸量や体格などに合わせて使用を変えていくことが必要です。また、小児の場合、ドライパウダータイプは使用しづらいのでエアゾールタイプなどを使用するほうがよいでしょう。

気管支炎・ぜんそくの薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

薬剤の成分によって長期的に効果のあるものや、短期的なものまであります。吸入器を使用する場合。発作を抑えるものと発作を起こさないようにするものに分かれており、症状に合わせて使用する薬剤を変えることになります。一般的に発作を抑えることに使用する場合は1日に1回~2回ほど使用することになります。1回の使用後は12時間ほど間隔を空けることが望ましいです。吸入器の使用を誤ってしまうと、吸い込む薬剤の量が思っている以上に少なくなってしまい効果が半減することもあります。特に吸い込む力が弱い小児や高齢者の場合はスペーサーなどを使用し漏れが内容に吸い込むようにしましょう。

気管支炎・ぜんそくの薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

吸入器の成分は目的によって異なりいくつかに分類されております。吸入ステロイド薬は最も重要となるせんぞく治療薬の成分となります。炎症を抑える作用があり飲み薬に比べ吸入する場合は副作用が少ないことがメリットとなります。気管支を拡張する成分としてはβ2受容体刺激薬と抗コリン薬などがあります。β2受容体刺激薬は短時間タイプと長時間タイプとにわかれ、短時間作用するものは発作抑えることに使用されます。現在主流になりつつあるのがこの炎症作用のあり吸入ステロイドとと気管支拡張作用のあるβ2受容体刺激薬を混合させたものとなり、アドエアなどの商品名のものが該当します。アドエアのそれぞれの成分はサルメテロールというβ2刺激薬、フルカチゾンというステロイド薬でジェネリック医薬品も豊富に存在しております。

気管支炎・ぜんそくの薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。気管支炎・ぜんそくの薬の効果的な使用法、飲み方とは?

ちょびひげ薬局で取扱いのある吸入器はシプラ社が製造するセロフロインヘラー吸入器となります。新薬吸入器であるアドエアのジェネリック医薬品になります。アドエアには2種類ありドライパウダーとエアゾールとありますが、長方形のタイプはエアゾールタイプとなります。エアゾールタイプですので小型で軽量のため携帯に便利で噴射された薬剤を吸い込むことになるので吸引力がなくても使用することが可能です。薬剤を噴射するタイミングと合わせて吸い込みを行います。口から吸入器を外し3秒ほど息を止め、その後ゆっくりとはき呼吸を整えます。吸入後は口の中に残っている薬剤をうがいをして洗い流してください。使用後はキャップをしめ清潔に保管してください。

気管支炎・ぜんそくの薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

吸入器からボンベを外したりしないようにしましょう。副作用として声がかすれたり喉がいがらっぽくなることがあります。また、口腔カンジタなどの口腔炎に注意しましょう。動悸や頻脈、不整脈なども現れるかもしれません。副作用などを強く感じた場合は医師に相談を行いましょう。また、併用注意薬もあります。高血圧や不整脈で使用されるβ遮断薬はアドエアの作用を弱めてしまいます。そのため、他の病気を患っている方やお薬を使用している方などは使用に注意しまずは医師に相談をし適切な対応を行いましょう。

気管支炎・ぜんそくの薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

ぜんそくなどの症状は息苦しさや呼吸時にヒューヒュー音がする、せき込むなど満足に呼吸をできない状態といえます。特に夜間や早朝、運動後などに起こりやすく季節の変わり目や気温差があるときなども症状が出やすくなります。気管支が炎症を起こしてしまうと空気の流れる道が閉ざされてしまい呼吸がしにくくなります。また、炎症が起こっている患部はちょっとの刺激に敏感になってしまいます。そのため、呼吸を整えるために、ステロイド薬などで炎症を抑制したり、β刺激薬などで気管支を拡張させたりをこない喘息の症状を抑えることが必要となります。

気管支炎・ぜんそくの薬を服用、使用する方の主な病名とは?

気管支喘息は昔からある病気ですが、割合は大人も子供も1%ほどでしたが、近年では増加傾向となっており、子供は6倍ほどに増加しております。生活環境が変わっていく中、昔よりも過度な清潔な環境がストレスなどの耐性ができていないなどの要因とも言われております。アレルゲン物質が原因のアトピー型喘息などもあり喘息以外にも鼻炎や副鼻腔炎なども併発しやすいものとなっております。

気管支炎・ぜんそくの薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?気管支炎・ぜんそくの薬はどこで作られている?

セロフロインヘラー吸入器を製造するのはインドのシプラ社で1935年設立の老舗製薬会社です。インドで指折り数えるジェネリック製薬会社で抗がん剤や抗生物質、糖尿病薬なども取り扱っており世界150か国に輸出しております。製薬する施設は世界10か国にありグローバル的な製薬会社でもあります。ちょびひげ薬局でもシプラ社の製品を多数取り扱っております。

気管支炎・ぜんそくの薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

吸入器で吸い込んでも効かないや効果がない場合などもあります。まずは吸入器の使用方法が間違っていないか確認しましょう。エアゾールタイプの場合、タイミングよく吸い込むことを行わないと思った以上に薬剤が入っていかないこともあります。また、ドライパウダータイプも思いっ切り吸い込むことを行わないといけません。その他、吸入器によって1回の吸い込む量も異なります。1回の吸い込む量が少ないものの場合、症状が重い方には効果があまり感じないこともあります。また、アレルゲンなどが原因の場合、生活の環境を変えることも吸入器の成分の効果を上げることに繋がります。花粉やダニやペットなど、アレルゲン物質を減らすことができないかもう一度確認をしてみましょう。

気管支炎・ぜんそくの薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

咳喘息に悩まされてもう何年くらい病院に通っているだろう・・・病院では吸入器の他、内服薬などを処方されていて大体毎月1回~2回ほど通っています。発作が出やすいのが梅雨時期でほんとに夜も眠れないことがあってその時は死ぬかと思いました。ただ、病院で吸入器を処方してもらってからはほとんど発作もなくなり安心しているのですが、仕事が忙しく、なかなか病院に行けないときなどは吸入器がなくならないかいつもひやひやしてしまいます。そのため、予備として購入を使用と思い通販で購入しようと評判などを調べてみました。ジェネリックなどもいろいろとあることを知り、安いものを購入。アドエアのジェネリックなので普段アドエアなのでちょうど良いかなと。10日ほどで到着し使用してみた感じはいつもと同じ。うんこれならストックとして使えると思い、今後は予備として使用しようと思います。