うつ・メンタルケアの通販リスト

うつ・メンタルケアに使用する医薬品のページです。うつ病の薬である抗うつ剤は向精神薬として指定されているものが多く、注意して使用することが必要です。個人輸入できない成分が多いですが、ちょびひげ薬局では通販で購入できるものを取り扱っております。

【デパス代替薬】精神安定剤セット

depasunokawari_set

エチラームやデパスの代わりになる人気の精神安定剤セットです!今だけの限定おまけ付きでバスパージェネリックが付きます!不眠症・不安障害・うつ病・不眠症に効果的で、デパスと同じ効果で依存しにくいと評判になっている人気の精神安定剤セットです!

定価:11,040円 →  特別価格:9,200円<在庫有り>

バスパージェネリック5mg(BUSPON)

buspon

バスパージェネリック5mg 50錠はデパスの代替薬として人気の催眠効果を持つ抗うつ剤です。デパスとよく似た効果があり、今ではデパスの代わりになる薬として多くの方に使用されており、デパスが通販で購入出来なくなってからとても人気になった薬です。

定価:4,000円 →  特別価格:3,330円<在庫有り>

バスピン5mg/10mg(buspin)

buspin

バスピン5mg/10mgはデパスの代わりになる薬としてデパスが通販で購入出来なくなってから人気が出た催眠効果がある抗不安薬です。デパスとよく似た効果あり、デパスの代替薬として多くの方に使用されるようになった、今最も売れ筋の睡眠薬です。

定価:5,000円 →  特別価格:4,170円<在庫有り>

ハイプロン10mg(hyplon)

hyplon

ハイプロンは不眠症や睡眠障害に効果のあるソナタのジェネリック医薬品で、超短時間で効果のある睡眠薬です。依存性や耐性も少ないので、寝つきが悪い方や睡眠の質を高めたい方は安心して服用できます。健康的な生活習慣を取り戻したい方にはおすすめです。

定価:5,560円 →  特別価格:4,630円<在庫有り>

フルボキサミン100mg(Fluvoxin)

Luvox_Generic100

ルボックスジェネリック(フルボキサミン)の100mgは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と表現される事があり、副作用も目立ったものがなく、睡眠障害や性機能障害等、服用して太ったりする事もありません。パニック障害の等にも幅広く不要されている抗鬱剤です。

定価:3,050円 →  特別価格:2,540円 <売り切れ>

ドグマチール 200mg(Dogmatil)

Dogmatil200

ドグマチール(dogmatyl)は有効成分スルピルドを含有し、うつ病の治療や統合失調症、胃腸トラブルで悩んでいる方にお勧めしています。幻覚や幻聴、妄想、混乱に効果的でドーパミンの量を減少させます。ちょびひげ薬局では入手し難いお薬を通販で販売しています。

定価:4,750円 →  特別価格:3,960円<在庫有り>

フルボキサミン50mg(Fluvoxin)

Fluvoxin50

フルボキサミン(Fluvoxin)は気分を明るくしたり、やる気の低下や、寝起きの悪さをも改善するうつ病の為の抗うつ剤です。鬱の症状以外にも摂食障害や多動性障害にも効果があり、多くの方に人気の抗鬱剤です。ちょびひげ薬局では様々な薬を安く販売しています。

定価:2,480円 →  特別価格:2,070円<在庫有り>

イクセル50mg(Ixel)

Ixel50

イクセルは鬱に効く抗うつ剤です。トレドミンのジェネリック商品で、良く中度~重度のうつ症状が現れている方に有効な抗鬱剤です。ちょびひげ薬局では数種類のうつ病に効くお薬を通販で簡単に購入できます。副作用も少ない第四世代の抗うつ剤なのでとてもお勧めです。

定価:7,260円 →  特別価格:6,050円 <売り切れ>

イクセル25mg(Ixel)

Ixel25

イクセル(トレドミン・ジェネリック)は抗うつ剤としての役割も果たしますが、慢性的な疼痛や頭痛、腰痛にも効果が発揮されます。個人輸入サイトのちょびひげ薬局はお安く、通販で代理購入が出来ますのでイクセル(トレドミン)をお求めの方は是非、ご確認下さい。

定価:4,620円 →  特別価格:3,850円 <売り切れ>

ゾピコン7.5mg(zopicon)

zopicon7_5

ゾピコン(アモバン・ジェネリック)は不眠症、睡眠不足などの症状を改善する睡眠薬です。ハルシオン以上の速い効き目があると言われ、有効成分ゾピクロンが脳や神経をリラックスさせて、スムーズに睡眠へと導いてくれる超短時間型睡眠導入剤がゾピコンです。デパス錠&ゾピコンは2016年9月末で個人輸入禁止となります。

定価:2,140円 →  特別価格:1,780円 <売り切れ>

レクサプロ20mg(LEXAPRO)

LEXAPRO20

レクサプロは抗うつ剤です。
有効成分エスシタロプラムはうつ症状だけでなくパニック障害にも効果があります。
通常1日10㎎服用で、20㎎までは増量できます。
悪心、吐き気等の副作用が出る事もあります。
以前レクサプロの服用でアレルギー反応があった人やモノアミン酸化酵素阻害薬を投与している人等は服用できません。

定価:20,710円 →  特別価格:17,260円<在庫有り>

リカブ300mg(LICAB)

LICAB300

リカブは炭酸リチウムを有効成分とするリーマス錠のジェネリック薬で、躁病や躁うつ病の治療薬として使用されています。
気分を安定化させる作用があり、躁状態になるのを防いでくれます。
1日あたりの服用量1200mgですが、医師の指導を受けて、少量の服用から開始して次第に用量を増やしていきます。

定価:3,920円 →  特別価格:3,270円<在庫有り>

リカブXL400mg(LICABXL)

LICABXL400

リカブXL400mgは、躁病や躁うつ病などメンタルの病気の治療に用いられる抗うつ薬です。
適量を服用することによって、気分の落ち込みを軽減したり、精神を安定させたりする効果があります。
ジェネリック医薬品なので、お値段がリーズナブルであることが特徴です。

定価:6,070円 →  特別価格:5,060円<在庫有り>

リオレサール10mg(LIOFEN)

LIOFEN10

サンファーマが製造するリオレサール10mg100錠は、麻痺を改善する医薬品です。
脳性まひや脊髄まひ、髄膜炎のほか、脳や神経に付随する病気やケガによるけいれん等の改善に用いられます。
禁忌の症例が多いため、服用前には必ず医師に相談してから利用しましょう。

定価:14,860円 →  特別価格:12,380円<在庫有り>

ラミトールOD200mg(LAMITOR OD)

LAMITOROD200

ラミトールOD200㎎はラモトリギンを主成分とするラミクタールのジェネリック医薬品で、神経伝達物質をコントロールしてけいれんを防止する、抗てんかん薬です。
1錠あたりに200㎎の有効成分が含まれていますが、服用開始時は少量から徐々に容量を増やしていく必要があり、副作用にも注意が必要です。

定価:30,770円 →  特別価格:25,640円<在庫有り>

ラミクタール100mg(LAMICTAL)

LAMICTAL100

ラミクタールは、有効成分にラモトリギン200mgが配合され、脳神経の興奮を抑えて、てんかんによる発作を予防することができる医薬品です。
その他、心のバランスを調整する作用によって、双極性障害の改善にも使われ、うつ病再発の予防としても用いられています。

定価:7,520円 →  特別価格:6,270円<在庫有り>

ラミトール25mg(LAMITOR)

LAMITORDT25

ラミトールは有効成分であるラモトリギンを含有するラミクタールのジェネリック薬であり、抗てんかん剤の一種です。
主に意識障害やけいれんを起こすてんかん発作の予防薬として用いられています。
維持量はラモトリギンとして1日100~200mgです。
皮膚症状の副作用に注意が必要となります。

定価:8,600円 →  特別価格:7,170円<在庫有り>

メラトニン3mg(Melatonin)

MELOSET3

寝つきの良くない方や不眠でお困りの方にサプリメントのメラトニンをご紹介します。
メラトニンは、脳内から分泌されるホルモンで自然な睡眠を生み出しますが、年齢とともに分泌量が減少していくため服用して補うことで身体のバランスを整えます。
服用後は車等の運転は控え、併用不可の薬があるため確認が必要です。

定価:5,260円 →  特別価格:4,380円<在庫有り>

ベンリフトOD150mg(VENLIFT OD)

VENLIFTOD150

ベンリフトOD150㎎はエフェクサーやエフェキソールのジェネリック医薬品で、重度のうつ病患者に使用されている抗鬱剤です。
セロトニンだけでなくノンアドレナリンの再吸収をも阻害でき、高い効果が期待できる新しい抗鬱剤として多くの人に利用されています。

定価:14,440円 →  特別価格:12,030円 <売り切れ>

ペクセップ40mg(PEXEP)

PEXEP40

インタスファーマが製造するペクセップ(パキシル・ジェネリック)40mg50錠は、代表的な精神安定剤であるパキシルのジェネリック医薬品です。
セロトニンの量を増加させることで、うつ状態やうつ病やパニック障害、強迫性障害、社会不安障害を改善してくれます。

定価:11,800円 →  特別価格:9,830円<在庫有り>

ププロクロルペラジン5mg(Stemetil)

Stemetil5

アボットの製造するプロクロルペラジン(StemetilMD)100錠は、ノバミンのジェネリック医薬品です。
吐き気や嘔吐の抑制や予防のほか、メニエール病によるめまいの治療のほか、精神状態を落ち着かせる働きがあり、統合失調症や不安症の改善にも用いられます。

定価:6,640円 →  特別価格:5,530円<在庫有り>

パキシルジェネリック12.5mg(PEXEP)

PEXEP12-5

インタスファーマが製造するパキシル・ジェネリック(ペクセップ)12.5mgは、抗うつ剤のパキシルのジェネリック医薬品です。
パニック障害や不安障害、心的外傷後ストレス障害、月経前不快気分障害など不安が強い精神障害に効果的に作用します。
持続力が長いのもメリットです。

定価:11,170円 →  特別価格:9,310円<在庫有り>

ニューロンチンジェネリック300mg(NUPENTIN)

NUPENTIN300

インタスファーマが製造する抗てんかん薬、ニューロンチン・ジェネリック300mgは、ニューロンチンのジェネリック医薬品です。
特に難治性てんかんの改善に有効です。
自律神経に働きかけ、精神状態を安定させながら、発作を緩和してくれる効果が期待できます。

定価:8,760円 →  特別価格:7,300円 <売り切れ>

ゾロフト100mg(DAXID)

DAXID100X15

ゾロフト100mgは選択的セロトニン再取込阻害薬と言われるタイプの抗鬱薬で、普段はSSRIと呼ばれます。
ゾロフトには塩酸セルトラリンが含まれており、この成分が憂鬱な気分や不安感等を和らげ楽にしてくれるのです。
主にうつ病や過呼吸や自律神経発作を起こすパニック障害を患う患者さんには、効果があります。

定価:4,180円 →  特別価格:3,480円<在庫有り>

エスシタデップ10mg(S CITDP)

SCITDP10X100

エスシタデップは、抗うつ剤のひとつですが、うつ病だけではなく、精神疾患や、PMSとよばれる月経前症候群などにも効果があるお薬です。
イライラする、やる気がでないなどの落ち込み気味の気分を楽にする作用があります。
持続性が高く、副作用の少ない薬として、多くの方に利用されています。

定価:6,320円 →  特別価格:5,270円<在庫有り>

アリピゾル10mg(ARPZL)

ARPZL10X100

アリピゾル10mgは、サンファーマで製造されているエリビファイのジェネリック医薬品で、うつ病、統合失調症、双極性障害の治療に使われています。
有効成分にアリピプラゾール10mgを配合し、躁状態を鎮める作用と気分の落ち込みからやる気を起こさせる作用があります。

定価:11,680円 →  特別価格:9,730円<在庫有り>

フルニル20mg(FLUNIL)

FLUNL20X10

フルニルはプロザックのジェネリック医薬品です。主に抗うつ剤として使用されています。

定価:7,510円 →  特別価格:6,260円<在庫有り>

フルニル10mg(FLUNIL)

FLUNL10X10

抗うつ剤プロザックのジェネリック医薬品です。

定価:4,560円 →  特別価格:3,800円<在庫有り>

プロザック20mg(Prozac)

PROZAC20

プロザックはうつ病のお薬としてアメリカでは最もポピュラーなお薬です。

定価:4,250円 →  特別価格:3,540円<在庫有り>

エチラーム1mg(etlaam)デパスジェネリック

ETLAAM1X10

エチラームはデパスのジェネリック薬品です。デパス錠&ゾピコンは2016年9月末で個人輸入禁止となります。

定価:23,630円 →  特別価格:17,500円 <売り切れ>

うつ・メンタルケアの薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

うつ・メンタルケアに必要となる医薬品の紹介をこちらのページでは行っております。ちょびひげ薬局では抗うつ薬や抗不安薬を中心に取り扱っており、個人輸入として購入することが可能となっております。抗うつ薬や抗不安薬の多くは日本の向精神薬として指定されているものが多く個人輸入することはできませんが、規制されていない成分のものは個人輸入することが可能となっております。個人輸入可能なものの中では依存性が少ない成分のものが多いため、今まで処方されている成分のものより安心して服用できるものもあります。今まで個人輸入で人気の高かったデパスやデパスジェネリックの成分エチゾラムは2016年10月に向精神薬として指定されたことで個人輸入が禁止となりました。しかし、デパスと同じように作用し副作用の少ない医薬品はまだまだあり、代替品として取り扱っております。抗うつ剤などのうつ病の薬を必要としている方はとてもお薬の必要性を感じている方が多いと思います。病院に不安を感じることがある場合は自身の判断のもと個人輸入されて購入することも考えてみましょう。成分により効果の種類が違いますので、きっとあなたの症状に合う特徴を持ったものが見つかるかもしれません。

うつ・メンタルケアの薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

うつ・メンタルケアで使用する抗うつ剤などのうつ病の薬を検索している方は数多くおられます。『うつ 症状』『うつ 治療』『うつ病 チェック』『うつ 状態』などうつの症状についてどういった症状であるのか検索していることがみられます。うつ病の薬についてでは『うつ 薬 眠い』『抗うつ剤 種類』『うつ 薬 太る』『うつ 薬 副作用』などうつに対する効果以外にどういった副作用があるのかなどを検索しております。うつ病や抗不安薬の場合、睡眠障害にも効果のある眠くなる作用があるものと眠気作用がないものとわかれたりします。眠気作用のあるものは睡眠導入剤として使用する方もおられたりします。また、『抗うつ薬 市販』『抗うつ薬 通販』などでも検索されていたりもします。

うつ・メンタルケアの薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

うつ・メンタルケアに使用される抗うつ剤は1950年頃から使用されるようになりました。年代が経過するごとに副作用の少ない成分が発見される中、阻害作用により多数の種類が存在するようになりました。現在病院で処方される中で多い種類のものがSSRIやSNRIと呼ばれるものとなっておりますが、そのほとんどが向精神薬と指定されております。しかし、その中でも副作用の少ない成分のものは向精神薬として指定されず個人輸入で通販として購入することが可能となります。

うつ・メンタルケアの薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

うつ・メンタルケアで使用する抗うつ剤や抗不安薬などは特に性別での使用の判断はありませんがすべての方が使用できるものではありません。一般的には脳の神経伝達物質に働きかけることでうつ状態や不安状態などの精神病を改善させるものであるため、未成年での使用には細心の注意が必要です。成人の方でも一方的に薬に頼るものでもなく心理療法なども合わせて服用することが一般的で未成年は特に合お薬に対する反応が異なることもあるため医師に判断以外ではむやみに使用することは控えましょう。

うつ・メンタルケアの薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

うつやメンタルケアで使用される抗うつ剤などは種類によって効果などは異なってきますが、服用したからといってすぐに効果が現れるものではありません。薬には成分の効果が持続する半減期というものがあります。この半減期は成分によって異なり、短いものであれば4~5時間のものもあります。この半減期が短いものは1日に何回も薬剤を服用することになりますので効果時間は短くなります。逆に半減期が長いお薬の場合は1日1回の服用で済むものもあります。効果時間の長短はありますが、実際に作用し始めるのは2週間ほど服用した頃となります。効果時間が長いから良いというものでもなく、それぞれの成分によって副作用も異なり人それぞれに合う合わないものなどもあります。

うつ・メンタルケアの薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

うつ・メンタルケアで使用される抗うつ剤や精神病のお薬の主成分は多数存在しております。その中でも抗うつ剤など第一選択薬としてよく使用されるものがSSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込阻害薬となります。このSSRIにも多数の成分があり向精神薬に指定されているものもありますが、ないものもあります。日本でも2011年より販売されてるレクサプロの成分エスシタプラム、ファイザー社が製造するゾロフトの成分セルトラリンなどはSSRIではありますが向精神薬としては指定されていないため個人輸入にて購入することが可能となっております。またSSRI以外にも抗不安薬の成分であるブスピロンは日本には馴染みのない成分ですが、世界的には全てのお薬の成分のトップ50位に入るほど使用されている成分で依存性がないことで欧米で人気の成分です。

うつ・メンタルケアの薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。うつ・メンタルケアの薬の効果的な使用法、飲み方とは?

抗うつ剤や抗不安薬などはまずは副作用の少ない成分のものを選びます。病院で処方される場合でも副作用の少ないものなどが選ばれ、SSRIなどは第一選択薬としてよく選ばれます。服用し始めのときは使用する量も減らし少ない量から服用を開始します。副作用や効果を見極めながら2週間を目安に増減を行っていきます。副作用が強く体に合わないと感じたら医師に相談を行い別の成分などに変更も考えて使用していきましょう。薬の成分が効いてきたと思ってすぐに止めてしまうこともすぐに再発してしまったり離脱症状などを起こすことがあるので、少しずつ減らしていくなど長期的に向き合うようにしましょう。

うつ・メンタルケアの薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

抗うつ剤の副作用としては吐き気や消化不良、頭痛、不安、不眠症、性機能障害など多種に渡ってありますが、成分によって異なります。また依存性が高いものもあり、断薬を行うことでの離脱症状などが現れることもあります。離脱症状ではこれが離脱症状なのか、再発し始めたのかわからない状態にもなりますので判断には注意が必要です。妊娠している方や授乳中の方、これから妊娠を考えている方には使用はとても難しいものとなります。胎児や乳児にも影響を与えることが懸念されるので、使用は控えたほうがよいでしょう。機械的な運転を行うことも注意が必要となりますので自身の生活環境に合わせた成分の服用などを探していくことが重要です。また、抗うつ剤同士を併用して使うことは禁忌です。その他併用禁忌薬もあるので他のお薬を使用している方や持病のある方は医師に相談をしましょう。

うつ・メンタルケアの薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

うつなどの症状はひとつのことが原因になるのではなく、いろいろな要因が重なって起こりやすくなります。気分が落ち込む、悲しい気分になる憂鬱などの抑うつ気分や集中力の低下や決断力の不足、注意力の散漫などの思考力の低下、趣味がなくなるや話がつまらない、生活にメリハリがないなどの意欲の低下などがあります。こういった心の症状は体にも影響を与えることとなり、睡眠の異常や食欲の低下、疲労感やホルモンの異常などを引き起こし症状が悪化していってしまいます。

うつ・メンタルケアの薬を服用、使用する方の主な病名とは?

うつ・メンタルケアで使用される方のうつ病やパニック障害、社交不安障害、強迫性障害、ストレス障害など多岐に渡ります。有病者数は世界で3億人以上いるとされており、一般的に発症してしまう可能性があるものとなっております。しかし、症状の違いの判断が非常に難しく、また治療を行っていない方も多くいるため、半数ほどは満足な治療を行っていないことが現状です。さまざまな症状から引き起こることになるためさまざまな仮説により治療を行うこととなるため、使用する薬剤も症状に合わせて使用することが重要となります。

うつ・メンタルケアの薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?うつ・メンタルケアの薬はどこで作られている?

抗うつ薬や抗不安薬は50年以上の歴史のあるお薬であるためさまざまな製薬会社が製造を行っております。また、同有効成分を使用するジェネリック医薬品も多数存在しております。現在通販で注目されているデパスの代替品であるバスパーはジェネリック製薬会社がが製造を行っていることでジェネリック医薬品が存在しております。インド大手のインタスファーマ社はバスパージェネリックであるバスピンを製造しており、トルコの大手製薬会社であるデバ社もパスパージェネリックを製造しております。

うつ・メンタルケアの薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

うつ・メンタルケアの治療薬として効かないや効果を感じないなどを感じた方は違う種類のものを使用してみることにしましょう。まず、効果を感じるまでには時間が掛かるり、一般的には2週間ほど効果を感じるまで時間を要します。副作用などで辛くない場合はそれまではしばらく様子をみましょう。また、症状によって成分も異なります。精神病はうつ病だけでなく、不安障害や双極性障害、統合失調症などもあります。抗うつ剤とは種類が異なるお薬であるため、間違えて抗うつ剤などを使用していると効かないなどとなったりもします。まずは自身の症状と向き合えることができる医師と相談することが良い治療薬に巡り合えることとなります。

うつ・メンタルケアの薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

以前はデパスを使用していました。デパスでは睡眠効果も高く、仕事での重要な会議などでも緊張を和らぐことができました。通販で購入できなくなってからはどれかいいお薬がないか探していたところバスパージェネリックを見つけました。ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは作用の仕方が異なるので、眠剤として頓用として用いるほか、仕事でプレッシャーがかかるときに緊張を和らげるために低用量で用いる予定です。海外では依存性が低いとのことで評判が良く、結構な人気の成分であると口コミで確認していたので、価格が安いこともあるので効果があった場合はリピする予定です。