育毛剤・AGA治療薬の通販リスト

育毛剤・AGA治療薬のページになります。AGA治療薬は薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制するものと、発毛を促進させるものとに分かれます。お薬の形状も従来の外用薬以外にも内服薬があり、現在主流なのが内服薬でも治療方法となります。

ミントップフォルテフォーム2%(Mintop forte)

Mintop-f-2

ミントップフォルテフォーム(Mintop forte)は、有効成分にミノキシジル(Minoxidill)を含む育毛剤の1つで、泡状で使用しやすいのが特徴です。
認知度の高い「リアップ」や「ロゲイン」と同様の成分で作られています。

定価:5,940円 →  特別価格:4,950円 <売り切れ>

ミントップフォルテフォーム10%(Mintop forte)

Mintop-f-10

ミントップフォルテフォーム(Mintop forte)は、有効成分にミノキシジルを含む育毛剤の1つで、泡状で使用しやすいのが特徴です。
有効成分のミノキシジルには、頭皮の血管を拡張する役割を持ち、血行の流れをよくして発毛を促進する効果があります。

定価:9,470円 →  特別価格:7,890円 <売り切れ>

ミノキシジルタブレット10mg(Noxidil-Tab)

Noxidii-Tab

ミノキシジルタブレット(minoxidil tablets)は、頭皮の血行をよくして発毛の手助けをしてくれる男性向けの育毛剤です。
このミノキシジルタブレットには、発毛剤や育毛剤には欠かせない有効成分のミノキシジルが含まれいるのが特徴です。

定価:3,920円 →  特別価格:3,270円 <売り切れ>

ビマトアイドロップ0.3%(Bimat eye drops)

BIMATED3X1

ビマトアイドロップはまつげ美容液ルミガンのジェネリック品です。まつげ、まゆげ育毛、発毛の効果のある医薬品です。医薬品ですので安心してご利用できます。
目薬に使われるお薬のジェネリックですので、目に入っても安全です。2ヶ月ほどで効果が現れます。おしゃれな女性の方に大人気です!!

定価:3,300円 →  特別価格:2,750円<在庫有り>

ルミガン0.01%(lumigan)

LUMIGAN0.01

ルミガン0.01%はまつげ、まゆげ育毛、発毛の効果のある医薬品です。医薬品ですので安心してご利用できます。
もともと緑内障のお薬として開発されました。目薬に使われるお薬ですので、目に入っても安全です。2ヶ月ほどで効果が現れます。おしゃれな女性の方に大人気です!!

定価:5,260円 →  特別価格:4,380円<在庫有り>

ルミガン0.03%3ml+ルミガン専用アプリケーター30本

LUMIGAN3X1+APFLMGNX50

ルミガンと専用アプリケーターのセット商品です。

定価:7,320円 →  特別価格:5,420円 <売り切れ>

ニゾラルシャンプー2%(nizralshampoo)

480044

ニゾラルシャンプー2%(Nizral)50mlは、フケやかゆみの原因である脂漏性皮膚炎を防ぐ抗真菌薬シャンプーです。ニゾラルシャンプーに含まれるケトコナゾールという成分はDHTの生成を抑制する効果があります。ケトコナゾールは水虫治療薬にも使用される成分で殺菌効果もあります。

定価:4,490円 →  特別価格:3,740円<在庫有り>

フィナステリド1mg/5mg(finasteride)

finasteride5

フィナステリド はFinasteride(フィナステリド)を主成分とした、前立腺肥大症の治療薬、また発毛を促進させて抜毛・薄毛の進行を食い止めるお薬です。発毛剤(ミノキシジル)と併用すれば抜群の効果が期待できます!おすすめ大人気AGA治療薬です。

定価:5,630円 →  特別価格:4,690円<在庫有り>

アボダート0.5mg(avodart)

480070

アボダードはデュタステリドを主成分とした、AGAに効果が高いステロイド剤です。デュタステリドは1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方を抑える効果がありプロペシアや、プロスカーよりも効果が高いと言われているお薬です。プロペシアで効果が無かった方はこちらをオススメさせたいただきます!!

定価:7,450円 →  特別価格:6,210円<在庫有り>

プロスカー5mg(proscar)

Proscar5

プロスカーはもともと前立腺肥大症の治療を目的として開発された医薬品です。このプロスカーに配合されている成分フィナステリドはDHTの生成を抑制することにより男性型脱毛を防ぐ手助けをしてくれるお薬です。ちょびひげ薬局おすすめのAGA治療薬です。

定価:5,510円 →  特別価格:4,590円<在庫有り>

フィンカー5mg(fincar)

fincar100

プロスカージェネリック|フィンカーはフィナステリド(Finasteride)が配合された抜け毛、脱毛症に効果が出るお薬です。脱毛のお薬なので発毛のお薬(ミノキシジル配合)のものと併用していただくと抜群の効果が期待できるAGA治療薬です!!こちらは100錠タイプです。

定価:8,710円 →  特別価格:7,260円<在庫有り>

AGA治療薬というカテゴリーに分類されるお薬の特徴や解説をネット上で口コミや、体験談を元にまとめました。

昔から育毛剤や発毛剤などは存在しており、どれが一番自分に合うかを探していたと思います。現在でもいろいろと試されている方は多いですが、AGA治療薬の登場で男性の薄毛を中心に大きく前進することになったのではないでしょうか。AGA治療薬の特徴は発毛サイクルを改善させるものと、発毛効果のあるものとにわかれます。発毛サイクルとは髪の毛が成長し抜け落ちるまでの過程のことで、この抜け落ちるまでの期間が早いと生えてくる髪の毛が追い付かなくなり薄毛となっていきます。この抜け落ちるまでの期間を正常に改善していくものがAGA治療薬です。また、新しく発毛をしないことも薄毛に変わっていきます。この発毛を促進させることもAGA治療薬の特徴です。それぞれ薬剤に種類によって異なるので症状に合わせて使い分けます。また薬剤の形状にも特徴があり、昔からある直接塗布するものから、内服薬として体内から効果を発揮するものとに分かれます。内服薬の場合、外用薬よりも直接働きかけるので、効果が高いと言われております。男性ホルモンに働きかけるタイプや毛包に直接働きかける効果などがあります。男性ホルモンの一種であるDHTは髪の毛の成長サイクルを乱してしまうので、DHTの生成を抑制する効果があるAGAなどがあります。

AGA治療薬を探している方が他によく検索しているキーワードを調べました。

育毛剤を探している方やAGAについて調べている方はとても多く、インターネットでは様々なキーワードを使用して検索されております。『AGA 効果』『AGA 副作用』など、AGA治療薬についての詳細を調べているものから、『AGA 通販』『AGA 治療費』『AGA 病院』などと購入するにあたって調べていたりもしております。また、『AGA 体験記』『AGA 日記』『AGA ブログ』など自らの治療の経過や結果、体験談などをつづっているものやそれについて調べたりなどもしております。『育毛剤 おすすめ』『育毛剤 ランキング』などでも検索しており、『育毛剤 女性』など女性の方に効果のあるものも調べております。ちょびひげ薬局では多種の育毛剤・AGA治療薬をお取り扱っており、女性にも使用できるタイプのものもあります。

AGA治療薬の呼び名や由来、歴史などを調査しました。

AGA治療薬は1980年代から世界で拡がり始めましたが、日本では1999年のリアップが最初のAGA治療薬となります。その後内服薬として2005年にフィナステリドを有効成分に持つ内服薬が承認されました。日本でも広がりは同じ生活改善薬であるED治療薬と合わせて一気に拡大していきました。AGA治療薬はジェネリック医薬品も登場しており、今後も市場拡大がされる可能性の高い分野となっております。AGAは男性型薄毛症の略ですが、女性男性型脱毛症にFAGAも存在しております。

AGA治療薬を使用する方の性別・年齢・特徴などをまとめました。

AGA治療薬を使用する方は40代以降の方が使用することが多いです。これは加齢によって起きやすい男性型脱毛症の現象でもあるといえます。そのため、AGA治療薬は成人の方に合わせて作られていることにもなります。一般的に男性ホルモンに作用するタイプと毛包の直接作用するタイプとに分かれるAGA治療薬ですが、未成年や、未熟児などには重要な成分を阻害する働きもあるため、未成年の使用は禁忌となります。また、女性の場合も妊娠中は特に禁忌となっております。毛包に作用するタイプの外用薬の濃度が薄いものなら女性の薄毛FAGAに効果があるものもあります。

AGA治療薬の効果時間(効いている時間)や服用する間隔を調べました。

AGA治療薬を使用する場合は毎日継続して使用することが一番重要です。髪の毛の成長は一日で急激に伸びるわけではないので効果を発揮するのに時間が掛かります。そのため、最低3か月~6か月ほどは効果を発揮するのに時間が掛かります。外用薬の場合、1日に2回ほど朝・夜に使用するとちょうどよい間隔となるでしょう。内服薬の場合は1日1回として使用します。AGAは進行する症状ですので、服用を中止してしまうと再び薄毛、抜毛が進行してしまう可能性があります。そのため、髪の毛の発毛や抜け毛の抑制を維持するためにはこれからも継続して使用することになるため、ちょびひげ薬局でも人気なものが、ジェネリック医薬品でできるだけランニングコストを下げるために安いものを選ぶ傾向があるのがAGA治療薬です。

AGA治療薬に含有されている主な有効成分や主成分の説明を行っています。

AGA治療薬で一般的に使用されている成分は3種類でフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルになります。フィナステリド、デュタステリドは男性ホルモンであるDHTに関連する物質です。DHTは成人になると髪の毛の成長サイクルに異常をきたし薄毛、抜毛を増加させます。そのため、DHTの生成に必要な5-α還元酵素をフィナステリド・デュタステリドは阻害しDHTの生成を抑制します。他方、ミノキシジルは血管拡張薬として開発された物質で、その後発毛効果が得られたことでAGA治療薬として発売されております。日本では外用薬でのみの認可ですが、海外では内服薬もあります。効果としては毛包にある毛母細胞を活性化させることで発毛促進を行うことになっております。

AGA治療薬の使用方法や服用方法、飲み方をまとめました。AGA治療薬の効果的な使用法、飲み方とは?

内服タイプのAGA治療薬は1日1回使用します。プロペシアなどの主成分フィナステリドの場合は含量が0.2mg~5mgほどまであり、症状によって適宜増減して使用します。通常は1mg前後が一般的でしょう。同様のデュタステリドの場合は0.1mg、0.5mgなどがあります。継続的な使用は3年がひとつの目安になるでしょう。ミノキシジルの内服薬の場合は5mg、10mgなどがありますが5mgが一般的となります。ミノキシジルタブレットは副作用が強いので少量ずつ確認して服用しましょう。ミノキシジルの外用薬の場合は1日に2回、朝、晩の清潔な頭皮に直接塗布します。マッサージをするように擦り込むことで頭皮内部に浸透していきます。ミノキシジルとフィナステリドは作用機序が違うため、併用して使用することでより薄毛、抜毛の改善に期待することができます。

AGA治療薬を服用、使用された方から報告された副作用や注意点について。

フィナステリドやデュタステリドを主成分にするものは頻度は低いですが、肝機能障害が重篤な副作用として挙がっております。その他、性欲減退などがみられます。注意点として女性の方は皮膚からも成分が吸収されるので触ることも禁忌となります。未成年も同様に注意しましょう。成分が血中の残っている1か月~6か月の間は献血も禁忌となります。ミノキシジルを主成分のものは頭痛やしびれ、低血圧、不整脈、多毛症などがあります。外用薬の場合はそれほど副作用の心配はありませんが、内服薬のミノタブの場合は外用薬に比べ副作用の頻度が高いので注意しましょう。どのAGA治療薬も使用後に体調が悪くなるや、他の病気がある、他の医薬品を使用している方などは組み合わせのわるい薬なども考えられますので一度医師に相談をしてから使用するようにしましょう。

AGA治療薬を服用、使用する方の症状とは一体どんな症状?

髪の毛の成長サイクルの乱れなどは徐々に症状をあらわし始めます。今まで硬かった髪の毛がだんだんと張りがなくなり細くなっていきます。抜毛が増加し、頭皮が透けて見えるようになり生え際が後退していきます。薄毛の進行場所によりさまざまなタイプにわかれ、生え際やこめかみから進行するM型、頭頂部から進行するO型などがあり、最終的には波平さんのようになっていきます。AGAは進行する症状ですので早期に治療を行うことが進行を食い止めることとなります。

AGA治療薬を服用、使用する方の主な病名とは?

AGAは男性型脱毛症の略で進行する症状となります。原因は様々ですが、男性ホルモンの影響、遺伝の影響、生活環境の悪化、頭皮の衛生環境の悪化などが関連していると言われております。女性でも男性型脱毛症は存在し、更年期による女性ホルモンの減少により薄毛になりやすく、FAGAと呼ばれております。女性でもAGA治療薬を使用することで薄毛を改善することが可能ですが、使用する治療薬に制限があるため、使用する際には十分に注意して使用するようにしましょう。

AGA治療薬を製造している製薬会社や製造メーカーの特徴とは?AGA治療薬はどこで作られている?

ミノキシジルを成分にするAGA治療薬は最初アメリカの大手製薬会社ファイザー社が高血圧治療薬として登場させました。その後、ジョンソンエンドジョンソン社がOTC事業を買い取ったことで現在は傘下のマクニール社が外用薬を販売しております。日本では大正製薬がリアップを登場させております。フィナステリドを使用するプロペシアもアメリカの大手製薬会社メルク社が発売させました。現在は日本でもジェネリック医薬品が登場しており。各製薬会社が製造を行っております。

AGA治療薬が効かない、効果が無い、効かなくなると感じた場合どうすれば良いか?

AGA治療薬を使用しても効かないや効果がないと思うかたも多いです。しかし、各臨床試験や治験などではとても効果が高いものとなっております。フィナステリドの臨床試験では98%の人に現状維持以上の効果があり、半年で48%、1年で58%、2年で68%の方が髪の毛が増えている結果となっております。ミノキシジルの外用薬も薄毛が減り密度が濃くなった中程度異常の改善率は1年間の使用で70%以上となっております。つまり、効果を上げる感じるためには半年以上の継続的使用が必要となるため、短期間では効果はでないこととなります。また、ミノキシジルの外用薬は生え際にはあまり効果がないとのことなので、ミノキシジルとフィナステリドを合わせて使用し効果を高めましょう。

AGA治療薬を服用、使用した方の体験談や口コミ、感想などをまとめております。

40を超えて子供も大きくなり手がかからなくなった頃からだんだんと髪の毛が薄くなり始まました。最初の頃は意識もしてなかったのですが、子供や妻に頭皮見えてるよなどと言われたことがきっかけでとりあえず薬局で育毛剤を購入しました。半年ほど使用したましが特に効果を得られなかったことで原因を究明するためにネットで検索を行い、口コミや体験談を参考に一度クリニックへ行きました。クリニックではプロペシアを処方され服用を開始。1度抜毛が増えたのですが、髪の毛の生まれ変わることと理解し継続していくと少し髪の毛が強くなった気がしてきました。現在1年使用ですが、子供や妻にもやるじゃんなどとおだてられておりますが、やはり毎日の薬価代が気になり出し始めたので通販で購入を現在考えております。ジェネリックが思った以上に安いみたいなので、試してみたいと思います。